コピー機から解放されたい

コピー機大好きです。夢がありました。なんでもコピーできるし、プリンターにもなるし、スキャナーにもなる。スピードも速い。最近の機種はスリープからの復帰も待ち時間なしですからすぐ使える。ボタン押して1分ぐらい待つなんて経験、遥か昔のことのように感じます。便利。素晴らしい。

ですが、正太寺でコピー機を維持していくのはそろそろ辛くなってきました。リース料が毎月2万円ぐらい、カウンター代が基本料3千円ぐらい。毎月最低でも23,000円かかるとなると、果たしてそれは得策だろうかということになります。

割高に感じるコンビニでも2,300枚コピーできます。毎月ですよ。そんなにコピーしないし。プリンターとして便利なので難しいところですが、インクジェットの品質でよしとすれば、A3ノビ対応の高級機とA4まで対応の複合機を買い揃えても、リース料の1年分ぐらいでお釣りが来ます。

数百部の印刷はネットに展開している印刷屋さんに依頼すれば、そんなに時間もかからずに届けてくれますし、地元の印刷屋さんに頼んでもコピー機の維持費を考えればおそらく安上がり。なんならA4カラーレーザープリンターも買っておけばスピードもカラー印刷もだいたい事足ります。トナーやインクカートリッジの値段を考えても、リース料を上回ることはないでしょう。

どう考えてもコピー機は正太寺にオーバースペック。コピー機以外の選択肢が充実しすぎてしまったせいもあります。5年リース契約なのでまだ後2年か3年は残ってますが、そのタイミングで解約をするか、再リースで安く使うか、検討しなくては。

おそらく30年前にはすでにコピー機がありました。これがなくなったらどれぐらい不便になるのか分かりませんが、経費がかなり削減できるのと、寺務所が広くなるのは間違いありません。不便さと天秤にかけても、不便を我慢する方に傾くでしょうね、どう考えても。

だって、コピー機を諦めれば、2年ごとに最新のMacBook Proが買えちゃうんですよ。すごい金額です。近年赤字になっている分の埋め合わせをしてかなきゃならないので当分備品購入には充てられませんけど。

これらを念頭に置きながら、コピー機に頼らない仕事の仕方を少しずつ実践しています。まあそもそも、私がコピー機を使う頻度は今ではかなり少ないんですけどね。師匠がなんて言うかな。一番の障壁は、そこかな。でもお金ないしね。

コメント

zenback

このブログの人気の投稿

夢のようだ・・・

iPhone11シリーズは3D Touch非対応に

mail-entry.cgi説明書