ウィルスとマスクの関係、分からないことがあるので誰か教えてください

巷ではマスクをしていないと非国民ぐらいの意見も聞きますが、どうにも解決できない疑問点があるので、分かる人教えてください。

新型コロナウィルスにせよ、既知のコロナウィルスにせよ、インフルエンザウィルスのせよ、どのウィルスもウィルス単体ではマスクのフィルターよりもはるかに小さい存在です。ただ、飛沫と同時に飛ぶ時には、飛沫にくっついている分だけ大きくなって、マスクのフィルターに引っかかります。ですから感染者がマスクをすることは有効である、とされています。

これは理解できます。ウィルスは最終的にマスクの内側に引っかかり、飛沫が乾燥すれば感染者の呼吸によって再び体内に戻っていくはず。顔についたウィルスは、それが口や鼻の近くでなくても、鼻呼吸だけでも簡単に体内に入っていくそうですので(それぐらい小さく軽い)、外に出るよりも先に、体内に戻るものと想像できます。

私が解決できずにいるのは、予防マスク。今の私の理解ですと、せいぜい、喉の乾燥を防ぐことで、喉の炎症の初期症状を早期に回復させるぐらいの効果しか無いと思っています。

新型コロナウィルスは無症状の感染者がいることが問題になっていますが、無症状ということは咳もないわけで、飛沫にくっついたウィルスがマスクに引っかかるという頻度も少なく、それよりも手についたウィルスからの感染拡大が問題だと理解しています。

マスクをしていれば手が顔に直接触れる機会を減らせると言われていますが、ウィルスはマスクの網目よりも非常に小さいのですから、ウィルスにとってはあってもなくても変わらない存在のはず。窓を閉めず網戸を閉めただけでは雨が振り込むのと同じです。

つまり、無症状感染者が感染拡大をすることを、マスクが止めるのは不可能である、となります。

そしていよいよ予防マスク。マスクをしていてもウィルスにとってはあってもなくても変わらないと理解している点は今までにも述べました。それが正解であるかは分からないんですけれど。

マスクをつけていない感染者の咳による飛沫を防げるという点も、近くにいる人が咳を一度するたびにマスクを取り替えるぐらいでなければ意味がないと思ってます。マスクの外側についた飛沫付きウィルスは、飛沫が乾燥によって蒸発した時点でマスクの網目よりも小さくなります。マスクを素通りできるようになったウィルスは、マスクをしている人の呼吸によっていとも簡単に体内に入っていくはずです。また、マスクに飛沫がつくぐらいの距離(2mぐらいでしたか)での咳であれば、マスクにだけつくわけではないでしょう。顔のどこについても、呼吸によって体内に入ってしまうはず。

あってます?

手が顔に直接触れる機会を減らせるから、手についたウィルスが体内に入るのを防いでくれるという話も、ウィルスにとってはマスクはあってもなくても変わらない存在なのですから、顔のどこか、それがマスクであっても、ウィルスが付着した時点でマスクをしている人の呼吸によって体内に取り込まれます。マスクがあるから取り込まれる数が減るというのもほとんどあり得ないでしょう。ウィルスはマスクを素通りするんですから。

ここまであってるとすると、予防のためにマスクをしていても何の効果もないことになります。それよりも、風邪の症状のある人がマスクをする。出来れば外に出ない。何かに触れば手にウィルスがついたと思って、手を洗う。正しい洗い方をするのは当然。

これぐらいしか、個人にできる対策なんてないように思います。

予防マスクが必要なくなれば、流通するマスクの量も増えるでしょう。ちょっと咳みたいなものが出る、というレベルの軽い症状の人が、マスクを在庫に躊躇することなく着用できるようになる方が、感染予防のためには良いことのように思います。

本当のところはどうなのでしょう?

マスク不要論も、マスク必要論も、どちらの意見も、主にはTwitterで読んでいるのですが、痒いところに手が届かない状態で腑に落ちるところまでいきません。助けてください。毎日悩ましいです。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

Cosmo Communicator でローマ字入力を試してみる

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク