Cosmo Communicatorの電池持ち


5時半ごろから23時半まで、その間メールの受信はそこそこにしていますがあんまり使わず、20分ぐらい文章を書いたぐらいという省エネ利用で、現在バッテリー残量41%です。これに通話が加わるとどれほど減るのか分かりませんが、電池喰いの原因はカバーディスプレイと言われていますので、意外に電池持ちに影響が少ないんじゃないかとか楽観的に考えています。(カバーディスプレイの最初のアップデートは適用済み。Ver1.1.1.11)

メインはiPhoneなので、メールしたりTwitterしたりグルドン()ROMったりという廃人的な作業ではCosmo Communicatorの出番はありません。だから電池がそこそこ持っている印象。

でもこれからはお寺の携帯電話として使うことになるので、通話の機会も増えることでしょう。モバイルバッテリーの携行が必須になるか、それとも今後の各種アップデートで電池持ちが改善するか、乞うご期待ということろ。

WILLCOM D4の経験からすると、電池持ちの劇的な改善というのはないんじゃないかな、なんて思っていますけど。PLANETの技術力がSHARPを上回っていて欲しいものです。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。