持ち歩ける大画面がこれからの主流になって欲しいとは思うけど

今できる完成形はこれだと思う

いしたにさんが実践されてました。


どうみても羨ましい。Cosmo Communicatorですら高価なのに、Galaxy Foldはとても手が出ない。サムスン嫌いを克服してもなお、買えないものは買えない。

これがずっと探し求めていたものの完成形への入り口になっていると思います。画面が折りたためるようになった時点でゴールが近づいてきているのは分かっていましたが、こんなに早く形が出来上がってくるとは。

Foldの画面も大画面というわけではないですが、iPad miniのサイズをこよなく愛する私としては、ベストに近いサイズと言えるでしょう。実物触ってみたい。

追い求めているものが、現状のベストとは限らない

仕事を一つ退職し、お寺一本に集中できるようになった結果、出張は大幅に減りました。私が外でモバイルデバイスに期待する機能は、ポケットに入る大きさと、物理キーボード一体型、そして通信回線。出かけるときの大半は家族で行動します。その際の隙間時間に文字を打ちたいのですから、パッと取り出してすぐに入力できることが必須です。

ここまででしたらおそらくポメラが最適なのですが、通信回線が欲しいとなると選択肢は大幅に限られます。OSは、iOS、iPadOS搭載機が物理キーボードを載せてくることはないでしょうから、残念ながら選べません。Windowsが自由度高くて良いのですが、バックグラウンドで何をどう通信しているか分からないので、パケット消費量が怖くて安心して使えません。

消去法でAndroidとなります。十分に良いOSですが、iOS、iPadOSと比べると、ややストレスを感じるワンステップを強要されているような感覚を受けます。テキストファイルを保存するときに、保存先やファイル名を聞いてこられるのも非常に鬱陶しい。自由度に関して色々問題はありますが、iOS系列の割り切りの良さは素敵です。保存したいのであって、ファイル名をつけたいのではないのです。

短い隙間時間で対処するのですから、保存したいときにはとにかく保存ができれば良いんです。それを分からせてくれたのがiOSでしたし、それを知ってしまってからはもう元には戻れません。

そうした細かな点での人間への歩み寄りがiOS系列にはあるのですが、Androidはまだまだパソコン的。Androidの場合はアプリ次第、設定次第ではあるのですが、iOSは全アプリに簡単な操作を強要しているとも言えるのが大きな差になっています。

設定したら簡単になる、ステップを省ける、その程度では物足りないところまで来てしまったのです。

とはいえ選択肢はAndroidしかなく、デバイスとしてはも現状ではCosmo Communicator以外にはあり得ないのではないでしょうか。キーボードがここまでしっかりしているデバイスは貴重です。変態配列が苦しいですが、それでもJISかな入力がなんとかできます。指つりそうですけど。ローマ字入力の方が速そうな気がしますけど。私の頭の中はJISかなの配置で文字が浮かんでますから。

そんなわけで、これからまたCosmo Communicatorを愛でます。まだ手元に届かないBackerもいっぱいいますから。その方々の分まで愛でないと。後継機も出てもらわないと困りますからね。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。