Clipboxとかアプリ自体は違法でないけれど、使ったらほぼ違法

新作につなげるためには対価を払おう

これくらい言わないと著作権者の保護なんて出来ないでしょう。

Clipbox、Clipbox+、その他にもYoutubeなどから動画などをダウンロードできるアプリが複数存在しているようです。そういうアプリを作成して配布する行為自体は今の日本では違法ではありませんが、他人の著作物をダウンロードして手元に置くためには、相手の同意かその旨の明示が必要です。それらがなければ違法ダウンロードとなります。

違法かどうか以前に、この方法では製作者にお金が入りません。私は音楽でも映画でもなんでも、新しい作品を見たいです。聞きたいです。そのためには、製作者にお金が入らなくてはなりません。なるべく製作者にお金が渡る形で作品を楽しむことが、新しい作品へと繋がっていきます。

「作品の違法アップロードであっても宣伝になるからいいじゃないか」という意見もありました。それも今は昔。すでに公式にミュージックビデオがYoutubeに掲載される時代です。音楽も映画もサブスクリクションで聴ける見れる。色々契約してしまうとお金がかかってしまいますが、それでもシングルCD発売アルバムCD発売のたびに買っていたことを思えば随分安上がりです。ライトに音楽を楽しんでいた私ですら、レンタルショップで月に2,000円は使っていました。現在サブスクリクションで払っているお金より高かったんです。

国民年金を引けば実質手取り8万円の時代の私がそうしていたんですから、何かしら仕事を得ている人であれば、払えないこともない金額でしょう。ちゃんと対価を払いましょう。皆さんの周りにClipboxで楽しんでいる人がいたら、それとなくそんな話をしてみてください。悪意なく使っている人がほとんどだと思います。でもそれだと、新作には繋がらないんです。お願いします。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。