投稿

10月, 2019の投稿を表示しています

iPhoneSE2が出るとか出ないとか話題ですが

GIZMODEで「iPhone SE2は399ドルらしいぞ!」ってことで出る出る騒ぎになってます。出ると良いですね。私が知ってる意見では、大きくてもiPhone5サイズ希望らしいですから、そのサイズでどうかお願い。

Appleアナリストのミンチー・クオ氏によると、iPhone SE2は、2020年第1四半期(1月〜3月)にリリースされ、お値段は399ドル(約4万3000円)になるだろうとのこと。
私自身は小さく薄いのが正義だと思っています。作り続けてください。使い続けてください。応援しています。

ただ、斜位のために目が疲れやすかったり、老眼が入ってきて近づけてみることができなくなったりしている現状では、自分で使うことができません。

だからその分、小さい物好きのみんな!小さいiPhoneを求め続けてくれ!

ちなみに、噂のiPhone SE2は今回の記事ではデザインはiPhone8風と表現されてます。以前Twitterでチラ見したものは、サイズがiPhone8と記されていました。求められているサイズはそれではないと思うよ。そのサイズが必要なら、Xシリーズで問題ないはず。

ですよね?

macOS Catalina (10.15)をいよいよメイン環境へ導入した

イメージ
日本語変換とSafariが共に不調だったので、早くなんとかしたかった

10月4日だったと思います、macOS Caralinaがリリースされました。macOSの最新版。早速家庭内モバイルマシンとなっていたMacBook Pro (Retina,15,2012)にインストールしたところ、問題なく稼働していました。

いくつか不具合情報も目にしていましたが、まあまあ大丈夫だろうとメイン環境 MacBook Pro (Retina,15,2016)へのインストールを決断。

最近日本語変換が途中でレインボーグルグルしたり、Safariのテキスト入力欄がものすご重くなっていたりと、何やら変だったので、新しいOSを入れることによる解消も狙いの一つでした。

早速開始昨夜のうちにダウンロードは開始しておいて、朝方、インストールを開始。アップグレードです。台風の後片付けがひと段落ついた本日午後、様子を見てみたら、アップグレード直後の簡単な設定の手前で止まっていました。ここまでなんら問題ありません。

しかしここから二つの不具合を経験することになります。なお、片付け疲れで居眠りをしながらの作業となったため、画面写真は一切残っておりませんことをはじめにお断りしておきます。

まず一つ目。アップグレード直後のちょっとした設定を終えたところで、セキュリティアップデートとかでも時折出てくる「設定中」画面になるのですが、待てど暮らせど先に進まなくなりました。事前情報でこの不具合は把握していましたので、慌てはしません。10分ぐらいしたら強制再起動です。これで無事に新OS Catalinaが起動しました。

OK.

そして二つ目。

私は常に外部モニターに接続して使っています。LGの4Kのやつ。名前はどこで調べればいいんだ。

しかし、起動直後、外部モニターを認識しません。ケーブルを抜き差ししても変わらず。仕方ないのでそのまま「許可」押しまくり作業をしました。

iOS13でもそうですが、Catalinaも通知周りに関して一段と制限が厳しくなったのか、通知を許可するかどうか、起動したアプリがかたっぱしから聞いてくるんです。バックグラウンドで動作しているものも聞いてくるので、起動直後はこの許可を求める通知が画面右側にずらっと並ぶことになります。それをひたすら許可していくんです。一応アプリ名ぐらいは見ますが。

EPS…

Apple Watch Series 5 常時表示へのささやかな要望

イメージ
文字盤はSiri一択文字盤が常時表示になったことが最大のトピックとなっているApple Watch Series 5。手首を返さずに時間が見れるという時計として当たり前の機能が実装されただけなのですが、バッテリー持ちとの兼ね合いで高機能スマートウォッチにとっては実現の難しい機能でした。

1日余裕で持つというわけではないのですが、やっと運用でカバーできる領域になったと言えるでしょう。watchOSのマイナーなアップデートでやや改善もされたので、今後のアップデートにも期待が持てます。

文字盤が常に表示されているということは、Apple Watchで初めて、他人に文字盤がどう見えているのか、ということが意識されるようになりました。今までは真っ黒い画面でしたから気にしようもなかったのです。使い始めた頃は、針の見えない真っ黒い時計をつけていることに多少のネガティブな感情もありましたが、そんなもの数分で慣れました。便利さが全てを上回っていったのです。

しかし今、とうとう他人に見えてしまうことになったので、私の文字盤が。

コンプリケーション機能で表示される予定やアクティビティのグラフなどなどプライベートに関わるものは、手首を返して自分の側に向けなければ表示されません。「-----」っで置き換わっていたり、「カレンダー」などと書かれていたりします。

私は「Siri」の文字盤を好んで使っています。文字盤にSiriが登場したのはいつでしたでしょうか。登場以来、ずっとSiriしか使っていません。なんとなーく、今これを見たいでしょ?という情報を出してくれるんです。なかなか気が利いてます。

しかし、使ってみればすぐわかるのですが、画面の大部分がSiriが表示するコンプリケーションのエリアで埋まっています。文字盤としては何にも美しくないんのです。プライバシーは守られますから、自分が見ている時以外は「-----」ってなっているんです。全然美しくない。なぜAppleが、これでよしとしているのか理解に苦しみます。


自分用と他人用の文字盤を手首をひねって自分の側に来た時だけ、Siriが気を利かせた情報を見たいのであって、チラ見して時計を確認したい時にはそれらは不要です。そもそも「-----」じゃ役に立たない。(カレンダーの気配が出ていれば、時間が迫っている予定があるという目安にはなりますが、それぐらい…

Cosmo Communicator 出荷開始されたよ

イメージ
Good newsで始まるレター到着

backer向け最新メールが届きました。Cosmo Communicatorの出荷が始まったようです。日本語キーボード搭載機がまず出荷されるそうで、都合、日本向けの出荷が一番に始まったと。日本でGemini PDAが売れたとか、Cosmo Communicatroの初期backerに日本人が多いとか、そんな話があるようです。日本の物好きガジェッターに乾杯。良いものを見抜く力、半端ないですね。

そんなわけで私の分も…と思ったのですが、私がbackしたのは今年の1月になってから。Contribution IDは2千番台。残念ながら私の分は初回出荷には含まれなかったようです。そりゃそうだ。

それでも、全backerの分を3週間程度で出荷したいということですので、今月末ごろには手に入れられるのかなーと期待しています。

楽しみですね。同じく到着を待ちわびるみなさん、来週から続々と上がるはずの喜びの声とレビューを楽しみながら、一番楽しい時間を過ごしましょう!

子どもがいるとなにかとテプラにお世話になる

イメージ
ワープロを使っている気分に浸れる

事務職の方ならテプラの重要性はよくよくご存知と思います。これが家庭でも大活躍で、子育て世代の方にはやはり同意してもらえることと思います。

幼稚園でも学校でも、とにかく持ち物には名前を書かなくてはなりません。小学校ではおはじきの一つ一つにまで名前を書かなくてはならないので大変です。学生協から名前シールの案内が来るので、あれは絶対に買わないと後悔します。おはじきにも貼れるサイズのシールなど、他ではなかなか手に入りませんし、そこに自分で名前を印刷するなんて至難の技です。

そうした特殊な物の他にも、とにかく名前はたくさん書くことになります。我が家では、テプラが貼れる物にはテプラで名前を印刷して貼り付けています。当然マジックなどで自分で書くしかないものも多いですが、兄弟がいる場合には、テプラで解決できたものは、下の子にも使い回しがしやすいです。

最近では貼り替えが面倒になって長女の名前を貼ったままの水筒を、5歳下の長男が持って行っていますけれど。

昔ながらのテプラはワープロのような操作体系で、難しくはないのですが、たまに使うと戸惑うことも多いです。あのワープロ感が良いという場合も無きにしも非ずですが。

そんなところへいよいよテプラもスマホ対応を果たしました。

スマホで動くLite LR30
KING JIMさんがこの夏発売したLite LR30は、iPhone/Android両対応で、Bluetoothで接続します。良いですね、Bluetooth。WiFiで接続するのは切り替えが面倒です。大したデータ量の通信ではないでしょうから、Bluetoothの方がメリットだらけなのでしょう。


専用アプリを入れればそれで使えるわけですが、実は私、まだ入手をしていません。なんだかんだ言って、すでにあるテプラを買い替えるほどの動機付けにはならないんです。テープが感熱タイプということで、通常のテープとは違うというのもネック。

今までと同じ使い方をして問題ないか、使ってみるまで分からないんです。水筒に貼って、お湯で洗った程度では真っ黒になったりはしないと思いますけれど。

とは言え、まだテプラを何も持っていない状況でしたら、スマホ対応のLite LR30を買うだろうなと思います。絶対使いやすいですもの。

買い替えに至らない理由がもう一つ。テプラのテープを、1つだけ…

技術を楽しむ気持ちを持たないと

イメージ
斜に構えてちゃつまらない

愛聴しているPodcast「backspace.fm」の第310回を聞いています。最近はなかなか聞く時間が取れず、ちょっとずつ聞いているんですが、ゲストの山根康弘(@hkyamane)さんが後半でおっしゃっていた言葉に、ハッとさせられました。

スマホの縁まで液晶とかそうしたテクノロジーの進化について、誤タッチが心配とかそれが使いやすいかどうかを論じる声があることに対して、
「それを出したところがすごい」
(1:40:40ぐらい)

新しい技術を製品に乗せられるところまで落とし込んで世の中に送り出した。それがまずすごい。使いにくいのならば売れないだけであって、そこにどうこう言わずにまずは触ってみないと。

そうだよなぁ。

Appleの余分な機能を削ぎ落としてく思想に感化されて過ごしたこの20年ほどの間に、いつの間にか新しい技術に対して斜に構えていたんじゃないかと自身を振り返ることになりました。

今なら素直に言えます。Galaxy Note、欲しい。誰かくれ。

SAMSUNGについては、iPhoneのデザインをパクったとしてAppleと訴訟になっていて、昨年ようやく賠償金額まで決まったところなのですが、その件の印象が悪すぎたんです。日本企業も昔はパクって安く作っていた時代があったのだと思いますが、高度成長期前の途上国の企業がやるのと、世界に名の知れた存在になっていた企業がやるのとではやはり印象が違います。

他にも液晶パネルに関して日本の技術者を引き抜いていた件とか報道されていましたから、それもあって。もっとも、あの時の感情はどちらかと言えば自社の技術者の能力を軽視していた日本企業に向かっていましたけれど。なぜ給料上げて繋ぎ留めないのか、と。

でも、backspace.fmを聞いていたら、開発の現場でやっている人は、やっぱりみんな頑張っているんだな、と。じゃなきゃ売れる製品にはならないですものね。

そんなわけで、Galaxy Note欲しい。誰かちょうだい。メルカリで出品されるのを見てますが、高い怖いしで手が出ません。我慢して貯金しないと、子どもたちを行きたい学校へ行かせてあげられないかも知れませんから、今は自分よりも子どもたち。

Galaxy Noteはともかく、新しい技術を搭載した製品が出たら、その製品がどこの国の誰が作ったものであっても、とに…

お寺関係のやりとり、ひとりだけITを利用して楽と得をする

イメージ
悲しい現実のある一方で先日、「HPはプリンター事業でリストラだというのに、お寺業界はFAXの導入すらままならない」にて、悲しい現実を書きましたが、1対1のやりとりであればIT活用しやすい状況もあります。

曹洞宗は本山と事務方が別系統で組織されていて、事務方トップが宗教法人曹洞宗といい、事務所を曹洞宗宗務庁と言います。

その下請け組織が各都道府県に最低1カ所ずつ。寺院数が多かったり、都道府県の面積が広い場合は最大4カ所、下請け組織があります。

その名前を宗務所と言いまして、我が静岡県は東部・中部・西部・伊豆に4つの宗務所があり、私が属するのは西部にある静岡県第四宗務所となります。

第四宗務所はそこそこIT活用が可能な宗務所となっていて、宗務所長含め9人いる職員の大半がFacebook Messengerを使います。もちろんメールもFAXも。ファイル共有はクラウドサービスを使ってますし、FAXを受信すると自動的にEvernoteに転送されて、通知が飛んだりもします。FAXは古いと言われますが、こうなっていると便利ですね。

お寺の世界も自治体と同じく申請主義であり、お寺側からアクションを起こさないと何も始まらない仕組みとなっています。住職交代はもとより、新しく弟子をとったり、責任役員が交代したり、そうしたことは全て宗務庁に申請をして承認を得たり登録してもらったりしなくてはならないのですが、その時に利用するのが宗務所。宗務所で書類のチェックをしてもらい、宗務所長の決済が下りると宗務庁へ書類を上げてもらえます。

そんなわけで度々宗務所とのやりとりが発生するのですが、私が宗務所と連絡を取りたい時にはMessengerで特定の職員やグループ宛に書き込んでしまいます。普通のお寺さんの場合は電話をするか、メールが使える方はメールでも問い合わせとなります。メールが来たことはほとんどなかったですが。

そう、私は前職員という立場なのでMessengerでやりとりしてしまいます。大抵の問い合わせは、グループに書き込んでおけばそのうちに誰かが回答してくれます。ありがたい。

書類を送ってもらうのもPDFでポンっと送ってもらって、こちらから提出するものもPDFなりFAXなりで。宗務庁へ送る正式な書類は郵送するか持参する必要がありますが、難しい書類の時にはPDFで送ってしまって事前に点検してもらえる…

グルメサイトの口コミ評価を公取委が調べ始めるぐらいネット上の口コミは汚れてしまった

非リア充でも良いお店を探せる良い手段だったのに最近ちょうど話題になってますもんね。公取委、グルメサイト「口コミ評価」の実態調査:日本経済新聞 https://t.co/C74O5nkwOO— m_bozu (@m_bozu) October 9, 2019

食べログやぐるなび他大手が対象になっているようですが、評価点数などに恣意的な運用があると最近話題ですね。食べログについてのツイートをよく見ますが、ぐるなびもなの?

一時は3.5ぐらいの評価のお店がもっとも優秀と言われていました。運営側が数字を操作しているのではという疑惑はもう数年前から割と大きな声で言われていました。3.5ぐらいだと、操作の対象になっておらず、しかも良いお店である確率が高かったんですよね。不思議なぐらいに。

そんな中、今年はGoogle Mapの口コミが重宝されるようになりました。利用者があまり多くなかったために、口コミの信頼性が高かったんです。Googleへの信頼感も手伝っていたと思います。よくよく考えれば、Googleにとっては正しい情報が何より大事でしょう。お店の評価をわざわざいじってGoogle Mapのスコアと実際の評価に差が出れば、肝心要の検索結果への信頼性も下がってしまいかねません。

それなのに、Google Mapも早速汚染が始まってしまったようです。今年になって急に口コミ投稿量が増えたように思います。投量が増えれば、雑音も混じる。稿者のモラルに任せるしかない口コミの正確さを保つには、一体どうしたら良いのでしょう。

ネットの情報が信頼できなくなってきて、リアルな人間関係の中での口コミが重要視されるようになってきました。家から一歩も出ずに、良いお店を探すことができる時代はもう戻ってこないのでしょうか。

「iCloud Drive」でのフォルダ共有機能の提供を延期→Appleとの付き合いが長いと、予定通り実装されるなんて思わなくなる

当該機能搭載新OSリリース当日に判明するなんて、さすがとしかApple、「macOS Catalina」の「iCloud Drive」でのフォルダ共有機能の提供を来春へ延期 - 気になる、記になる… https://t.co/U6zhAecijW— Taisyo (@taisy0) October 8, 2019

というわけで、ようやくiCloud Driveを他のクラウドドライブサービスと同様に使える日が来ると思っていたのですが、あっさりと延期になりした。来春ですって。

一時はこれをあてにして、Dropbox Proを解約しようかと考えていたのですけれど、踏みとどまっておいてよかったです。(期限が12月だから先延ばしにしていただけ)

Appleのクラウドサービスと言えるものは.macの頃から静かに続いているんですが、MobileMe、iCloudと名前を変えつつも脈々と受け継がれているのが、サービスの不安定さ。もっとも、iCloudになってからはかなり安定していますね。だからこそ、今回のフォルダ共有機能も無事に実装されるんではと思い込んでいたんです。

今まで散々裏切られてきたというのに。

いつまでたっても処理の終わらないバックアップサービスとかね。

@mac.comのアドレスを今でも使えるユーザーとしては、こうなる前に気がついて警鐘を鳴らすべきでした。Appleのクラウドを信じるな、と。

それなのに、「フォルダ共有できるようになるなら、2TBにアップグレードして、Dropbox使うのやめて。iCloudは他にもいっぱい使ってるから一本化できてサイコー」などと考えていた自分を恥じております。

ま、でも、来春には始まるってことですから、楽しみに待っていましょう。その暁にはいよいよ本格的にDropboxの処遇を考えよう。

あ、勘違いしちゃダメですよ!
ちゃんと使うんであれば、Dropboxが最高です!
OneDriveですらしょっちゅう再認証が必要になったりしますから、そんな不便さが一切なくOSに溶け込んで使えるDropbox最高です!
早まっちゃダメですよ!

HPはプリンター事業でリストラだというのに、お寺業界はFAXの導入すらままならない

お寺によって差があり過ぎるのに、一律に相手をしなくちゃならない不毛HP、最大9000人のリストラ計画を発表 プリンタ事業の不調でhttps://t.co/4U4396CIhf— ITmedia NEWS (@itmedia_news) October 6, 2019
HPはプリンタ事業を縮小していくと言うのに、日本のお寺はまだFAXも満足に整っていません。全部のお寺にFAXがあれば連絡も捗るのに、未だ手紙が重要な手段です。

お寺というのはそれぞれ単独の宗教法人でして、住職は代表役員です。任命権は元締めである包括宗教法人(曹洞宗なら宗教法人曹洞宗)にありますが、運営主体はここの宗教法人に任されています。手出しもほとんどできません。

そんなわけで、事務機器の揃い具合も様々で、正太寺のようにメールでもSlackでもVRChatでもなんでもござれというお寺もあれば、パソコンもFAXも無いというお寺も珍しくありません。電話もフィーチャーフォンが多数派で、もちろんメールは使わない。一斉に連絡を取ろうと思ったら、手紙しか手段がない状況。

FAXのあるお寺はそこそこ増えたので、FAX主体にして残りを手紙に、と言うような状況にはなってきましたが、それもここ4年ぐらいのこと。

会社だったら周りの環境に合わせて、出来なかろうが何だろうが、使わなきゃ仕事にならなきゃ使うようになります。でもお寺の場合はそうした圧力が、無い。

15,000ヶ寺あると言われる曹洞宗のお寺も、半数は住職が常に住んでいないお寺です。生活するのに足る収入があれば住職のなり手が見つかりますから、住職が住んでいないと言うことは、そう言うことです。

住職のいるお寺でも、他の仕事を兼ねているお寺も多いです。湖西市の曹洞宗のお寺の場合は三分の一ぐらいかなぁ。今は退職したけど以前は勤めていたと言う方まで含めれば、半分がそうして頑張っているお寺。

事務機器にお金を回す余裕はないんですよね。FAXはだいぶ安くなったから買えるお寺が増えたけれど、パソコン買うなら修繕をするし、それでもまだお金があるなら給料を出す。

他の仕事をしているお寺って、お寺からほとんど給料出ませんから。それなのに修繕するのに外で稼いだお金をつぎ込んでる場合もあったりします。

正太寺のように出稼ぎせずに回っているお寺は少数派なんですよ。それでも今月は支払いが滞り…

Cosmo Communicator もうちょっとかかるよ

イメージ
indeigogo出資者向けに最新のアップデートが届きました。

「中国の国慶節のことを予定に組み込んでいなかったので遅れちゃったよ。でも今週中には香港に届いて、発送できるよ。ごめんだけと、もうちょっと待っててね!」(意訳にもほどがある)

「ついでにいうと量産版のCosmoがロンドンにあって、LinuxとLineageの開発用とメディアへのファーストルックなんかに使ってるよ。もう記事が出てるけど、見た?」(意訳にもほどがある2)

ということだそうです。週明け直ちに発送かと思ったら、そうか、香港にまだ届いていないのか。今週中には発送になるかなぁ。私は2千番台なんですけど、初回出荷に含まれるのかな〜

せっかくなので、メディア掲出記事も貼り付けておきます。

Jonathan Morris
https://jmcomms.com/2019/10/04/hands-on-with-the-planet-computers-cosmo-communicator-virtually-ready-to-ship-to-original-backers/
The Register
https://www.theregister.co.uk/2019/10/04/planet_launches_cosmo_communicator_phone_with_real_keyboard_android_or_linux/

日本語キーボード版から作ってるってことなのか、英語キーボード版が作り終わったので日本語キーボード版に取り掛かってるのか。写真は日本語キーボードのものが多く使われています。単純に出資順じゃなくてキーボードの種類にもよりそうですね。前機種に当たるGemini PDAが日本でたくさん売れたので、日本市場はかなり意識しているという話が以前に出ていましたから、色々期待しちゃいます。Gemini PDAを購入した日本のユーザーさん、ありがとう!(私は日本語キーボードにしました。JISかな入力するんです。)

待っている間が一番楽しいと言います。その言葉通りに楽しんでおきます。

PayPayダウンに思う

イメージ
本日はPayPayが20%還元デーということで、巷は賑わっていたようです。TwitterでPayPayを検索するとその様相が手に取るようにわかります。


夕方ぐらいからダウンしたみたいですね。夜になってどうなんでしょう。

私は他に現金以外の選択肢がない状況でなければPayPayは使わないんですが、今日のPayPayダウンには色々思うところがあります。

本日限り20%還元とはいえ、昨年末のキャンペーンに比べれば、随分規模縮小してるんです。一回の決済で還元の上限は1,000円、1日の上限5,000円。せっかく20%還元なのに、5,000円以上のものを買った場合には還元率がどんどん減っていくわけです。

PayPayの起爆剤となった昨年末のキャンペーンは、制限らしき制限がなかったですからね。それだけに怪しくて私は一切使いませんでしたけど。あの時のポイント還元は、その後予定通りのスケジュールでちゃんとなされたようで、良かった良かった。波に乗らなくて損したとは思いません。怖かったですから。

だって、Yahoo!Japanがらみですよ。もっといえばソフトバンクグループですよ。先鋭的な事業方針は支持しますが、その分ダメな点も目につくんです。Yahoo!BBのモデムばら撒きは今思い出してもフェアなやり方ではなかった。でも、あのお陰でブロードバンド利用者が増えたのは間違いない。よく分からない人に無料だからと押し付けて始めさせたわけですから。それがきっかけで人生に良い転機が訪れた人がいてもおかしくありません。

あの頃と同じで、ばら撒きで利用者を獲得する方針。それはさすがに支持できなかったけれど、私の考える良い影響は現れています。

今まで頑なに現金しか決済手段に選ばなかった人が、キャッシュレスの世界に足を踏み入れるきっかけを作ったのは、間違いありません。キャッシュレス生活を始めた人は確実に増えたことでしょう。

そして今回の決済システムのダウン。無事に明日のマスコミ報道などで話題になれば、利用者がそんなにも増えたのかという認識を持つでしょう。周りの人が使い出せば同調しようする人が多く出てきます。少し間をおいて再び還元キャンペーンをやれば、さらに利用者が増える可能性が出てきました。

PayPayだけでなく、他の決済手段にもお得な面は備わっているので、そちらにも注目してもらえると良いんですけれど…

さて、今日のApple Watch 5バッテリー残量は

イメージ
いちいち Series と付けるのが面倒になってきた5時半から装着し(装着という表現がふさわしい)、22時14分現在、32%残ってます。68%を約17時間で消費したので、1時間あたり4%ぐらいの消費、と。以前の記事で5%としてますから、watchOS 6.01にアップデート後はやや消費が抑えられたということですね。


たかが1%、されど1%。32-17は15。残り15%というと寝るまで持つかどうか微妙なラインです。それが32%も残っているんですから、日中にもう少しアクティブに使ってもなんとかなりそう。お風呂の間に少し充電すれば15分でも10%弱は回復しますから。

私の場合は一応、OSアップデートで節電効果が出ているということになります。まだまだOSのチューニングで延ばせる可能性があるかも?!と期待できますね。


watchOS 6.01 でバッテリー消費が改善されてる?そしてwatchOS 6.1でさらなる改善の情報も

朝から残量が気にになってしょうがない
最近 Apple Watch Series 5 の電池持ちの話題を多く取り上げてますが、それだけ持たないということで。1日ギリギリ持つんですけどね、もうちょっとね…

昨日engadget日本版の記事を取り上げましたが、今日は朝からバッテリー残量を気にしながら生活しています。相変わらずワークアウトを使う機会を作れない1日を送っていますので、Facetimeで1分未満の通話を2回、そのほか各種通知を多数受信する程度の使い方です。

最初の1時間は100%のままでした。1時間15分ぐらいでようやく1%減少。現在5時間経過して残り83%ですので、1時間あたり3%強減少している計算になります。このペースでいけば、10時間で残り66%、20時間経過後もで32%は残っているというわけで、省電力モードを提案される10%を切るまでに合わせて26時間ぐらいは使えることになります。0%になるまでにはそこからまだ3時間ぐらい使えます。

1日24時間以上働く人でもこれなら安心ですね!

もっとも、使えば使うだけ電池は減るのですから、実際にどれくらい電池が持つのかは各人が使ってみるまで分かりません。アクティブに色々計測する人には全然足りないという印象は変わらないでしょう。

watchOS 6.1でさらに電池持ちが改善されるのではという話を、今は非常に楽しみにしています。

Series 3 を使っていた時は、毎日充電が必要なものの、残量が気になるということはなく、バッテリーに無頓着でいられました。文字盤が常時オンになり、耳の健康のために周囲の音を常にセンシングしているというのですから、今まで通りの電池持ちということはあり得ないと思いますが、やっぱり期待してしまいます。

朝5時から使って、夜9時に枕経へ向かっても電池切れを心配しなくていい、それが私の希望する電池持ちのレベルです。


engadget日本版にApple Watchのバッテリー問題について細かく出てて、淡い期待を抱いてしまう

watchOS 6が原因と見る向きも
Apple Watch Series 5とwatchOS 6、バッテリー持続時間が短い?ノイズアプリが一因との推測も
https://t.co/C4KwV8udSW— Engadget 日本版 (@engadgetjp) October 3, 2019

アップルの公式サポートフォーラムおよび米MacRumorsの読者フォーラムでバッテリーが持たないと取りざたされているようで、中には何も操作していないのに1時間で約5%を消耗したという話があり、私のと同じですね。

1時間に5%なら18時間後に90%消耗。概ねスペック通りと言えますね。いや、ワークアウトや音楽再生にもある程度使って18時間ということだったと思うので、多分、それなら足りてないことになります。うん、そうだそうだ。もっと持つようになってくれー

今日は15時間使った時点で残り46%あったんですよ。入浴の15分でちょっと充電して、さらに3時間ちょっと経過した今、49%残っています。watchOS 6.01で若干改善したという報告もあるそうで、もしかしたらそうなのかも、なんて気持ちになっていますよ。

watchOS 6のベータ版が大幅に改善されるという報告もあるそうで、期待が膨らみます。それならもっと積極的に使えます。ほんとかなぁ。ほんとだといいなぁ。私はよく訓練されたApple信者ですので現状でも喜んで使いますが、バッテリー持ちが良くなるのはもちろん大歓迎。楽しみです。


Staccal 2 がアップデートされてる!

サイスケより好きなんですStaccal 3.0.1配信されました。

ウィジェットの修正ですが、残念ながらまだ完璧には直っていないです。

件数が10件を超えるとクラッシュする確率が高くなるので、表示するカレンダーを絞るか、明日の予定を表示しない、などの暫定措置を行なって下さい。

完全な改修までもう暫くお待ち下さい🙏🏻 pic.twitter.com/HHgTrVY5jd— Go Ando / THE GUILD (@goando) October 3, 2019

Staccal 1 の時代からずっと使っていて、Staccal 2 も購入していたのに、いつの間にかアップデートされなくなり、iPhone X系の画面サイズにも未対応、六曜表示も助かっていたのにそれも今年分から表示されなくなり。泣く泣くアンインストールして、サイスケを購入したのでした。サイスケもStaccal 2 と同じように日付の隣に六曜を表示してくれます。仏教界にとっては六曜なんて意識する必要もないものなのですが、現状の日本においては把握しておかないとトラブルの元。地元湖西市では火葬場が友引休みですから、この日に葬儀を入れると火葬ができないということに。もちろん葬儀屋さんが間に入ってますから大事には至りませんが。いつもお世話になっております。

そんなStaccal 2 が一週間前に34ヶ月ぶりのアップデートを配信。iPhone X系に対応しました。他にも、iOS 13で起動できなかったらしく、それにも対応。今日、@mimura1018 さんが上のツイートをリツイートしてくれたことにより、気づくことができました。Twitterやっててよかった。

早速インストールし直してみました。懐かしい。サクサク動くし。六曜表示はまだ復活しませんし、X系への対応も画面が広くなった余白を塗りつぶしただけという感じがしますが、そんなことより聞いてくださいよ、実はね、Staccal 2 は月カレンダーの画面遷移が高速なのです。先日書いた

PalmにはKsDatebookがあった

にて、Palm時代のカレンダーアプリの高速動作のことを書きましたが、Staccal 2 もなかなかに速いんです。指でスワイプさせるスピードに遅れをとることはありません。ノーストレス。それでいてスワイプした際に期待する画面遷移をちゃんと描画してくれます…

TweetDeckが落ちている

イメージ
晩方になってようやく気付いたのですが、TweetDeckが今日の10時ごろからダウンしているそうです。14時過ぎに一度は復旧したらしいものですが、再度ダウン。Twitter本体もURL付きの投稿が失敗するなどの不具合が発生したらしいですが、そちらは夜になったら大丈夫になってますね。

日中は会計やったりクレカのレシートチェックをしていたら数時間が経過してしまい、iPhoneでTwitterを見る事すらしていませんでした。TweetDeckは縦カラムをいくつも増やせて、それぞれに指定したリストを表示したり、検索結果を常時更新させたり出来て大変便利。標準のUIをこちらにすればいいのにと思うぐらい。不便なのはTweetのブックマーク機能が実装されていないぐらいでしょうか。地味に不便ですが、他の利便性が圧倒的に上回ります。

早く復旧してくれないと、ネタ探しにも影響がでます。多分Twitter社内では今この瞬間も復旧に向けて作業が続いている事でしょう。待ってるよ!

Apple Watch Series 5 の充電事情とお勧めできそうなモバイルバッテリーリスト

イメージ
Apple Watch Series 5 到着から10日目となりました。電池の消耗具合もだいたい分かってきました。

文字盤常時表示の際の電池持ちの目安としては、初代並み。もとい、初代より2時間ぐらい短い。20時間持つかどうかというぐらいです。これはワークアウトを使わない状況なので、30分のランニングとかすると、さらに短くなることは自明。

それでも、私みたいに睡眠時間4時間とかで生活していない限り、1日ちゃんと持つと言えます。(朝寝するので実際には5時間ぐらいは寝てます。健康にはよろしくないけど。)

私は毎日ギリギリだったので、お風呂の脱衣所に充電器を置くようにしました。間取りの都合で常設はできないので、脱衣カゴに放り込んでおいて、自分が入浴するときだけコンセントにさして使っています。水がかかる心配もないから安心ですね。

また、初代を使っているときに持ち歩いていた、Apple Watch専用モバイルバッテリーを、久しぶりに携行するようになりました。


気がつくと充電されなくなっているというか、満充電後に充電はストップするのに、Apple Watchが異常にバッテリーを消耗したんじゃないかと思えるようなことが何度かあって、若干動作に不安があるんですが、まあそこそこ働いてくれます。

残念ながら今は販売されていないようですが、似たような製品は有りました。




AmazonのページにはMFi(Made For iPhone)認証取ってあると書いてあります。iWatchって表現されているのがアレですが、バッグに引っかけたりもできそうで、今のがダメになったらこれを買うのかなぁと考えています。でもiWatchって表記し続けるメーカーがMFi認証取れるんだろうかという疑念が…




安心感がぐっと高まるのはこちら。Apple Storeでの取り扱いもあるBelkinが作ってますから、これ以上ない安心感。もちろんMFi認証済み。バッテリー容量もぐっと大きくなって2200mAh。バッグにとりあえず放り込んでおけば緊急事態に活躍してくれることでしょう。たまに思い出したように充電しておけば十分ではないかな。(iFixitの分解記事内の写真によれば、44mmのSeries 5のバッテリー容量は296mAhです。)




最後にもう一つ。こちらもBelkin製でMFi認証済み。先ほどの製品との違いは、USBポー…

消費税増税分の支出カットに新聞解約が話題ですが

だだっと書きます我が家では両親が新聞を購読していますが、私ども夫婦は読んでいません。小学校の宿題で年に一度くらい新聞を読む必要があるのが悩ましいのですが、私と妻だけならほぼほぼ定期購読は不要という状況になっています。

なぜ読まないかと言えば、

一つの家屋の中とは言え、生活空間が二世帯で分かれているので新聞が遠い
妻からすると両親が読んでからでないと手を出せないので読める時間帯と読みたい時間帯が一致しない
各社ともそれなりにネットに記事を公開しているし、他のメディアの情報も合わせればだいたい事足りる
ローカル記事も最近はだいぶカバーされるようになってきた

こんなところでしょうか。折り込み広告は、見なくなればなったで気にならなくなるものです。地域で一番安いスーパーはもともと折り込み広告をしない店というのもあります。

お年玉を握りしめておもちゃ屋の広告を熟読するシーンを子ども達に経験させてあげられていませんが、失われたものはその程度。他の刺激で補えていると思います。

我が家は中日新聞です。ネット版には有料会員と定期購読会員向けに限定ページがあり、ローカル記事はそこから紙面を画像で見るような形式になっています。普通のテキスト記事にして欲しいのですが、そこまでの人手が割けないのでしょうか。それともニーズを取り違えているのでしょうか。ネットに軸足を移した途端に、画像で記事を読ませるなんて、絶滅するでしょうね。

私の今の興味は、旧来の新聞という形式が、いつまで続くのかなぁ、という点です。あれだけの情報量で月々4千円弱。そんなに高いわけではないと思いますが、しかし、年間で5万円近くとなれば、解約を検討する人が出てもなんら不思議ではありません。情報量が多ければ良いわけではなく、質の問題です。私は政治記事に関してはバイアスのかかっていない記事が読みたいなぁ。事実を淡々と。それに関連する情報を淡々と。

政治的公平性を求められているはずのテレビ放送が右に左にブレまくりな状態ですので、公平なメディアというのも求められています。以前のNHKはそうした要求に答えていたように思えるのですが、今は民放と同じく、どっちかに偏ったような感じ。偏るなら偏るで偏り切ってくれれば分かりが良いのですが、番組によってブレがあると、見ていて補正が効かせづらい。

あぁ、そういえば私は、新聞のみならずテレビも最近はろ…

PalmにはKsDatebookがあった

イメージ
iPhoneに駆逐されたPalmに、未だ勝てない分野、それがカレンダー
ほかにも紙の手帳にシールを貼る感覚で使えるカレンダーアプリもありましたし、たいていのアプリが使いやすいという特徴がありました。名前が思い出せないけど。

まさによりどりみどり。

使いやすさの一番の理由は、画面遷移の速さだと思っています。Sonyが出していたCLIEシリーズにはあのジョグダイヤルが搭載されていました。携帯電話に採用されたタイプとはちょっと違って、筐体側面にダイヤルがついています。それを親指でゴリゴリすると、月カレンダーがそれに追従するんです。ジョグダイヤルって親指の腹のひと転がしで多分6回ぐらいはゴリゴリすると思うんですが、その時間は一秒未満のはず。グリっとゴリっとできますもの。

つまり一秒未満で6ヶ月先のカレンダーに到達するんです。その間、画面はちゃんとひと月ごとに書き換わるんです。もちろん、速く動かせば動かした分だけ視認はできませんけども。でも確かに書き換わっている。

今のiPhoneでそれをやろうとしても出来るアプリはないと思います。最近は「さいすけ」を使っていますが、さっぱりです。縦スクロールの月表示なら超高速ですが、横スクロールはさっぱり。iPhone XSでも翌々月へ行くのに一回突っかかります。

それなら縦スクロールを使えばいいという話になるのですが、そうじゃないんだよなぁ。縦じゃダメなんです。縦じゃダメなんですよ!

スクロールエフェクトが無ければもしかしたら速くなるんじゃないかなぁ。もしくは、速く感じられるようになる、とか。Palmほどの速さはなくても我慢しますが、まだ足りないんです。

ちなみに、さいすけは閲覧専用で、入力はFantasticalを使ってます。使い慣れているという理由だけですが。さいすけの入力画面はおしゃれとは言い難く。

特にKsDatebookはToDo管理が秀逸だった
タイトルに掲げたKsDatebookには、同作者のKsToDoとの連携機能があります。予定を入力するときに「@」をつけるとToDoになるんです。もちろんKsToDoで入力したToDoもKsDatebookに表示されていて、完了チェックをすることもできます。

カレンダー上でToDoを作成し、チェックもできる。たったこれだけの機能が他のカレンダーアプリになかなか実装されない。時間の決まった…

zenback