マイクロソフトが週休3日だと成果4割増と報告したので全国的にそうしよう

適度な休みが成果を上げる証明

週休3日制でも生産性4割向上、日本マイクロソフトが新施策の成果発表(日経XTECH)

8月の労働生産性(社員1人当たりの売上高)は前年同月比で39.9%増えた。短時間で効率よく働くために会議時間を短縮したり、移動時間を節約できる遠隔会議が増えたりしたことが寄与した。「週休3日制」に対して社員の92.1%が「評価する」と答えるなど、定性的な満足度も高かった。

今年の8月に、マイクロソフトは週休3日制を試験的に導入しました。8月に5日あった金曜日を特別有給休暇として年次有給休暇とは別に支給する形で実施。オフィスも閉じたそうです。

さすがに営業部門からお客さんが仕事をしている時に休んでいる状況は辛いという不満もあったそうですが、逆を言えばお客さんも週休3日にしてしまえば解決!

とは日本では簡単にいかないんですけれど。でも休みを1日増やした方が成果が増すなんて、ちゃんと報告してもらえてよかったです。

睡眠時間も削るよりも確保した方が翌日のパフォーマンスに良い影響ができるというのは昨今声高に叫ばれています。それと同じで、休みの日数も実は週に3日が適正だった、ということではないでしょうか。

みんな仕事をするために生きているわけではありません。趣味と仕事が完全に合致していて、仕事しているのか趣味に没頭しているのかわからない人はいくらでも働いて大丈夫だと思いますが、仕事した分だけ余暇の時間も確保できなければ、なんのために仕事をしているのか、生まれてきたのか、分からないことになります。勿体無い。

どんな業種でも成果が4割増になるわけではないでしょうが、少なくともマイクロソフトと同業分野では同様の効果が見込めるわけです。使っている道具も働いている人の能力も違いますけれど。同様の効果を期待しましょうよ。

そうして週休3日のところが増えれば、他の業種もそれに合わせて働き方が変わっていくことになります。その結果、休みが1日増えることになれば、万歳じゃないですか。

お寺は最先端を行きたいけれど今は後追いが必死なので

お寺も週休3日にしていいかなぁ。修行にだってお休みの日はあります。曹洞宗では4と9のつく日はお休みです。お休みと言っても、規則に則ったお休みですので一般的に想像するお休みとは全然違いますけれど。。現在ではお休みの日であっても法事でも葬儀でも365日構わずに受けていますが、それが当たり前だとは思いません。休むことも修行の一環ですから、休む日にはちゃんと休まないと。

お寺の中での修行とお勤めは今まで通りだけど、法事や葬儀は週の3日は引き受けない、そんなシステムでも良いんじゃないかと思うんです。我々僧侶が求められているのが、単なる読経屋としてなのか、僧侶としての存在なのか、厳しく試されることになるでしょうけれど。

休みにした日にMavic Miniを飛ばしまくってる和尚は、だめですかねー、だめですよねー

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。