MacBookPro 2016(with touch bar)のキーボードが、無償交換後タッチが少し変わったので再評価する

MacBookPro 2016 キーボード交換後のアップ

MacBookPro 2016(with touch bar)のキーボードが、無償交換後タッチが少し変わったので再評価する 先日公表された「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」によって、愛機の使い勝手が少し良くなりました。トップカバー全体の交換ということで、キーボードはもとより、その下のバッテリーにいたるまで、ごそっと変わっています。

交換前のキートップの印字は覚えていませんが、若干変わったような気がします。そういえば昨年、そんなマイナーチェンジがあったとか、読んだ記憶があります。

キータッチは改善されました。それでもまだ、以前の普通のキーボード時代の方が良かったと思いますが、誤入力は確実に減りました。自分の感性に呼応するかどうかはともかくとして、実用性と言う意味ではようやく合格点に達した、という印象です。

まだ言い方がマイルドですね。世代を追うごとに悪化してきたキー入力時のフィーリングが、2016モデルでついに及第点を下回ったのが、ようやくギリギリ水面上に顔を出した、という方が私の感覚に正直です。

もっとも、まだ修理から戻ってきて2日目。昨日6,000字書いただけでの感想です。変化を感じない人がいてもおかしくないレベルだと思っています。同じキーボードを採用するMacBookも、初代より2代目の方がキータッチが良好と聞きます。店頭で触った感じでは、何れにしてもしっくりきませんでしたが。

ただ、私のキーボードに対する感性は、世の中のマジョリティよりも少し道を外しているようで、玄人が絶賛するHHKBも、実はしっくり来ていません。Bluetooth版を買ったのですが、ちょっと深すぎる感じ。全部押し切らなくても入力できるので軽くタッチすれば良好な感覚なのですが、つい下まで押し切ってしまいます。これは訓練で乗り越えられるかもしれませんけどね。最初の当たりがちょっとキツイ気がします。

一方、RazerのBlackWidow X Chroma JPはしっくり来ました。音はやかましいですが、非常にスムーズです。Mac用にも作って欲しいぐらい。音がやかましいというのも第三者に対しての感想であり、打っている本人は大変に気持ちが良いです。

ああでも、HHKBの最初の当たりのキツさは、使い込むうちに馴染んで消えて行くんだろうか。少しだけ力が要るので、疲れるんです。最近、キーボードで文章を打っていると、指の第二関節が痛むようになってしまったのですが、HHKBはそうなっている状態で打つのが少し辛い。

その点だけはもしかしたらMacBook Proのキーボードの方が優しいかもしれません。ちなみに、MacBook Air(mid 2013)のキーボードが、最近重く感じます。そういう指限定の感想かもしれませんので、あしからず。ですから2012年ごろのMacBook Proのキーボードも、今使ったら重く感じるのかもしれませんね。あの頃は最高だと思っていたのに。

そんなこと言いつつ書いているこのエントリーは、前半はiPad Pro 12inch(初代)のソフトウェアキーボード、後半はHHKBで打っております。数時間の間が空いてますが、指は、すでに鈍い痛みを感じ始めております。

キーボードを買い漁るよりも、この指をなんとか治療することの方が先決のような気がして来ました。どこかいい整形外科、無いですかね。今すでに別件でかかってはいるのですが…

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

車を運転しながらメモを取る。取れない。