投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

年の瀬にこんなことしてて良いのかなと思いつつ、プラチナデスクに電話

意外かも知れませんが、年の瀬の直前、そう、クリスマスが終わって、本当の歳末が来るまでの数日間、お寺は一瞬まったりします(正太寺だけかもしれません)。年越しに向けての掃除も概ね終わると、位牌堂にお供えするお米やお餅をお檀家さんが運んでくるのを受け取って運ぶのが主な仕事になりますが、そのピークはだいたい29日と30日。ピークを迎えるまでのほんの数日、まったりする、そこに家族旅行を入れてみました。年明けはいつまでも落ち着きませんし、12月も旅行を入れられるのはそこしかありません。無理してでも予定を入れないと、つまりニンジンを目の前にぶら下げないと、がんばりが沸いてこない精神状態に今、なっているのです。ですから、妻の軽い反対を押し切ってアメックスのプラチナデスクに電話してしまいました。移動手段はマイカーなので、デスクの出番はホテルの手配ぐらいしかありません。そしていつものように泊まりたいホテルは決まっているので、ほんとに単なる予約代行・・・。5人家族の宿泊。エキストラベッドを入れる関係で余分に費用がかかってしまいますが、温泉旅館に泊まるよりはシティホテルの方が安上がり。行き先は横浜。設備は古くなってきているでしょうし、トラベルサイトでのクチコミも良い評価ばかりでは無いとは言え、一度は泊まってみたいホテルと言えば・・・設備が新しければ、たいていの場合は気持ちよく泊まれるのです。シェラトン広島は楽しかった。でも設備が古くなってからが、そのホテルの地力の発揮しどころですよね。そういう所を見てみたいです。そんなわけで、夜中に3度ほどデスクから電話をいただきつつ、宿泊手配完了と相成りました。自分でオンライン予約の方が早く済みますよね。でも、エキストラベッドの件や、ベッドカードの取り付け、ツインのベッドをくっつけるなど、備考欄に書くだけで果たして有効なのか心配になりますし、ベッドをくっつけるなんて、予約時には頭から抜けているのが当たり前。提案があって初めて気付くポイントです。今回はホテル側からの提案をデスクが伝言ゲームしてくれたのですが、そういうことがあるだけでもデスクを通す価値があります。あとは、プラチナベネフィットガイドに載っているホテルなので、駐車場無料とか、レイトチェックアウト確約とか、割りとありがたい特典が付きますし。以前シェラトン広島に宿泊した際は、こちらからは頼んでもい…

BookBook for iPhone5、到着!

イメージ
発売開始の報が入った先々週の土曜日の夜に注文しまして、11日目で届きました。注文する際に月曜以降の発送になるよという記載があるのは気付いていまして、月曜って事は、日本時間ではほぼ20日の火曜日。そこから数えれば7日で届いたことになります。十分速かったと言えますね。まずは梱包箱から出した状態でパチリ。裏面はこんな感じ。ご本尊と、同梱のなにやらカード類、シール。カードは同じものが3枚もありました。知人に配って宣伝しろって事?本体の外観はそこら中に画像があると思いますので、開いた状態で。iPhone4用の時は、このダミーのiPhoneで子どもたちがずいぶん遊んでいました。今もたまに遊びに登場しています。裏面のカメラホール。デザイン性はともかく、やはり圧倒的に便利ですよ。ダミーのiPhoneを外しました。iPhoneの固定方法が、はめ込み式に変わりました。簡単に取り出せた今までのタイプの方が、私は好みでしたが、カメラホールとずれやすくなるから、カッチリ固定する事になったのでしょうかね。薄く作るのにも有利ですし。 iPhone4用との比較。ずいぶん大きくなっているようにも感じます。積んでみました。縦はやはりかなり延びてます。ただ、幅は縮まってますよ。iPhoneのサイズ変更分の差で有り、無駄に変わってはいません。私はクレジットカード2枚と免許証、万一のための千円札を入れてます。買い物したレシートもたいていこの中にいれちゃいます。それらを入れた状態での写真はさすがにアップできませんけれど。iPhone5に機種変して一月強。ようやく以前の使い心地が戻ってきました。厚みはそれなりになってしまいますけど、この使い勝手の良さは、補って余りあります。支払はカード派、という方には、手放せなくなる使い心地を提供してくれますよ!

BookBook for iPhone5、発売になってます!

イメージ
ずっと注目していたのにブログで取り上げるのが遅くなってしまいましたが、BookBook for iPhone5が発売になっています!私は先週土曜の夜にさっそく注文しました。送料込みで$89.99、カード会社にはすでに決済情報が上がっていて、¥7,100円ぐらいでした。for iPhone4登場時の国内販売価格と比べても、そう大差ない印象です。たしか¥6,800ぐらいだったような。今のところ発送の案内も何も来ていませんが、発売直後ですからすぐには届かないんじゃないかなぁ。待ち遠しいです。for iPhone4との変更点は、一番はやはりカメラホール。これで写真を撮るのが億劫にならなくなります。それにともなってケースからの出し入れの機会が減るだろうと言うことなのか、枠にはめ込むタイプとなりました。あとは縦にサイズが伸びて、カード収納枚数が4枚になりました。この+1枚は大きいです。厚みは、ケースへの取り付け方法の変更で少し薄くなり、カードが1枚多く入ることが厚くなり、結果トントン、というところでしょう。iPhone自体が薄くなっているので、その分だけ薄くなった、ぐらいかな。おそらく。製品写真から読み取れるのはこれぐらい。私が心配なのは、枠にはめ込むという取り付け方。たぶん、けっこうカッチリとはまるんだと思います。BookBook for iPhoneはボタンでケースを閉じたりしませんから、枠に強くはまっていないとiPhone5が落下する危険があります。私は車に乗るときに、サンワダイレクトのスマートフォンホルダーを使っています。あの、洗濯ばさみで挟むようなタイプの、です。BookBookを付けたままだと、革がひしゃげそう。for iPhone4の時は簡単に取り出せたので裸にして取り付けていたのですが、for iPhone5になって、枠から外すのが力がいるようですと、車に乗り込む度にそれをするのはかなり辛い作業です。革がひしゃげないぐらいしっかりしていれば良いのですけれど。もしくは、車載の仕方を考え直すか。めんどくさいなぁ。とはいえ、このケースへの信頼度は高いです。愛着がわくことは間違いありません。とにかく商品が届くのが楽しみでしょうがありません。早く来い来い!

MapFan+ for iPhoneの登場で、iPad mini セルラー版によだれが出る

インクリメント株式会社が、MapFan for iPhoneの後継となるMapFan+ for iPhoneを発表しました。App Storeから無料でダウンロード可能です。有料オプションを購入することで、オフライン地図が利用できます。30日、180日、365日という有効期限毎に価格が決まっていて、30日のものでもオフライン地図データは手に入れられます。今なら無料で手に入りますけどね。将来的なオフライン地図データの更新のためには、その時にまた30日分のを買うか、365日分のを毎年買い続けるか、という選択になります。有料オプションはオフライン地図以外にも、オンデマンドVICS渋滞情報、駐車場満空情報が利用できます。これらを使うと、グッとカーナビっぽくなりますね。オンライン地図データの表示には、昨夜はとても実用にならないほど時間がかかっていましたが、どうやらサーバーがアップアップだったようで、ひとまず対策が取られたようです。今まではオフライン地図データの利用が前提でしたから、サーバー増強のノウハウが得られるまでしばらくは、こんな状況が続くのかも知れません。しかし、有料とは家渋滞情報も表示出来るようになり、元々の地図の出来栄えの良さと合わせて、カーナビとして使うには抜きん出た存在になったと思います。Nexus7を買いましたが、今真剣に、iPad mini セルラー版が欲しいです。プリベイドプランのものを買って、チャージせずにGPS機能のみを利用。データ通信はiPhoneテザリングを通して、という具合でどうかな、と。出張やお出かけがたくさんの月には、30日使い放題のプランを選ぶのも良いでしょう。出来れば、イーモバみたいに1日使い放題とか、7日間使い放題とか、細かなプランも欲しいですけど。まだiPad miniのプランはauもソフトバンクも発表していませんが、どうなるでしょうか。利用者に寄り添ったプランの開発をお願いしたいものです。そう、iPhone契約者であればプラス2,000円で使い放題、とかね。Androidのナビが、地図表示をもっと細かくしてくれれば文句は無いのです。むしろ最高です。Google Map大好きです。Google Mapの表示のままナビしてくれれば文句ないのです。バードビューは見やすいですが、Google Mapはもっと見やすいのです。iPhone5と…

やっぱりiPad miniのセルラー版に惹かれる

Nexus7の性能は必要十分で、来月ソフトバンクiPhone5でテザリングがスタートすれば、Bluetooth経由でつないでストレス無く車内で使うことが出来そうです。それはそれでとても良いことなのですが、ナビアプリだけを比べるとどうしても劣ってしまいます。iOSには、MapFanがあるのです。iOS6純正マップのナビアプリでもナビ性能はかなりまともです。探索してくるルートには文句を付けたいときもありますが、地図データさえ正確になれば十分使い物になります。Nexus7搭載のAndroid純正ナビアプリも、iOS6と同じく探索ルートの質以外はよく出来ています。どちらにも言えるのは、ナビ中の画面に表示される情報の少なさ。建物名すら出ませんので、それが不満と言えば不満。すっきりしすぎてるんですよね。信号待ち中に、あの建物は何だろうと話しかけられても、すぐに分からないのが残念なのです。Nexus7の音声認識は相変わらず高精度で、不満は無いです。専用機など比べようも無いほど良い質です。ただ、専用機には、普段よく走るルートを記憶して、ルート探索に反映されてくれる機能があります。自宅までのルート探索をした際に、普段使う道を優先して案内してくれるのです。自宅付近でのナビは必要ないのですが、出先から自宅まで探索して、途中でナビを解除するのは面倒ですから、必然的に自宅到着までナビが案内してくれることになります。近道を通る度にリルートされるとうっとうしいですよね。その機能すら完璧では無く、抜け道クラスの道は案内されませんが、ストレスの軽減にはなっています。グーグルさんなら、実際の走行ルートを記憶して探索結果に反映させるぐらい、造作も無いことだと思うのですけどね。というわけで、MapFanがある分だけiPad miniに分があると思います。もちろん、GPS搭載のセルラー版という前提付きで。もしかしたら、今はiPhone5の解像度に対応していないMapFanがそれに対応した際には、地図表示が広くなって十分にナビ代わりになるのかも知れませんけれどね。ポータブルナビって、5インチぐらいの製品が多かったですよね。4インチでも意外といけちゃうかも。そしたらNexus7の立場は・・・元手が安かったとは言え、それはショックなことになるんだろうなと、感じています。そういう意味でも、ナビ中の地図に表示する内…

早く来い来いBookBook for iPhone5。約束の11月になりましたよ〜

BookBook for iPhone5のinfoページにcomming soon!と登場して半月ほどになりますでしょうか。腰を据えて英文を読んでみますと、なんと、カメラホールがついに設けられる!色も最初からClassic Black と Vintage Brownが用意されるんですね。というわけで、ASCII.jpさんで取り上げてたこちらのブツは偽物確定のようです・・・。ご愁傷様です。使い込んでくると、留め具も無いのに、パタンと閉じるときの感触が病みつきになるんです。早くiPhone5で味わいたい!