Insta360 Go 欲しい欲しい欲しいけど動画があんまり見当たらない

Insta360 Go。例によって手に入れたら何ができるんだろうという妄想が止まらなくて困っているのですが、その妄想を補助するスパイスである実際の動画がなかなか見当たりません。日本での予約が始まってそろそろ10日。でも国内販売はまだなのです。公式サイトから注文すれば海外便で送られてきますが、今日の段階では5日から10日で出荷、とのこと。そこから3、4日はかかるでしょうから、今の段階だと国内で予約した方が早く手に入りそうな気がします。

予約開始の際の報道によれば、それから一週間ぐらいで国内販売が開始される見込みだったようですが、まだなんですよね。Amazonでは9月30日の発売と表記されていますし、ソフマップは9月中旬で書いてあったかな。こういう時のAmazonは信用ならないので、ソフマップを信用してみることにします。そうなると公式から買った方がちょっと早いのかな。いやでも、途中で何があるか分からないし、販売店での保証も考えたらソフマップかな。

まあそんなことを考えながら、自分ならどんな動画を作るだろうかと妄想するのです。めんどくさがって結局大した動画は作らず、アプリが自動で書き出すままのものを保存して記録として残すだけかもしれません。正太寺では現在坂東三十三観音を巡る旅を実施していて、来春の第二回行程に向けて今月はその下見に出かけます。下見の際には動画を撮って、本番のバス車内で上映してみんなに気分を盛り上げてもらうのですが、そのビデオの導入にInsta360 Goの映像が使えるんじゃないかとか、仕事目線でも考えてしまいます。

付属の充電器をiPhoneに直挿ししてデータを吸い出せるので、撮影したらすぐに確認ができます。お手軽ですよね。ガラスに貼り付ける吸盤も付属ということなので、車で移動する様子も撮るのが簡単。初めて撮影に使うデバイスは、期待した映像になっているかその都度確認しないと後から泣きを見ることになります。簡単に撮れて、すぐに確認できて。そしてAI編集機能「フラッシュカット」によって適当な動画を作ってくれる。AIなのか機械学習なのか分かりませんが。

車で移動中は窓に貼り付けて、車を降りるときに服に貼り付けて、ここぞという瞬間にボタン一つでクリップを撮影できる。それてその映像がスマホのそこそこ大きな画面で簡単に確認できる。iPadならもっと大きな画面になります。これは今までに体験したことがありません。

いやー、使ってみたい。これは使ってみたい。でもできればもっと成果物を見たい。公式のサンプルでは出来が良すぎて参考になりません。こんな風には絶対フラッシュカットは作ってくれないでしょう。作例が欲しいです。

とりあえず公式の動画を貼っておきますので、一緒に悶々としましょう。画角も数字が出てないんだよなぁ。十分広角だからいいんですけど。

コメント

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10