Cosmoのキーボードは控えめにいって最高である


結局はローマ字入力に落ち着いています。Fnキーとのコンビネーションが不要なのはやはり楽ちん。GPD Pocketよりもだいぶ打ちやすいのでJISかな入力ができないことにはやや無理矢理ながら納得しています。GPD Pocketよりも横幅がそこそこあるからでしょうね。

普段はMacにHHKBの組み合わせで入力してますから、それと比べたらさすがにペチャペチャキーボードではありますが、このサイズ、そしてスマホであるという点は加点対象として大きいです。

静かなカフェだとちょっと打鍵音が気になると思いますから、にぎやかな場所の方が向いています。メカニカルキーボードほどには騒がしくないですが、それでもちょっと迷惑になる可能性はあると思いますよ。

キーの引っかかりがあるという話もTwitterには流れていますが、私は全然気になりません。JISかな入力で打っていたため隅々のキーまでまんべんなく使いましたが、不快な動作はないです。

それより、時々ATOKが起動してこないことの方が気になりますね。ひらがなが打てるのに、変換候補が、それが表示されるべきエリアも含めて現れません。ATOKアプリに一度切り替えると復活します。なんなんでしょうね。

ATOKについてはもう一点。PC版と比べておバカすぎませんか?一太郎バージョン3の頃から使ってますがもしかしたらその当時よりもおバカかも。

ATOK Syncで単語登録を同期してくれるので、仏教の専門用語もスッと出てくるのですが、普段の変換がいくらなんでも、と感じます。

最近のmacOSのライブ変換が非常に優秀に感じるほどです。

でも。

さて。次はなんの文章をCosmoで打とうかな。それぐらいに楽しいですよ。まだ未着のみなさんの分も、早く届きますように。この楽しみを分かち合いたいです。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。