無理矢理にでも使いたくなるm17のキーボード

※デル アンバサダープログラムのモニターに参加しています

HHKBという結構高価なキーボードを普段は使っているのですが、それを押しのけて、HHKBがある位置に無理矢理ALIENWARE m17を置いて日記を書いたりブログを書いたりしています。昨夜と今日の午前中と、滞在していたホテルでm17を使っていろいろ書いた感触が病みつきで、このキーボードをもう少し使っていたくなりました。


キーのストロークはHHKBのほうがはるかに深いです。4mm。対するm17は確か1.7m。打鍵の圧が強いとすぐに底打ちしてしまうのですが、私はもともと圧が弱いのでかえって滑らかに打てます。PowerBook G4 12インチに近い感じがします。もうちょっと深かったかもしれませんが。懐かしいな。

作家ではないので一日に万の文字を打つことはありません。興が乗れば数千字を打つという程度。たいしたことはありません。たいしたことはありませんが、こだわりはあるのです。変なキーボードだと指の関節が痛くなったりしますしね。


すっかり欲しくなっちゃってます、m17。仕事マシンはMacで統一していきたいので、個人用途のAcer Nitro5の後継にしようかな。今使っているNitro5は、文章を打つとなんだかミスタッチが多く、タッチパッドの使い心地はとても悪いです。m17はタッチパッドもなかなかいい出来。ただ、Nitro5はゲーミングPCの中では格安なので、高級機であるALIENWAREと比べる対象ではありません。ちゃんと比べるならPREDATERシリーズであるべきですが、今回のm17のように試用するわけにはいきませんからねぇ。田舎だと展示機に触れる機会もないですし。

ただまあ、試用しているm17はRTX2070搭載のほぼ30万円コースですからねぇ。

って、ちょっと待って。3月16日まで45,000円オフで売ってるよ…SSDを512GBに挙げてもプラス9,500円。なんだこれは。安いじゃないか。

いやいや待て待て。Nitro5は13万円ぐらいで買ってるんだ。10万円も高いじゃないか。そんなお金あるわけないじゃないか。だいたいNitro5もまだ1年半ぐらいしか使っていないし。あー、もー。だれかプレゼントしてください。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

Cosmo Communicator でローマ字入力を試してみる

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク