新しいiPad Proが出たので計算してみる

昨年もこの時期に行われたサイレントアップデート。今年もあるんじゃないかと界隈では盛り上がっていましたが、本当にありましたね。

今日までのところ、iPad Pro、Macbook Air、Mac miniがアップデートされています。どれも粒揃いのアップデートで、今すぐ買っても当面不満を抱くことがないんじゃないかな、という印象。iPad Proに関してはプロセッサーがiPhoneと同世代にならなかったため、もしかしたらもしかして、秋にでも更なるアップデートがありやしないかとやや心配はありますが。

私はそんなiPad Proが欲しい。初代、まだ9.7インチのiPad Proが出る前の12インチモデルを使っています。買ったのは2015年の12月だったかな。4年4ヶ月近く経ちますが、それなりに快適に動作しています。ナビやお経本などとして活躍しているiPad mini 5と比べてももたつく場面がありますが、許容範囲内。

ただ、最新モデルと比べると性能差は計り知れません。新iPad Proは3月25日発売ということなので、旧来モデルはまだ現行品ということになりますが、その現行iPad Proであっても、4K動画を編集して4K30pで書き出すのに、だいたい実時間で書き出せるという話です。自分で試してないので各ブログ記事を頼るしかないのですが、10分の動画を10分で書き出せるなんて、かなりの高性能です。もちろんフィルターとか色々かけると負荷が増しますから、いつでも実時間出力などというのは夢幻ではあるのですが。

撮影した動画をAdobe Rashで荒編集して、MacなりWindowsなりのAdobe Premiereで仕上げ編集とかであれば、何の不満もなく使えるスペックだと思います。来週のiPadOSのアップデートでトラックパッドやマウスも普通に使えるようになるようですしね。

動画編集の機会は少ないと言えども正太寺にも必要で、もしこれが気軽に出来るようになれば出力頻度も増えるかも、と思うのですが、これは実は考え方を逆にしなくてはならなくて、すでに出力頻度が高い状況であれば効率化に大きく寄与しますが、iPad Proを買ったからと言って動画を作る頻度が高まるというとそうでもない、というのがリアルな姿ですね。

でもぶっちゃけ、メインマシンのMacBook Pro 15 2016よりも快適に動画編集できそうで…トラック数などに縛りはありますが、それこそ切り貼りメインの荒編集なら問題ないわけで、何ならiPad Proで直接動画を撮ってもかなりの品質であり、本当に正太寺としての動画を公開する頻度が増えるかもしれないという期待が持ててしまうので悩ましい。

ちなみに。プロセッサーの世代としては同じ世代であるiPad mini 5も、4K動画編集後の書き出しに要する時間は、同じく実時間程度らしいです。あれれ?最新のA13世代を搭載するiPhone 11達ですとさらに短時間になるそうで、秋にもしA14を搭載するiPhoneに続いてiPad Proのさらなるアップデートがあったら、これはちょっと考えものです。iPad mini 5でiPad Pro相当の書き出し時間ですし、4K動画編集時にストレスはないという情報も得ています。あれあれ。ただ、画面サイズという限界はあります。Lightning経由では動画の取り込み時間もかなり長くなりまするiPad mini 5で直接撮ったのであれば問題ないですが。

細かいことを言えば、Adobeの場合はCreative Cloud ストレージを使って、PCで取り込んだ映像の編集用に軽量化されたデータを使ってiPadで編集することができるので、ネットワーク速度が速ければ、iPadに直接取り込むよりも高速に編集を開始できます。でも、書き出しはPC側で行わないといけないので、A12プロセッサのパワーは活かせない、と。元データはPC上ですからね。そういうことを考えると、USB 3.1 Gen 2を搭載のUSB-C端子を持つiPad Proシリーズは、動画の取り込みから編集、出力までを高速に行える貴重なデバイスということになります。

というわけで、気を取り直して計算です。
iPad Pro 12インチ、512GB、セルラー版は154,800円。第二世代Apple Pencilが14,500円。キーボードやマウス・トラックパッドは手持ちのものを流用する最低限度パックのお値段は、計169,300円の消費税で、186,230円。もうちょっと足すと高性能スタイリッシュなゲームミングPCが射程圏内になってきますね。

Appleは今月末まで、24回払い金利手数料無料のキャンペーンをやっているので、それに合わせて24で割ると、一月あたり7760円。一日あたり255円。

255円ですって。すっごく安くないですか?

255円で可能性が買えるなら、格安だと思いますよ?

それに、登場直後の今買えば、当分の間最新iPad Proとして名乗れますし。お買い得感ハンパ無い!

現実問題として、給料以外に一日255円を稼ぎ出すって、かなり大変です。このブログの収入だとさっぱり足りていませんし、こんなにあったら小躍りするレベル。

冒頭に書いたようにプロセッサの世代がiPhone11よりも古いためにすぐにアップデートされはしないかという不安はありますが、そもそもの性能が4K動画の編集書き出しに十分である点を踏まえれば、今買っても何ら(私にとっては)不満はないことになります。

とはいえやはり価格がなぁ。ALIENWARE m17、かなり良いのでいつか手に入れたいと思うと、なるべく支出は抑えたいという気持ちになってしまいます。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

Cosmo Communicator でローマ字入力を試してみる

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク