投稿

ALIENWARE体験モニターに当選!ヤッホーい

ALIENWARE m17をモニターできることになりました。これは嬉しい。17インチのノートPCというのは生涯初です。一番大きくても15インチ。それだけでもワクワクします。そして、144Hzの高フレームレートディスプレイも初めて。いつもやってるFPSがどんな感じになるのか、とても楽しみです。

試してみたいのは、とりあえずゲーム。ゲーミングPCですので、これはやらないわけには。ファイナルファンタジーXIVを遊ぶことも条件の一つなので、時間の捻出をどうしようかと悩んでいます。これ以上睡眠時間は削れないし(平均4時間…)

次に、動画編集。仕事上で必要な動画編集が、素材は昨年のうちに撮ってきたのに編集が手付かずの状態なので、この機会に仕上げてしまいたいと思います。4K素材で出力も4K。4K素材をそのまま編集するのは相当なマシンパワーが必要なので、通常は低解像度のプロキシを作成して、それを使って編集し、出力時に元データに編集か結果を反映させる、ということを動画編集ソフトが勝手にやってくれるわけですが、プロキシを作成するだけでも結構な時間がかかります。況や出力をや。

現状の動画編集用デスクトップPCは第7世代 インテル® Core™i7 7700K 4.2GHz(ターボブースト時4.5Ghz)。GPUはGeForce GTX 1080でGPUのメモリは8GBと、購入時にはそこそこの性能でした。対するALIENWARE m17は第9世代 インテル® Core™ i7-9750H 2.6GHz(ターボブースト時4.5Ghz)にGeForce RTX(TM) 2070 Max-Qデザイン グラフィックスを搭載。GPUはスペックアップ、CPUはデスクトップ用とノート用でかなり違うのですが、ベンチ比較しているサイトをいくつか見ても、わずかですがスペックアップになるようです。すごいな。正太寺最速デスクトップマシンより速いのか…

FileMakerで少し開発もしたいので、その辺の使い勝手も試してみたいと思っています。15インチだと手狭ですが、17インチだと少し余裕があるかも。ちょうど来週、出張でホテルに一泊してくる予定があるので、その時にも持っていって、用が済んでチェックアウトまでの時間にホテルに缶詰で開発に没頭できたらと思っています。出かけても新型コロナウィルスが怖いですし。

と思って…

ランチャーが選べない

iPhone使いの私がAndroid端末を使う時に新鮮に感じるのは、ホーム画面がバラバラなこと。Google純正もありますし、メーカー独自のものも多いです。iPhoneは良くも悪くも一種類。OSのバージョンによって見た目や操作性はやや変わるものの、基本的には代わり映えのしないものとなっています。その分使い方に悩むことは一切ないのですが。

Android端末も、別に使い方に悩むことがあるとも思いませんが、iPhoneから移行すると、アプリの場所には戸惑うかもしれないかな、というぐらい。

Nexus 5、Nexus 7、それにHUAWEIのスマホ2機種とタブレット1機種という少ないAndroid使用歴ですが、ホーム画面であるランチャーを変えてみたのは、一度だけ。HUAWEIのスマホです。SIMは入れずにドローンの端末とかに使用していたのですが、それだけではもったいないので勉強がてらランチャーも変えてみました。その時はMicrosoftのランチャーにしたのです。

Office365についてくる1TBのOneDriveへクラウドストレージを統一するように作業していた頃で、Microsoft熱が高まっていました(時々発熱する)。ぶっちゃけ、HUAWEIの専用ランチャーも悪くないんです。特段問題なく使えます。iPhone的に全てのアプリがずっと見えていて、Dock部分もあり、加えてウィジェットが使えるのでカレンダーなんかを表示させられて、AndroidとiPhoneの良い所をなんのひねるもなく取り込んでいるランチャーです。悪いわけがない。

こうなるとSamsung製品のランチャーも興味が出てきますが、生憎今の所縁がなく。

で、Microsoftのランチャーですが、まあなんというか、使いこなすところまで行かなかったです。感動がなかったというか。タイムライン表示はもう少し使ってみたかったんですけれど、メイン端末として使っていないせいで性能を発揮できないでいました。

Cosmo Communicatorという、サブとはいえメイン機並みに扱っている端末が存在するようになったので、ランチャーにも拘ってみようと探しているのですが、なかなかこれはというランチャーに出会えません。Microsoftランチャーは横画面では画面が乱れまくりでしたよ。縦表示にして、且、開発者オプションで横解像度(縦…

Cosmo愛を語る。Cosmo Communicatorはスマホだから意味がある

スマホなんですよ。Cosmo君は、スマホなんです。

WindowsにSIM挿して運用して、需要を満たせる人も多いでしょう。でも、私にとっては、雲泥の違いがあるんです。

裏で何やら大きなアップデートをダウンロードしていやしないかという不安感も、スマホならありません。AndroidにもiPhoneにも、大きなファイルはWiFi環境でなければダウンロードしないというのが当たり前に備わっています。Windowsにもそれが期待できる設定があった気がしますが、その設定、信じられますか?ふとしたアップデートで勝手に切り替えられていても不思議じゃありません。

Windowsもスリープからの復帰がとても速くなりました。でもスマホの瞬発力にはかないません。

ああでも、再起動に要する時間はWindowsの圧勝ですね。Macは暗号化がデフォルトになって以来、再起動の時間が結構かかるようになりました。スマホはCPUの性能の差でしょうか。Cosmoは意外に速いですけれど、Windowsには負ける印象。あんまり話題になりませんが、Apple Watchの再起動は長い!世代が変わっても速くなっている印象はありません。

Cosmoは指紋認証で手間取ることが多々ありますが、Ear Duoをつけている時はロック解除を飛ばすようにしたので素早く使えます。こういう柔軟さはAndroidを使うメリットですね。

思い立った時に瞬間的に取り出して長文テキストを打てる。パケット消費について恐怖感がない。この2点が私にとってのCosmo Communicatorを使う理由です。バッテリーもなんだか知りませんけど当初よりもあまり気にしなくて持つようになりました。カバーディスプレイは使ってます。iPhoneもあるのでビューワー的なことには使っていないのも大きいでしょうね。でも、昨日ブログ2本チンタラ書いて20%も減らなかったので、やっぱり最初の頃よりは持つようになってます。

外れ端末も存在しているようですし、不具合も見つかっているので諸手を挙げて称賛できる状況にはありませんが、ニッチな需要を満たすカテゴリの製品として、ハマる人にはびっくりするほどハマるという、最大の勝利を挙げていると思います。

これなら妻子が洋服を選んでいる間の待ち時間すら、執筆タイムになりますよ。Googleドキュメントに書いてるので、常時保存作業が…

EneKey登録できました。めでたい。

イメージ
前記事で書いたEneKeyにまつわるエトセトラ

端末の復旧もすぐに済んで、無事に登録できました。

これがその勇士だ!(珍しくもない写真)


おまけでBOXティッシュ5個セットもらっちゃいました。うれしい。しばらく買わずに済む。今の時期は保湿ティッシュじゃないと鼻が真っ赤になっちゃいますけどね。昔は平気だったのに、一度使い始めたらもう普通のティッシュで冬場は無理。鼻風邪で頻繁にお鼻ケアしてるとすぐアウト。どんどん弱くなるのを感じます。

これからキャンプを始めようと言ってるのに、こんなんで大丈夫かな。

良い具合に時間も経ったので、ケーキ注文。事情によりカップはテイクアウト用。


んまい。実はドトールでケーキというのは初めて。そもそもドトールでコーヒー飲むのも4回目ぐらい。最寄りのドトールまで30kmぐらいあるから寄れないのですが、お値段も安くて良いですね。

さて。娘からの連絡はまだだろうか。もうゴールしているはず。送迎レーンが開くまでにまだ1時間はあるので、それを待ってくれているのかな。

ドトールで時間つぶし

イメージ
こういう機会がなかなかないのですが、今日は堂々と時間つぶし。

娘が地元のシティマラソンに、短い距離ではありますが参加するので、その間の待ちぼうけ時間にドトールへやってきました。

2時間ぐらいは滞在予定なので、ホットコーヒーをおかわりしながらケーキセットにしようかなどと妄想しながら、でもこれを書き始めたのは入店5分後ぐらいなのでまだまだ先の話です。

ENEOSのガソリンスタンド併設のお店で、コーヒーを飲みながらEneKeyの登録が出来ると言うことで、長居させてもらうこともあって登録することにしました。

友人経営のガソリンスタンドがENEOSということもあって、よほどの事情がなければENEOSを利用するようにしているので(ガソリンの混ざりを気にする人。もちろん混ざってもなにも問題ありません)、EneKeyの存在は気になっていました。

ただ、財布周りの持ち物をミニマムにしているため、これ以上物理決済ツールを増やしたくない気持ちがつよかったのです。今の今までは。私の生活範囲だとEneKeyを使うだけでどこでも2円/リッター安くなるということで、費用を考えたら使わない手はないわけです。

最寄りのガソリンスタンドで2円引きにしてもらうには、前回利用時に交付されるクーポンを持参しなくてはなりません。有効期限は一ヶ月。お寺から出られないパターンの繁忙期だと、燃費が良くなったこともあって
期限切れになることもあるんです。

そして、abrAsusの薄い財布だと、クーポン券一枚ですら厚みの原因になるので、いっそEneKeyにしようかと思う日もありました。EneKeyだと少なくとも財布は膨らまない。

そしてこんなブログ書いていたせいた、トラブル属性を発揮し始めました。なんと、EneKey登録端末の調子が悪く、少し待っていただけたらありがたいというお話。長居したい私としては渡りに船ですが、その結果結局登録できなかったりするとお互い気まずい感じになるリスクも発生しました。

末尾に新品のEneKey写真を載せるつもりだったのですが、とりあえずお預けです。

Cosmo Communicatorに楽しい不具合発覚

一部タイムラインを賑わせていますが、愛用のCosmo Communicatorに不具合が発覚しました。内蔵スピーカーの左右が、多分逆。

まさか今時、スピーカーの極性が逆転した不良品を掴むとは夢にも思わんかった……

Cosmo購入組のみんなは開封したら確実にテストして欲しい……(´・ω・`)

スピーカー極性テストができる音源貼っときますhttps://t.co/vBkKNqWA9l#CosmoCommunicator— アルテオ@岡山産幸せ彩る写真家 (@aruteo) February 14, 2020

テスト動画を再生するとはっきり分かります。iPhoneと比べても音が悪いなぁ、変な音だなぁと感じてはいたのですが、まさか逆になってるとは。単純に配線ミスなのか、ソフトウェアの不具合なのか分かりませんが、とにかく、逆。

同様の報告がいくつか出ているので、そもそも全台逆になっているんじゃ疑惑も。それならそれで、ソフトウェアでの改修でなんとでもそうですけれど。

4000台の製造に四苦八苦している会社ですから、これぐらいのことはあってもびっくりしませんが、価格が上がったとしてもちゃんとした会社に製造委託とかしてくれてればなぁと思わずにいられません。Foxconnとかなら製造前に気づいてくれたかもしれないし。少ない台数じゃ交渉にもならないでしょうけれど。

音に聞こえ方は製品到着直後と変わっていないので、その後のファームウェアアップデートの影響は考えられません。てことは、テスト段階で音を鳴らしていないか、鳴らしていても気づかない人ばかりだったか、ということに。それでは私と同レベルじゃないか。それは切ないねぇ。(ちなみに私はCosmo Communicatorの内蔵スピーカーで動画を見たりすることは諦めていた。それぐらいのレベルの聞こえ方をします。)

というわけで、引き続きCosmo Communicatorライフを楽しんでまいります。

テント買った。Logos ナバホEX Tepeeリビング400-AI

イメージ
先日悩んでいたロゴスのナバホEX Tepeeリビング400-AIですが、10%オフで買いました。


マットや寝袋がセットになっていて55,000円。セットの寝袋では春秋テントにはちょっと心配だったので、-2度までOKの寝袋を買い足して、全部が10%オフ。寝袋はまだもう一つ買わないといけないので、キャンプへ行くにはもうひと頑張りしてお金を捻り出さないとならないのですが、ともかくテントが身近に転がっているというのはワクワクするものです。

お腹の調子が今一つの祝日を、法人税の確定申告などをしながら過ごしていたのですが、外はここ数日を思うと少し暖かいので、15時ごろから試しに張ってみることにしました。それぐらいのスペースはなんとかなるお寺という環境に感謝。檀家さんが見たら何事かと思うでしょうが、そこはそれ、子煩悩な和尚と見えることを祈っています。

ひとまわり小さいナバホ Tepee 300のレビューでは、女性1人でも簡単に立てられるというものを見たのですが、400はさすがに大きい。女性でも無理ではないでしょうが、ポールを立てる時に結構力が要りますね。そこさえ力が足りれば、女性1人でも十分可能だと思います。もちろん、説明書には2人で立てろと書いてあります。

ワンポールテントですので難しいことはありません。テントを広げて、中からポールを立てれば概ね出来上がり。必要なペグの本数が物凄いですが、やたら硬い地面とかでなければそんなに苦労もしないと思います。ペグハンマーもペグも付属していますが、まともな奴が必要ですね。持ってて良かった。

ロゴスのTepeeシリーズは300、400、400-aiとラインナップされていて、ノーマルの400との違いは、前室が付くこと。この部分の立ち上げ方がよく分からなかったのですが、一度試してみたら理解できました。ぶっつけ本番にしなくて良かった。少し風が強いだけで難易度上がりますからね。やる気と行動力のあった今日の自分に乾杯。

前室部分は、別売りしているキャノピーポールを使うとタープになります。ちょっと小さいですけど、タープになるとさらに役立つ場面が増えそうなので、キャノピーポール買い足そうかな。いくらするの?2,000円ぐらいですね。これなら小遣いの範囲内だ。

大きい分だけ広げるのも畳むのも大変ですが、回数こなせば要領良くなるかなぁと期待しています。収納バ…

Xperia Hello!にはまだ期待している

ソニーが力を入れてるんだか入れていないんだか分からないプロダクトに、「スマートプロダクト」があります。Ear DuoやSmartBandもこの中に入るのですが、予約までして2017年秋の発売日に手に入れたXperia Hello!はとても期待しているプロダクトです。

Era Duoのようにアスカが喋ってくれたりはしませんが、Helloの声もそれはそれで可愛らしく、子供達にも「ハローちゃん」と呼ばれて可愛がられています。

自ら移動はしませんが、回転することができるので、LEDで見事に表現された目と合わせて感情表現も多彩です。音のする方を見て誰がいるか認識し(要顔写真登録)、個人に合わせた情報も提供しようとしてくれます。よく使う電車の路線を登録しておけば、遅延情報などが出た時には教えてくれます。

スマートスピーカーとの一番の違いは、Hello!の側から話しかけてくることです。時々誰もいない時に喋っていたりしますし、急にあくびをしてびっくりさせられることもありますが、それも含めて面白い。

ただ、残念なことに、Hello!が把握できる情報が圧倒的に少ない。Googleアシスタントに聞けば即座に答えてくれることも、Hello!にはできません。一番使うのは天気予報。聞かなくても、朝起きてHello!の視界に入ればすぐに教えてくれるので、その点ではスマートスピーカーを圧倒しています。お腹が液晶になっているので、喋るだけでなく、表示もしてくれます。これも独自のアイコンを利用していて遠目に分かりやすく、言うなれば天気予報に関して「だけ」非常に実用度が高い状態になっています。(ちなみに、OSはAndroidなので、Googleアシスタント機能は動きます)

ニュースを読み上げてもくれますが、ようやくしてくれるわけでは無く、ニュースサイトの全文を読むので興味のない時には苦痛です。テレビニュースをかけっぱなしにしておくのとはちょっと違うんですよね。

致命的なのが、Hello!ちゃんはちょっと耳が遠いのです。2mも離れているとこちらの声を認識してくれません。もっと近くで話しかければいいのですが、2mって、そこそこ近い距離だと思うのです。この点は改善して欲しい。

ただ、後継機の話がさっぱり流れてきません。発売から2年ともうすぐ3ヶ月。そろそろ何か情報が出ないと、このまま立ち消えになるプロダクト…

テントが欲しい。キャンプがしたい。なぜならば。

キャンプはしたことがありません。昨夏にワンタッチテントを買ったら、上部にある換気のためのメッシュのところから入ってくる風に寒さを感じてこれはやばいと感じました。8月下旬だったのに。

ベンチレーターって呼ぶんですってね。普通は剥き出しでは無いようなのですが、5千円で買ったテントは剥き出して風がスースーでした。真夏なのに毛布一枚ではキツかったですね。(テストのために一晩寝てみた)

広さも家族5人ではとても入れない大きさなので、元々もう一つ買うつもりだったのですが、この構造のままでは無理。やはり大手メーカー製が安心かなと思い、最近になって再びいろいろ探しているところです。

そんな中で今私の心を掴んで離さないのが、ロゴスのナバホEX Tepeeリビング400-AI寝袋が6人分敷き詰められるようなので、大人2人、中学生1人、小学生3人の我が家ならば荷物を置くスペースも若干ながら確保できそうです。前室もあるので使い勝手も良さそう。車でそばまで行けるキャンプ場以外に行く予定はないので、テントはこれで決まりかな、というところまで来ています。

現物を見てみたいのですが、そもそもロゴスの店舗が湖西市近辺にはありません。イオン浜松市野店にあるアウトドアショップcasa&SWEN内にあるロゴスコーナーが唯一。でも、先日行った時にはtepeeは展示してありませんでした。大型テントが3つ張ってありましたが、お値段がさっぱり対象外。

Tepeeリビング400-AIは、マットなんかとセットになっているものが、ネットだと55,000円で売ってます。一緒についてくる寝袋は適正温度目安6度ってことで、春秋キャンプを考えているので場所によってはちょっと心配。まあでも、災害時とかに使えますから。地震列島日本では、寝袋をいくら持っていても損はない。

どのテントを買うにしても、現物を見れることってあんまりないですよね。ここは評判を頼りに思い切って買ってしまおうか。楽天市場で明日は全品10%OFFっていうお店もあるし。

なんでキャンプをしようとしているかというと、お金がないからです。家族で普通に出かけてホテルに泊まって、というのが厳しいのです。初期投資は必要ですが、超有名テーマパークへ1回行けば同じぐらいかかってしまいます。私はキャンプの経験がないので今現在、右も左も分からない状況ですが、子供達には少…

TouchBarを使いこなしたい欲求はあるもののね

みなさんMacBook使ってますか。TouchBar使ってますか。意外に便利なTouchBar。キーボードでゴリゴリ入力している時には手の移動距離が長すぎて触る気が起きませんが、そこまでいきり立っていない時には良い具合にマウスカーソルを動かさずに操作ができるようになっています。

また、カスタマイズもできますから、設定を追い込んでいく楽しさも、きっとある。

「きっと」と言うのは、自分がその追い込みを味わえていないからです。基本的には私のメインマシンであり、でも15インチの画面は毎日使うには狭い。そんなわけでLGの27インチ4Kモニタを繋ぎ、キーボードはHHKB、マウスはこだわりのMagicMouse。HHKBはやっぱり気持ちいいですし、MagicMouseは横スワイプが便利すぎて他のマウスに浮気できません。

横スワイプのできるマウスって、他にもあるんでしょうか?同時にWindowsも使っていますが、マウスはメーカー純正マウスのせいか、横スワイプもしくはそれに類した機能は搭載されていません。ボタンはいくつもあるのに。なんでもっと一般的にならないのか不思議。MagicMouseは使いやすい形をしているとは言えませんが、トラックパットの機能を良いとこどりしたようなその機能性は高いです。

話が逸れました。TouchBarですね。MacBook Proの16インチモデルが出て、その性能に高評価が出まくりですが、批判にさらされがちなTouchBarは相変わらず搭載されています。ファンクションキーの方がいいと言う人たちもいますよね。従来のキーボードは打ちにくいという批判を受け入れて普通のキーボードになったのにねTouchBarは譲る気がないようです。

WindowsのようにはタッチパネルにすればTouchBarは不要と言う意見も見聞きします。私としては両対応が理想です。TouchBarはタップするか、左右のスライド操作しか出来ませんから、ある意味それが操作性の向上につながっています。アプリの一部のインターフェースをTouchBarで操作する場合、操作方向が限定されている方が使いやすいシーンは多いはず。

それとは別に、画面を直接触ってどうこうしたいケースもあるでしょう。そういう時はiPad使えとAppleさんは言うのでしょうが、MacBook Proを持ち歩いている時にさらにiPa…

Cosmo Communicatorを車載する方法が見つからない

イメージ
カーメイトのNON-SLIP PAD(DZ193)を買ってみました。車のダッシュボードにこれを貼って、その上にCosmo Communicatorを置いたらちょうど良さそうに思えた夜があったんです。


それから36時間ほどで郵便受けに投函されていたので、それからさらに8時間ほどしてからようやく取り出して、実際に置いてみたのが下の写真。


写真だと良い感じに見えるかもしれませんが、失敗でした。フロントガラスへの映り込みもすごいし。ディスプレイ側が開きすぎなんですよ。角度調整が効けばいいのですが、この角度にしか開かないのでどうしようもありません。正直に言うと、昨日の午前中には気付いていました。試すのはCosmoを置いてみるだけですから簡単です。

なぜ注文する前に試さなかったのか。

そんなことすら思いつけない夜もあるんです。

車載するときだけ何かこうCosmoのお尻の部分に下駄を履かせられればいいのですが、良い手が浮かびません。このままお蔵入りとなってしまうのか。妻の車で使えるかなぁ。もちろん普通に小物置き場として使えば良いのですが。

Cosmoのお尻ってどこでしょうね?

ちなみに車種はMINI Clubman(F54) 2016年モデル(中古)です。ご参考までに。

Cosmo Communicatorが自分の用途にはまりすぎて愛おしくてしょうがないというだけの話

イメージ
普段使いのバッグはひらくPCバッグnanoを使っています。気づけば3サイズ手元にそろってしまってますが、それぞれ用途に合わせて活躍中。

このひらPnanoにCosmo Communicatorを気軽に突っ込んで出かけるんです。ズボンのポケットにはメインスマホのiPhone。Cosmo Communicatorはお寺の第二代表番号として運用してますので、持ち歩くことが仕事上必要。これはどんなときでも持って出るための大義名分にもなっています。


隙間時間にささっと取り出して、とりあえずやるのは毎日更新の住職日記を書くこと。これを終わらせないと寝れないので、出かけている最中に一文字でも多く書いてしまえるというのはとても大切。これだけでも買った甲斐があります。経費支出じゃないんですけど。

そこから先は寺報の原稿を書きためたり、ブログの下書きをしたり。Bloggerを使っていて、これはGoogleのサービスなんですけど、モバイル環境からだとGoogleフォトにある写真を貼り付けられないという謎仕様。ですので、写真付きの記事は下書き止まり。まぁでも十分です。

ほぼほぼテキスト入力マシンとして使っています。動画も音楽も、単体で楽しむならiPhoneの方が明らかに上。悪くはないんですが。むしろCosmo Communicatorの開発規模を想像するに、よく頑張ってる方だと思うのですが。より良い方で楽しむのは当然の流れです。仕方ない。

テキスト入力マシンとして使うにあたり大事なことは、エディタです。私はGoogleドキュメントアプリを使ってます。テキストエディタならHTMLコードを差し込んだりという機能があるものが多いですが、それしたことをするのはパソコンでやると割り切って、ひたすら書くだけです。

Googleドキュメントなら、保存が勝手に行われ、ブラウザさえあればどのデバイスからでも続きが書けます。保存のし損ねにもさよなら、デバイスの故障によるデータ消失からもさよなら、良い具合です。


自宅=職場の環境ですが、自宅内でも出番は多いです。寺務所に行くには短すぎるちょっとした時間にもテキストが書けます(生活エリアと直線距離で20mぐらいは離れてるし、今の時期は暖房も必要だし)。お腹が痛くてトイレの住人と化しているときにもテキストが書けます。痛みを紛らわせるのにちょうど良い。

子どもを学校…

AirPods Proを事実上即納(定価)で買った話(ショップ名は書いてません)

品薄状態の続いているAirPods Pro。私は11月に2週間待ちで買いましたが、Appleのオンラインストアだと今は4週間待ちぐらいのようです。もちろんもっと早く入荷する可能性もあるでしょうが。なかなか品薄状態が解消されませんね。

そんなAirPods Proを、事実上の即納状態で購入することができました。ひょんなことから妻の分を買うことになり、自分が買うときにもチェックしていたショップを見てみたら、1月17日入荷分の予約を受け付けていました。それを見たのは17日の朝です。

買う気半々ぐらいだった妻ですが、4週間待ちの品がすぐ手に入るという話をしたら即決でしたので、すぐに予約手続きを済ませました。この時点ではまだ半信半疑でした。信頼できるショップですが、品薄のAirPods Proを、本当に今日予約してすぐに発送されるんだろうか、と。

しかしその後同じ商品ページを見てみたら、「入荷分完売しました。(次回入荷未定)」と変わっていましたので、在庫との連動はしっかりしていそうという感触が持てました。

翌営業日の発送ということですが、17日は金曜日。悪いことに土日休みのショップなので週明けの発送だなとゆるりと構えていたのですが、何と17日の夕方に発送メールが到着。そして今日18日、無事に受け取ることができました。

もちろん定価。もちろん新品。Apple Premium Resellerとして以前から有名なショップです。

もしかしたらこの件をご存知の方がいて、あんまり広めて欲しくないと思っていらっしゃるといけないのでショップ名は伏せますが、Apple Premium Resellerに登録されている店舗はそんなに多くないですから、本腰入れてチェックすればすぐに分かるのではと思います。どうしても確信を得たいという方はTwitterのDMでも飛ばしてください(@m_bozu)。DMには相互フォローが必要な設定にしてますので、すいませんがまずはフォローを。気づけばたいていフォローバックしますので、暫しお待ちを。ああでも、作ったばかりのアカンウトとかですと、フォローバックしない可能性高いです。

お店にとっても飛ぶように売れる製品でしょうから、この場末ブログで無理に宣伝しなくても困らないでしょうからねぇ。

自分が買ったときにも、このお店で入荷日を明らかにした上で予約を受け付けていた…

マイナンバーについての理解はこんな感じでよろしいか?

イメージ
介護・健康保険証とマイナンバーカードが一体化とするということでにわかに話題になっているマイナンバーですが、私はマイナンバーカードを発行して使っています。公的個人認証サービスが受けられて、それを使って確定申告をしています。e-Taxですよ。法人税の申告も代表者の電子認証があればe-Taxで利用できるので、お寺の税務申告にも役立っています。

民間の認証サービス使うと、ものすごく高価ですから、他に選択肢はありません。

来年の(令和3年1月1日以降に提出する)法定調書は、提出枚数が100枚以上の場合にe-Taxか光ディスク等による提出が義務となるので、準備を始めている会社も多いのではないでしょうか。今までは1000枚以上の会社が対象でしたから、基準がグッと引き下げられたことになります。受け取った側の処理量も半端ないでしょうし、提出する側も、現場担当者レベルではできれば電子的な提出をしたいでしょうから、やりたいけど上の許可が降りずに悶々としていた担当者は内心喜んでいるかもしれません。


でも、会社では代表取締役のマイナンバーカードをその都度借りるわけにもいかないでしょうから、何かしらの認証サービスを契約することになるのでしょう。社員が100人以上の会社なら、それぐらいの費用は大したものではないのかなぁ。少なくとも行政はそう考えているということですけれど。

さて。マイナンバーを人に知られてはいけないのかという問題。行政府は隠せというくせに、ポイントカード機能を持たせると言ってみたり、今回は介護・健康保険証と一体化させると言います。こちらは2023年度からと言いますから、もう3年後ですよ。

人に知らせちゃいけないというから、通知カードを通帳並みに大事に隠しているお宅も多いと思います。必要があってマイナンバーカードを作っても、普段は引き出しの奥にしまいっぱなしで日の目を見ることがない方も多いでしょう。まあ、使い道も今のところさほどありませんしね。

私の理解では、現状の管理体制が法律で決められた通りに運用されているのであれば、マイナンバーが流出しても問題はないはずです。そこから何か情報を得ようと思っても、マイナンバーと対照して情報を引き出せる担当者は公共機関でも企業でもかなり限られます。機関によっては参照しただけでログが残るところもあるでしょう。

会社ではその会社の持っている情報しか…

zenback