投稿

2018の投稿を表示しています

モニター使用中のNew XPS13は、長期間使い込みたくなる存在感

イメージ
帯状疱疹に伴う体調不良のため、原稿を書いてから投稿するまでに随分間があいてしまいました。8月6日頃に書いたエントリーです。そーなんだー、と思いながら読んでいただけたら幸いです。 Dellアンバサダーのモニタープログラムに当選し、三週間ほどですがNew XPS13を試用する機会を得ました。仕事で書いている「住職のぼけ日記」が毎日更新のはずなのに滞りがちなので、その解消の一助として抱負を記入したので、それに沿った試用をしなきゃいけないなと思っているところですが、時はお盆。しかも酷暑。正直に言いまして、お盆が終わる15日以降にならないとまともに使う時間なんてないんじゃないかと感じています。とりまちょっとしたベンチでも取ろうかと。ついでに先日購入したSurface Proと比較でもしてみようかと、少し時間の取れた夜にこれを書いています。モニターでお借りしたNewXPS13は、4Kディスプレイと1TBのフラッシュストレージ、16GBのメインメモリーを搭載したモデルです。なにげにフルスペック。起動して最初に気になったのは、ファンの音です。通常のファンの音以外に、異音といってもいいような音が混ざっています。 #デルアンバザダー のモニターでXPS13を試用してます。三週間弱のお付き合い。そのファーストコンタクトでいきなり感じた不満が、こちらのファンの音。普通のファンの音に混ざってガラガラという音が出てます。個体差ならいいんですけど。#パソコンpic.twitter.com/OKskqjbxQG— m_bozu (@m_bozu) 2018年8月6日 モニター機として使い込まれたゆえの症状なのか、Dellとして許容範囲内の個体差なのか、どちらかといえば不良品に当たるものなのか、何とも言えません。ファンがあるはずのSurface Proがほとんど無音で使えることと比べると、静粛性能と、それに伴う心地よさの面では完敗です。つぎにサイズの比較。右がXPS。XPSはモデル名の通り13インチ(3840x2160)のディスプレイを搭載しています。一方Surface Proは12インチ(2736x1824)。ともにタッチパネルディスプレイ。単純にインチ数で比べたらXPSは一回り大きいのですが、とことんこだわった狭額縁のために、ほとんど差のない大きさです。ただ、個人的な好みは16:9よりも3:…

やっぱりMacが良いなぁ

イメージ
戯言ですよ?Mac派の方も、Win派の方も、気にしないでください。久しぶりに私のPC遍歴をどうぞ。10歳でMSXデビュー(兄購入のキングコング)その後自分でHitBitを購入したような気がしないでもないMSX BASICでプログラミングに触れる多分14歳ごろ、PC–8801FEと思われる機体を購入15歳でお寺のPC–9801R系列と思われる機体をいじり始める。HDD入ってた。高校でプログラミング(Fortran、COBOL、CASL)を体系的に学ぶ傍で、独学でCやマシン語も学習。時代はMS-DOSからMS-Windowsへ(3.0から使いだした)そういや大学でもawkとか習った気がする。文系大学だったのに。今思えば文系だからこそawkなんだなと納得できる大学在学中にLet’s note miniのA5サイズのを購入。型番覚えていない。モデル末期で20万ぐらいだったなぁ。リカバリ用のフロッピーが20枚とかついてくる時代。モニターとキーボード繋いでDelphiで楽しんでた卒業し、修行から戻ってからは自作デスクットプPC派に転向。ノートはVAIO派。C1とかSRXとか、最終的にはPも使ったなぁ。28歳ごろ、iBookを購入し、Macの世界に入門。1年ほどしてPowerBookG4 12も購入。本格的にMac派に転向。モニターとキーボードをつないでデスクトップとして使うことが多かった。2年後、業務用にMacBookPro15を購入。CPUがCore2Duoになったやつですね。購入理由が、Windows環境が必要になったから、って…1年後、妻との共用PCとしてiMacを導入WILLCOM D4買ったりとかその後業務用購入のMBP15は3台乗り継いで、現在のtouch barモデル(2016)に至っています。 その他にも、業務用にSurface Pro 3を買ったりしておりますが、基本的にはMacがメイン環境。17歳ごろからWindowsに染まってきて、28歳で転向して、現在42歳。いつの間にかMac歴の方が長くなっていました。非Mac歴というくくりで言えば10歳から18年ありますから、まだ及びませんが。メインがMacと言えども、世の中の世知辛さのためにWinodw機も業務、個人問わず常に平行保有しています。その上で感じるのは、一度Macに馴染むと、Windows10がどん…

MacBookPro 2016(with touch bar)のキーボードが、無償交換後タッチが少し変わったので再評価する

イメージ
MacBookPro 2016(with touch bar)のキーボードが、無償交換後タッチが少し変わったので再評価する 先日公表された「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」によって、愛機の使い勝手が少し良くなりました。トップカバー全体の交換ということで、キーボードはもとより、その下のバッテリーにいたるまで、ごそっと変わっています。交換前のキートップの印字は覚えていませんが、若干変わったような気がします。そういえば昨年、そんなマイナーチェンジがあったとか、読んだ記憶があります。キータッチは改善されました。それでもまだ、以前の普通のキーボード時代の方が良かったと思いますが、誤入力は確実に減りました。自分の感性に呼応するかどうかはともかくとして、実用性と言う意味ではようやく合格点に達した、という印象です。まだ言い方がマイルドですね。世代を追うごとに悪化してきたキー入力時のフィーリングが、2016モデルでついに及第点を下回ったのが、ようやくギリギリ水面上に顔を出した、という方が私の感覚に正直です。もっとも、まだ修理から戻ってきて2日目。昨日6,000字書いただけでの感想です。変化を感じない人がいてもおかしくないレベルだと思っています。同じキーボードを採用するMacBookも、初代より2代目の方がキータッチが良好と聞きます。店頭で触った感じでは、何れにしてもしっくりきませんでしたが。ただ、私のキーボードに対する感性は、世の中のマジョリティよりも少し道を外しているようで、玄人が絶賛するHHKBも、実はしっくり来ていません。Bluetooth版を買ったのですが、ちょっと深すぎる感じ。全部押し切らなくても入力できるので軽くタッチすれば良好な感覚なのですが、つい下まで押し切ってしまいます。これは訓練で乗り越えられるかもしれませんけどね。最初の当たりがちょっとキツイ気がします。一方、RazerのBlackWidow X Chroma JPはしっくり来ました。音はやかましいですが、非常にスムーズです。Mac用にも作って欲しいぐらい。音がやかましいというのも第三者に対しての感想であり、打っている本人は大変に気持ちが良いです。ああでも、HHKBの最初の当たりのキツさは、使い込むうちに馴染んで消えて行くんだろうか。少しだけ力が要るので、疲れるんです。…