投稿

iOS機能制限を何通りか登録したい

イメージ
iOSのペアレンタルコントロールはしっかりしているけれど、まだ不足以前は「機能制限」と呼ばれ、iOS12からは「コンテンツとプライバシーの制限」(設定のスクリーンタイムの中にあります)と呼ばれることになった、いわゆるペアレンタルコントロール機能があります。これはかなり強力で、十分に親の希望を叶えてくれます。
しかし、一種類のパターンしかありません。我が家としては、学校に行くときはこの制限を、家にいる時はこの制限を、旅行中はこの制限を、という具合に、シチュエーションに応じて制限を緩めたり強めたりしたいのです。具体的には、プロファイルという形で設定をまとめて、それを切り替えて使うという感じが良いですね。

子どもたちの通う学校は、スマホを始めたとした携帯電話機器は、原則として持ち込みNGです。書類を提出することで特別に許可を得て持ち込ませることはできますが、学校では取り出さないのはもちろん、あらかじめほとんどの機能をオフにしておかなくてはなりません。

しかし家にいる時は学習アプリを使わせたいですし、旅行中はもう少し制限を緩めたい。そうした時に、現状ではその度に設定をいくつも変更しなくてはなりません。

サードパーティ製アプリでどうにかなるかもと思いましたが、そこまでの機能を持ったものは内容ですし、現段階ではAppleが締め出しているっぽい。この記事を書いている前日にAppleの締め出しが緩むような情報が流れていましたが、それで私の望む機能が登場するというわけではないでしょう。すぐには。

Androidでも状況は大して変わらず、2018年にGoogle製の機能制限アプリが日本でも使えるようになったみたいですが、やはり複数の状況に応じて設定を切り替えるという機能は無いようです。

仕組みとしてはとても単純なことなので、できない理由はないように思います。それこそ、OS開発元であるAppleがその気になればすぐにでもできそうなのに。
強制発動ギミック私としては、これはスタート地点で、ここからさらに、位置情報に基づいて機能制限を強制発動するとか(学校に着いたら限界まで制限がかかる)、時間帯で切り替えるとか(学校内にいても部活動の最中は、例えば陸上部とかならフォームの確認用にビデオ撮影・再生はOK)、あらかじめ指定した日は特定のプロファイルに切り替えるとか(部活の大会中でも、空き時間に学習…

今更ながら、VivoTab note 8(R80TA)をWindows10にアップグレードした話

イメージ
再チャレンジ 今更とは言うものの、本当のところは以前にも、Windows10登場時即座にアップグレードをしていました。ところが、主に画面描画周りに不具合が出てしまい、その後復旧出来ずに放置していたんです。

Windows標準のグラフィックドライバーならば一応画面が表示されるのですが、自動回転しません。

そしておそらく、そのことが原因で、スリープモードに移行できなくなりました。移行したように見せかけて、バックライトが付いたままになるんです。つまりバッテリーはダダ漏れ。これではとても使い物になりません。

工場出荷時へリカバリしようにも、リカバリメディアを作っていないし、リカバリモードにならないし、USB起動しようにも認識しないしで、とうとう匙を投げたのでした。

あれから随分時間が経ちました それでもやっぱり、ペンでサラサラと書けるWindowsタブレットというのは魅力的でした。特に画面サイズが8インチというのは、片手でギリギリ持てる大きさです。最近売られているものは軒並み10インチオーバーで、とても気軽に持ち出せるサイズではありません。

そんなわけで、色々と周囲が落ち着いてきたタイミングを見計らって、改めてWindows10での動作を目指して、復旧作業に取り掛かりました。その過程でWindowsが起動しなくなるという、最悪の状態にまでなりました。

そこで見つけた、一番大事なことを書き残します。

VivoTab note 8をカスタムするならこれだけはやっておけ 昔のBIOS、今はUEFIとなったあの画面へ、出来ればWindowsが正常に動作するうちに入ること。Windowsが起動した状態からなら、設定画面から辿っていくだけでUEFIに入れるのです。そしてそこでFast Bootをオフ(Disable)にすること。これをしておかないとUSBメモリから起動出来ないので、復旧のための作業が何も出来なくなります。逆を言えば、ここさえオフにしておけば、何度でもUSBメモリから起動してやり直しが効くということ。

Windows8.1も、Windows10も、マイクロソフトはインストールメディアのISOファイルをダウンロード配布しています。それをダウンロードして、USBメモリへ起動可能メディアとして書き込んでおけばいいのです。これはフリーソフトがあります。マイクロソフト謹製品もあります…

Cosmo Communicatorの利用シーンを夢想しながらその時を待つ

イメージ
WWDCでiPadOSが登場して和気藹々の雰囲気ですが、私としては、多分秋頃には届くはずのCosmo Communicatorが楽しみで楽しみで。

JISかな入力ができる予定のキーボードがまず一番なのですが、サイズ感もiPadを持ち歩くよりは楽そうですし、使わないと思うけど通話もできるし。
何より最近お気に入りのXperia Ear Duo(XEA20)の母艦になる存在として、楽しみなのです。

Ear Duoは現在のところはHuawei P10 liteにくっついているのですが、Ear Duoが話し始めた直後の3文字ぐらいが右耳からしか聞こえないという残念な状態。多分高性能のマシンにペアリングしたら、解消されるんじゃないかと思っています。iPhone XSとペアリングした時にはバッチリなんですよ。

今回のWWDCで発表されたOS群が正式リリースされるのも秋ですよね。Cosmo Communicatorが届くのとどちらが早いか。

もっとも、AppleのOS群がリリースされても、最新のiPadを保有していない身としては、さほど使い方に変化が出るわけではありません。Cosmo Communicator到着のインパクトには及ばないと思います。今、これを書いているのは最前線を引退したMac Book Pro Reina Mid 2012ですが、晩御飯の後、仕事に取りかかれる21時過ぎぐらいまでの間の時間に、ダイニングテーブルへ引っ張り出してきて使っています。これがComso Communicatorに多分置き換わることでしょう。出先で使っているGPD Pocketもおそらくその立場をとって代わられるでしょう。SIMが刺さらないのが一番痛い。

もっともGPD Pocketは、旅先でも常に使えるようにスタンバッテおきたいWindowsアプリがあるので、そのためだけに永遠に必要とされます。そういうすごいポジションにいます。

あとは、どれだけの通知をEar Duoに知らせてもらうかの選別が課題です。Cosmo Communicatorは常時携帯できません。公式のイメージ映像だと電話として携帯しているけど、実際には無理でしょそれは。
そうなると、限定的になってしまって、Ear Duo活用という点では面白みが少ないです。さあどうしよう。無理だと思いつつも常時携帯するしかないのであろうか…

とうとうXperia Ear Duoに手を出した

イメージ
iPhoneフル対応を夢見ていたが 発売された当初からずっと琴線に触れていたのですが、数ある機能の中で一番琴線に触れたデイリーアシスト機能がiPhoneでは利用できないAndroid専用機能であるため、泣く泣く見送っていました。あの時あった資金はAirPodsに流れたんだったかなぁ。

2018年4月21日発売でしたので、あれから一年とちょっと。ファームウェアアップデートがあったり、SAOとのコラボでアスナエディションが出てアスナのボイスで話してくれるようになったりしたものの、iPhoneへの対応拡大はほんのわずか、通知を読み上げてくれる、というものだけのようです。

それもApple Watchを着けていると読み上げてくれないような。あんまりテストしてないのではっきりとは分かりませんが、iPhoneの仕様かな。デイリーアシストが対応してくれないのも、iPhoneの仕様が関係してるのかなぁ。冤罪だったらごめんなさい。

ソニーがXperia限定対応にしなかった時点で、幅広く対応させる気はあると思うんです。いつかiPhone完全対応を期待していますが、とりあえず買っちゃいました。

とりあえずはAndroidでフル機能を体験してみる DJI Osmoとつないで使う用にHUAWEI Mate 10 liteがあるのですが、Osmo Pocketになったら出番がなくなってしまったので、ここはひとつiPhoneと2台持ちしてみようと思うのです。

メインのSIMをiPhoneから外す気は無いので音声通話は使えませんが、その他の各種データは共用できます。iCloudのカレンダーはear duoはアクセス出来ないので、IFTTTでGoogleカレンダーと同期を取っています。

これはもともとXperia Helloを使っているから設定済みでした。実は発売日に買ってるんですよ、これは。

電話はかけないので連絡先の同期は不要かな。Fecebook Messengerはよく使うのでインストール。LINEはiPhoneで使うのでMateには入れず。

一番使うのはFacetimeなんですけどねー

ところでear duoアプリから自宅と職場を登録できるのですが、私は自宅兼職場なのです。お寺ですもの。両方に同じ位置情報を登録できないので、ということは職場到着時のアシスタント機能が使えないんですよねー。これ…

DJI Osmo Pocketに強力な助っ人現る

イメージ
ちっちゃくてすごいやつ DJI Osmoをずっと使ってきましたが、後継機としてDJI Osmo Pocketを購入したのです。小さくて、とても扱いやすくて概ね最高。でもやはりマイクに不満が出ました。Osmoの伝統なのでしょうか。(Osmoは自身のファンの音が入り込むという意味不明設計でしたが、Pocketはまともですよ)

一番の用途は、お寺で主催している観音霊場札所巡りの下見に出かけて、その様子を撮影すること。実際に札所巡りへ出かける際に、札所の紹介としてバスの中で見てもらうのです。階段がどれくらいあるとか、見所はとか、そういう情報をあらかじめ提供することで、参加者の一番の不安要素である足への負担についての心配を軽減することが目的です。

隣寺の住職をパートナーとして連れ立って、札所の入り口あたりで札番とお寺名を色々ポーズをつけて叫んでもらうのですが、これを撮影するときに、指向性の無いOsmo Pocketのマイクではうまく声が入りません。

通常の撮影でも、撮影者である自分の声は非常に大きく入るのに、実際にカメラに映っている人の声が小さい。

というわけで、3月に入ってようやくリリースされた、外部マイクを接続するための「Osmo Pocket 3.5mm アダプター」を入手。続いてOsmoに接続しているRODE VideoMicroをOsmo Pocketにマウントするために、「Pocket Data Port to Cold Shoe and Universal Mount」を手に入れました。

「Pocket Data Port to Cold Shoe and Universal Mount」は、Amazonに出店しているHonboboというショップで注文したのですが、マレーシアから発送されて、正直これは届かないかもと思ったのですが、時間はかかったものの無事に届きました。梱包箱を手にとって、本当に届いたんだと、しげしげと眺めたものです。

「Osmo Pocket 3.5mm アダプター」が下見に間に合わなかったので今回は再びOsmoの出番となったのですが、実際の札所巡り本番には間に合ったので、先日たくさん撮影してきました。

三つの製品を組み上げた状態の写真が、こちらです。

持ち手部分が狭くなったので、持ちやすさはかなり失われましたが、…

MK3で幸せになれるのだろうか

zelloを使ったトランシーバー zelloがそもそもトランシーバーアプリなので意味不明な書き方ですが、そういうわけです。韓国r2gear社がクラウドファウンディングで出資を募っていたMK3。防水機能などを備えたトランシーバーの送受信部分を、スマホとBluetooth接続してその先にあるzelloやProPTT2に任せた製品です。

日本ではmakuakeで出資を募っていました。その際には先行割引で7千円台で出資が出来たようですが、現在市場に流れている製品は1台15,000円弱と、なかなかのお値段です。

特定小電力のトランシーバーのそこそこちゃんとした製品が2台セットで買えるであろうという価格帯。

手を出すべきか否か、悩ましいところです。幼い頃からトランシーバーには憧れていました。おもちゃのトランシーバーを買って遊んだこともあります。あれはすぐ壊れたなぁ。

今では携帯電話でその目的は達せられてしまうのですが、特定用途ではまだまだトランシーバーの方が便利な場面も多いです。業務利用で同報通信が出来るのは非常に便利ですね。

日常的に使うとなると、開局の手間も要らず、距離も携帯電話のエリアと等しいのですから、国を超えて使うことも出来るというのは面白いですよね。わずかながらタイムラグはあるものの、夢が広がります。


もっとも、この考察の大半はzelloについてのものです。MK3ならではという点は、トランシーバーライクな使い勝手、という点でしょう。しかもかなりタフなトランシーバーです。
とにかく雪山で使ってみたい 今日、友人家族とスキーに行ってきました。年に一度行けるかどうかという頻度なのですが、二年続けて実現できました。ここでMK3を使ってみたかったのですが、思い切りが足りず、これは実現できませんでした。

昨年も今年も、訪れたのはそんなに広くないスキー場です。現着まではLINEで事足りたし、現場では通話すら出番はありませんでした。

でも、各家の出発時からやりとりすると、楽しいんですよ。これは以前の旅行でzelloを使って体験しました。MK3 with zelloであれば、それをもっと手軽に体験できるわけです。MK3だけ子どもたちに渡しておけば、勝手にやりとりするでしょうし。

加えて、PTTボタンをピッと押して喋るあの感覚、あれは良いものです。非同期通話ですから、ある程度喋る内容…

Macのファイル掃除は標準機能だけでOK

イメージ
不安定の原因は起動ディスクの残量逼迫? ここしばらく、Macのフラッシュストレージ残量が20GBぐらいになってしまっていました。

それと並行してTimMachineによるバックアップもうまくいかなくなるし、日本語入力中にレインボーカーソル出まくるようになって、原因を調べたかったのですが、急ぎの仕事が立て続いたためにほったらかしになっていました。

やっと時間が出来たのでフラッシュストレージの整理をしたら残量が400GBを超えました。そして日本語入力中のレインボーカーソルが出なくなりました。原因はこれだったっぽいですねぇ。昔から、起動の残量が少なくなると不安定になると言われていましたが、20GBでは残りが少ないという時代になったのかぁ。

不要、かつサイズの大きなファイルから消しましょう ファイルを消す時のセオリーは、使っていないファイル、それもサイズの大きなファイルから消していくことです。そのために便利な機能を、Macでは標準で用意しています。確かSierra以降だったと思います。

画面左上のリンゴマークから「このMacについて」を選択します。
macOSのバージョンなどが表示されたその上に、いくつかのタブが並んでいます。その中から「ストレージ」をクリックします。すると、接続しているドライブの利用状況が表示されます。iOSと同じような感じですね。

ここからさらに「管理」をクリックすると、さらに詳細に利用状況を表示する画面が出てきます。アプリケーションが何GBインストールされているかや、ゴミ箱にどれくらい入っているか、書類はどれだけあるか、などなど。

一通りクリックしながら眺めると楽しいです。横カラムで詳細が表示される項目は、並び替えができます。サイズをクリックすれば、大きい順、小さい順に並べ替えてくれます。

書類の項目で大きい順に並び替えれば、無駄遣いの原因はすぐに探せるでしょう。私はここにGoProやPhantom4、DJI OSMOで撮影した動画データがやたら引っかかってきました。別メディアにコピーがあるものは削除。まだコピーしていないものは外付けHDDにコピーしてから削除。

リストからファイルを選んで、下にある「Finderに表示」をクリックすると、その通りにFinderに表示してくれます。近くには似たようなファイルがあるでしょうから、一緒にコピーするなりすると良…