投稿

ネックスピーカーのAQUOSサウンドパートナーをポチッとした

影響を受けやすい人です Twitterを眺めていたら勝間和代さんのツイートがありまして、勝間さんのメルマガの「ウェアラブルネックスピーカーは何がすごいかというと、しているのを忘れること 勝間和代オフィシャルサイト」を読んだわけです。最近メルマガやブログで何回も取り上げているので、かなりお気に入りなご様子。

勝間さんのようにKindleの読み上げに使うかどうかは別として、嗚呼これは素晴らしい物だ、と直感し、数分でポチりました。Amazon万歳。願わくば、日本での売上に対する税金を日本に納めてくださいませ。もしくは日本の会社の皆さん、海外でガンガン稼いで日本で納税してくださいませ。

私は耳がかゆくなりやすいのです。耳かき大好きです。耳かきのせいで耳の中が炎症状態でかゆくなるのではという推測もあるのでしばらくグッと我慢して、結果耳の中がカリカリになったこともあるのです。そんなわけで、イヤホンもヘッドホンもかけっぱなしと言うわけにはいきません。途中でちょっと耳をこすりたくなるのです。

AirPodsを使っている時はちょっとかゆいのをさわりたくて片耳外すと、ご丁寧に再生が止ってしまうのが、便利なポイントなんだけど煩わしいということになっています。

それにたいしてウェラブルネックスピーカー。良いじゃないですか。至近距離にいる人には何を聞いているか丸わかりでしょうが、家の中で使うぶんには問題有りません。勝間さんによると
さあ、もう一度付け直そうと思った時になんとなく外した気分になって机の上を探してしまうんですけれども、よく考えたら首につきっぱなしでした、まぁ首輪みたいなもんです。 というぐらいに存在を忘れる軽さのようですので、肩こりの心配もそれほど要らないかも。こればっかりは使ってみないと分かりませんけどね。

PCと繋いだ場合のレイテンシーはどんなものかな。PUBGでもゲーム性に影響出ないようなら、ずっとこれで遊びたい。外の音も聞こえるというのは、とても大事です。子どもたちの寝室の音をモニターしている時もあるのですが(子どもというのは前触れなくゲロったりするのです)、Podcastにせよなんにせよ、ヘッドホンで聴いているとモニターの音を聞き逃してしまいます。ネックスピーカーなら、聞き逃さずに済むんじゃないかという期待が持てます。

そんなわけで、まだポチっただけなのですが勢いで…

KyashもPayPayも、お得な使い方を知っているのに波に乗れない

PayPayのチャージカードをKyashにするとお得なのは知っている ちなみにKyashからSUICAにチャージするとKyashのキャッシュバックが受けられるのも知っています。大抵のクレジットカードではもはや伝説となってしまったチャージのための決済に対する還元が、未だに有効なのですから驚きです。おそらくKyashだってそんな事は重々承知で、ユーザーを増やすために今はあえて還元を続けているんだと思いますが、もっとメジャーになったら廃止されるんじゃ無いかな。ということは、使うなら今、というわけです。
同じ理屈で、PayPayへのチャージによるキャッシュバックも、近い将来には無くなるんじゃないかと予想できます。他社のクレジットカードも今はポイントが付くんだと思いますが、そのうち対策されると思います。繰り返されてきた歴史です。
アメックスとダイナースに至っては、電気やガスといった公共料金の引き落としに対するポイントすら、通常のお買い物よりも半分のポイント付与率になってしまいます。なぜそんな理不尽なことをするのか理屈が不明なのですが、元々の付与率が高いというのもあるのかな。同じ1ポイントという表現でも、各社その価値が違いますから、単純な比較は難しいです。しかも交換する品物であったり、支払に充当する使い方であったり、マイルなど他社ポイントへ移行する場合であったりと、その都度で交換率が違いますから、本当に比較が難しい。ポイントを重視してクレジットカードを選ぶなら、自分が使いたい使い方に合わせてメインカードを選ばないともったいないことになります。
このあたはりまとめたサイトがいくつもありますから、それをひたすら見ながら比較して選ぶわけですが、マニアじゃ無きゃそんなとこまで比較しませんですよねとここまで書いて気がつきました。 ポイント二重取りでウハウハなのはよく理解している というわけで、現状ではKyashをうまく使うことでポイントの二重取りが出来てお得なのです。大変に(今のところ、Kyashへチャージするクレジットカードのポイントももらえる)。一日の利用限度額が5万円など、利用額に関する制限がいくつかあるものの、2%もキャッシュバックです。ポイント還元ではなく、Kyashの残高として付与されます。リアルカードも発行されるようになりましたから(しかもVISAブランド)、それを使え…

頻繁に更新していた頃とはだいぶ変わったモバイル事情

イメージ
最近のohsoのモバイル事情
ブログの更新間隔が年一ぐらいになっていましたので、現状の私のモバイル事情をさらりと書きます。

電話機能付きデバイスとしてはiPhone XS。

タブレットとしてはiPad Pro 12inch 第1世代。

デスクトップで使うパソコンは、MacBook Pro 15inch late 2016。フラッシュストレージ1TB、メモリは16GB。すんごい高価でしたが、メモリはAdobeの推奨環境(32GB)を下回るようになってしまいましたね…

モバイル用途のパソコンは、いろいろあります。書くこと多いです。その時々で持ち出す物は違うのですが、一番多いのは車載ナビとしても使うiPad mini 4でしょうか。パソコンでは無いですけれど、長文入力以外はなんとかこなせています。iPhone XSと比べると何をしてもレスポンスが悪く感じるので、アップデートをして欲しいところ。

ナビとしてはこんなに便利な存在はありません。車載ホルダーの選択が一番難しいですが、うまく設置できれば本来の車載ナビは不要になります。車載ナビからはナビ機能を削って、車の各種情報表示に特化してもらいたいぐらい。

次。住職としての立場上、急な知らせへの対応のひとつとして、お戒名を考えるシチュエーションがあります。出先でお戒名を考えたい、そういうシーンが想定される場合に持ち出すのは、GPD Pocket。良い機械だと思うのですが、悩ましい症状のひとつである、スリープから勝手に復帰してバッテリーを消耗する現象をどうしても止められず、出先で気軽に取り出して文章を打つ、という用途には使えていません。でもフル機能のWindows機ですので何かと便利です。お戒名を考えるのに必要な辞典類をストレージに格納してあり、お寺に戻るまでの間の時間にお戒名を考える、という用途に特化して使っています。

後継機のGPD Pocket2が出て、かな入力用のキートップシールも提供されるようになって興味はありますが、まだ2年も使っていないので買い換えには至っていません。シールだけなら自作も出来ますしね(でもキーの数が足りない問題がある)。そんな事情もあり、嫌々ローマ字入力をしているというのも、テキスト入力端末の座を射止められない要因です。

もっと本格的にファイル編集の機会が見込まれる場合は、Surface Pro …

Cosmo Communicatorにbackした話

イメージ
まずはPDA歴の回顧から 初めてPDAというものに触れたのはいつだったでしょうか。多分、Palmが日本に入ってきた初期の頃。Palm m100を買い、Palmという考え方に初めて触れました。その後、HandspringのVisorも買い、CLIEを何台か渡り歩きました。ちなみに、予定帳はm100以降、ずっとデジタル管理です。m100の発売が2000年のこと(ケータイWatchに「Palm、エントリーモデル「m100」の日本語版を9月9日発売」として記事がありました)なので、その頃からデジタルに移行したということですね。まだ20年経たないのか。

一番古い予定が、2000年10月15日9:40「いもほり」 今となっては意味不明、何も思い出せません…

Palmが勢いを失ってくると、SHARPのザウルスに移り、最後に使ったのはSL-C3200。そのうちにだんだんとWinodws CEが台頭してきます。小さなPDA市場ですから台頭といっても普通の人は知らない世界だったことでしょう。

たしか唯一だったと思われる私が購入したWindows CE機が、Softbankから発売されたHTCのX01HT。Macと同期をとるのに色々試行錯誤して苦労したのを覚えています。
Photo Embed by Google Photos そしてiPhone 3Gの発売を迎え、以降はiPhone一筋で今に至るわけですが、そのiPhone 3Gの発売日と確かほぼかぶるように発売されたWillcom D4も持っています。何やってるんでしょうね。
Photo Embed by Google Photos Palm時代はスタイラスペンでの入力しかありませんでした。そこそこ速く入力できたものの、長文入力はお世辞にも快適とは言い難い。そんな背景があり、Palmを離れてからはキーボード付きマシンに心を奪われることになります。

最たるものが通信機能も備えたWillcom D4だったわけですが、Windows Vistaの重さと、標準バッテリーで30分しか動かないという実用性のなさが一番辛かったですね。

オプション(予約特典でおまけでついてきた)大容量バッテリーを使って2時間ぐらいでした。子機をつなげでPHSとしても使えるし、ドックを使ってデスクトップでも使える、夢物語のようなムービーは今でも忘れられません。お金が…

モニター使用中のNew XPS13は、長期間使い込みたくなる存在感

イメージ
帯状疱疹に伴う体調不良のため、原稿を書いてから投稿するまでに随分間があいてしまいました。8月6日頃に書いたエントリーです。そーなんだー、と思いながら読んでいただけたら幸いです。 Dellアンバサダーのモニタープログラムに当選し、三週間ほどですがNew XPS13を試用する機会を得ました。仕事で書いている「住職のぼけ日記」が毎日更新のはずなのに滞りがちなので、その解消の一助として抱負を記入したので、それに沿った試用をしなきゃいけないなと思っているところですが、時はお盆。しかも酷暑。正直に言いまして、お盆が終わる15日以降にならないとまともに使う時間なんてないんじゃないかと感じています。とりまちょっとしたベンチでも取ろうかと。ついでに先日購入したSurface Proと比較でもしてみようかと、少し時間の取れた夜にこれを書いています。モニターでお借りしたNewXPS13は、4Kディスプレイと1TBのフラッシュストレージ、16GBのメインメモリーを搭載したモデルです。なにげにフルスペック。起動して最初に気になったのは、ファンの音です。通常のファンの音以外に、異音といってもいいような音が混ざっています。 #デルアンバザダー のモニターでXPS13を試用してます。三週間弱のお付き合い。そのファーストコンタクトでいきなり感じた不満が、こちらのファンの音。普通のファンの音に混ざってガラガラという音が出てます。個体差ならいいんですけど。#パソコンpic.twitter.com/OKskqjbxQG— m_bozu (@m_bozu) 2018年8月6日 モニター機として使い込まれたゆえの症状なのか、Dellとして許容範囲内の個体差なのか、どちらかといえば不良品に当たるものなのか、何とも言えません。ファンがあるはずのSurface Proがほとんど無音で使えることと比べると、静粛性能と、それに伴う心地よさの面では完敗です。つぎにサイズの比較。右がXPS。XPSはモデル名の通り13インチ(3840x2160)のディスプレイを搭載しています。一方Surface Proは12インチ(2736x1824)。ともにタッチパネルディスプレイ。単純にインチ数で比べたらXPSは一回り大きいのですが、とことんこだわった狭額縁のために、ほとんど差のない大きさです。ただ、個人的な好みは16:9よりも3:…

やっぱりMacが良いなぁ

イメージ
戯言ですよ?Mac派の方も、Win派の方も、気にしないでください。久しぶりに私のPC遍歴をどうぞ。10歳でMSXデビュー(兄購入のキングコング)その後自分でHitBitを購入したような気がしないでもないMSX BASICでプログラミングに触れる多分14歳ごろ、PC–8801FEと思われる機体を購入15歳でお寺のPC–9801R系列と思われる機体をいじり始める。HDD入ってた。高校でプログラミング(Fortran、COBOL、CASL)を体系的に学ぶ傍で、独学でCやマシン語も学習。時代はMS-DOSからMS-Windowsへ(3.0から使いだした)そういや大学でもawkとか習った気がする。文系大学だったのに。今思えば文系だからこそawkなんだなと納得できる大学在学中にLet’s note miniのA5サイズのを購入。型番覚えていない。モデル末期で20万ぐらいだったなぁ。リカバリ用のフロッピーが20枚とかついてくる時代。モニターとキーボード繋いでDelphiで楽しんでた卒業し、修行から戻ってからは自作デスクットプPC派に転向。ノートはVAIO派。C1とかSRXとか、最終的にはPも使ったなぁ。28歳ごろ、iBookを購入し、Macの世界に入門。1年ほどしてPowerBookG4 12も購入。本格的にMac派に転向。モニターとキーボードをつないでデスクトップとして使うことが多かった。2年後、業務用にMacBookPro15を購入。CPUがCore2Duoになったやつですね。購入理由が、Windows環境が必要になったから、って…1年後、妻との共用PCとしてiMacを導入WILLCOM D4買ったりとかその後業務用購入のMBP15は3台乗り継いで、現在のtouch barモデル(2016)に至っています。 その他にも、業務用にSurface Pro 3を買ったりしておりますが、基本的にはMacがメイン環境。17歳ごろからWindowsに染まってきて、28歳で転向して、現在42歳。いつの間にかMac歴の方が長くなっていました。非Mac歴というくくりで言えば10歳から18年ありますから、まだ及びませんが。メインがMacと言えども、世の中の世知辛さのためにWinodw機も業務、個人問わず常に平行保有しています。その上で感じるのは、一度Macに馴染むと、Windows10がどん…

MacBookPro 2016(with touch bar)のキーボードが、無償交換後タッチが少し変わったので再評価する

イメージ
MacBookPro 2016(with touch bar)のキーボードが、無償交換後タッチが少し変わったので再評価する 先日公表された「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」によって、愛機の使い勝手が少し良くなりました。トップカバー全体の交換ということで、キーボードはもとより、その下のバッテリーにいたるまで、ごそっと変わっています。交換前のキートップの印字は覚えていませんが、若干変わったような気がします。そういえば昨年、そんなマイナーチェンジがあったとか、読んだ記憶があります。キータッチは改善されました。それでもまだ、以前の普通のキーボード時代の方が良かったと思いますが、誤入力は確実に減りました。自分の感性に呼応するかどうかはともかくとして、実用性と言う意味ではようやく合格点に達した、という印象です。まだ言い方がマイルドですね。世代を追うごとに悪化してきたキー入力時のフィーリングが、2016モデルでついに及第点を下回ったのが、ようやくギリギリ水面上に顔を出した、という方が私の感覚に正直です。もっとも、まだ修理から戻ってきて2日目。昨日6,000字書いただけでの感想です。変化を感じない人がいてもおかしくないレベルだと思っています。同じキーボードを採用するMacBookも、初代より2代目の方がキータッチが良好と聞きます。店頭で触った感じでは、何れにしてもしっくりきませんでしたが。ただ、私のキーボードに対する感性は、世の中のマジョリティよりも少し道を外しているようで、玄人が絶賛するHHKBも、実はしっくり来ていません。Bluetooth版を買ったのですが、ちょっと深すぎる感じ。全部押し切らなくても入力できるので軽くタッチすれば良好な感覚なのですが、つい下まで押し切ってしまいます。これは訓練で乗り越えられるかもしれませんけどね。最初の当たりがちょっとキツイ気がします。一方、RazerのBlackWidow X Chroma JPはしっくり来ました。音はやかましいですが、非常にスムーズです。Mac用にも作って欲しいぐらい。音がやかましいというのも第三者に対しての感想であり、打っている本人は大変に気持ちが良いです。ああでも、HHKBの最初の当たりのキツさは、使い込むうちに馴染んで消えて行くんだろうか。少しだけ力が要るので、疲れるんです。…