いつまで経っても個人間送金が普及しない

スマホ決済が普及してきて期待していたのが、個人間での送金が当たり前に出来るようになること。でもこれがなかなか、一筋縄ではいかない。

個人間送金の一番の使われ所は、飲み会での割り勘だと思います。幹事さんの苦労を思えば、きっちり割り勘じゃなく、100円単位で切り上げて渡すようにすると幹事さんは自分で自分にお疲れさまのビールを買うお金ができるというものですが、それにしても100円単位の金額を集めるというのもなかなか難しい。財布に都合良く小銭が揃っている人ばかりではないですし、空気を読まずに千円札しか持ってこない人もいます(私のことか?出かけてから気がつくんだよこういうものは)

以前から個人間送金のためのアプリはいくつかリリースされていますが、どれもこれも鳴かず飛ばず。

スマホ決済を普及させる立役者となったPayPayですら、個人間送金についてはまだまだです。(普及させた立役者という点は、悔しいが認めるしかない。あんなノーガード戦略を打たれたら誰も勝てないし、ああでもしないと日本人には受け入れられなかっただろう)

飲み会の席で割り勘をアプリで行うには、超えるべきハードルがいくつかあります。

・本人確認が不要であること
・クレジットカードから支払えること
・手数料がかからないこと
・出金できること

Line Payは本人確認が必要なので脱落。(顔写真付きの身分証があれば数分でできるようになったとはいえ、それやるぐらいなら現金で払うという人の方が多数でしょう)

PayPayはヤフーカード以外のクレジットカードからチャージできないので脱落。

この時点で、「何そのアプリ?」と聞かれずにインストールしてもらえるスマホ決済アプリ2大巨頭が脱落してしまいました。他にもいくつかあるわけですが、説明が必要な時点で選択肢となり得ません。個人的にはKyashを応援しているんですが、まだまだ知名度が低いですし、現金での出金に対応していません。これはKyashが前払式支払手段の提供事業者として登録しているためもあり、今後も対応する可能性は薄いと思います。ただし、上記4項目のうち、他の3項目はクリアしています。

Kyashは残高をネットストアにてVisaカードとして使えますし、後々リアルカードを発行すればそれこそ普通のカードのようにして残高を使えます。1日の利用金額やひと月の利用金額に制限があるものの、現金で出金できない点を補ってなかなか良い感じなんですけどね。

いかんせん知名度が低い。誰か潤沢な資金を注ぎ込んでPayPayの如く無理矢理なキャンペーンをさせてあげてください。

そして、PayPayがどのクレジットカードからでもチャージできるようになると最強になってしまうという事実。何のこだわりなのかヤフーカードのみという縛りを設けていますが、法律的な縛りがないのであれば、ここを解禁するだけで個人間送金最強の座を手に入れてしまうのです。

PayPayならそのまま支払いもできるお店が増えましたしね。タイミング良ければその支払いに還元キャンペーンとかが加わる可能性もあるので、幹事さんには喜ばれるでしょう。

そうやって囲い込んでから、徐々にサービス改悪とかされると困るので、PayPayに独占される前にライバルを仕立て上げなくちゃならないのですが。

ちなみにPayPayさん。実態のないものへの支払いには使えないんです。お賽銭とかね。賽銭箱にQRコード貼っておいたらもしかして!とか考えもしましたが、規約により使えないので、PayPayへの申し込みは取りやめました。もう少しで申し込むとこだった。

子どもを連れて家族5人で妻の実家の菩提寺へお参りする際、本堂に上がるのに5人分の小銭が、位牌堂でさらに5人分の小銭が必要になります。キャッシュレス生活の夫婦の場合、私と妻の財布を合わせてもなかなか揃わなかったりするんですよ。PayPayで払えればお賽銭の心配しなくて済むようになるなぁと思ったんですけれど。同じように困っている方が正太寺へお参りされる方の中にもいるはずだと思っているのですが、この辺、規約改正で一部許可とかされませんでしょうか。とりあえずまだしばらく手数料無料なので今のうちにと思ったんですけどね。

ま、それはともかく、個人間送金のパイを独占したら、その分の決済額を自分のところのサービスで使ってもらえるわけです。これはかなり大きな市場だと思うのですが、なぜ各社本気になって取りにこないんでしょうか?不思議でなりません。

頼むから、私の煩わしさを減らすために、がんばってください。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。