遅ればせながら楽天モバイルについて調べた


TAC Podcast 2で話題の楽天モバイル。もちろん手放しで褒めているわけではなく、Rakuten Miniの技適問題については厳しい意見を出したりと、大変信頼度の高い紹介をしてくれていて、そろそろ300万名限定の初年度無料をお試ししてみようかな、なんて思わされました。

よくよく見たら「増減の可能性あり」と注意書きがされていて、場合によっては増やすことも十分あり得るなと思ったのですが、シェアを優先するのか収益化を優先するのかで判断が変わってきそうで、試すなら早いうちに、という世の真理に従った方が良さそうです。

私が使うならばiPhone XSでのeSIM運用ということになり、サービスイン当初は茨の道だったと思われます。最近はRakuten LinkアプリのiOS版も登場して、最初の手続きがだいぶやりやすくなったのではないでしょうか。(初期バージョンはeSIMだとアプリが起動しなかったらしいけど)

私が住んでいる静岡県湖西市は当面サービスエリアには含まれそうにありません。最寄りでも名古屋市。政令市である浜松市ですら、かけらもエリアに入っていません。

期待しているのはauエリアを使えるローミング機能。今の所混雑時間帯の速度制限も無いと思われるのです(混雑しているからその分は速度が落ちる)

IIJmioを使っているのですが、お昼と夕方の通信速度制限がかなり厳しめなので、それを迂回する目的として、十分に役に立ちそうなのです。月間5GB通信できて、その後も1Mbpsに制限されるのですが、それでも昼・夕方のIIJmioよりも速度がはるかに出ています。Google Mapsが描画されないんですからね。

ランチタイムに妻と出掛けたせっかくのひと時、次の休暇にどこへ行こうかと相談するのに、お互いIIJmioなのでiPhoneがほぼ機能しないのです。

今はコロナ禍のせいでランチタイムに出かけることすら激減していますけどね。隣町浜松市でクラスター発生ですよ。全国ニュースにならないのが不思議なほどの人数が感染しているのです。1400万人都市の東京で200人台で騒いでいるなら、80万人都市でいきなり30人、その後も順調に増えているクラスターを報道しないのはなぜなのかと不思議でなりません。東京キー局にとって関東圏以外は日本では無いのだろうか。

最初の事務手数料さえ負担すれば(でもポイント還元されるらしい)、1年間無料でお昼と夕方に安心して使えるというのは良いものと思います。

iPhoneで使う際に、待ち受けとしてはSIMとeSIM、双方の番号で同時にできるということです。これは長らく疑問に思っていたのですが、調べたらすぐに解決しました。iPhoneのサポート情報にも掲載されています。「eSIM でデュアル SIM を活用する

利用するための障壁はありませんね、これは。壁は、1年後に忘れず解約することだけです。解約はWebで即時にできるので、これは楽天グループにしては珍しく非常にユーザーフレンドリーな設計です。コスト削減なんでしょうけど、クレジットカードとか、解約に電話が必要で面倒ですよね。契約が簡単にできるんだから、解約も簡単にできなきゃ嘘でしょう。楽天モバイル、ちゃんとしていて素晴らしい。

あー、どうしよう。今更iPhoneで使う上でも記事にするようなドタバタ劇も起こらないだろうけれど、ネタ目的でなくても使う価値はありそうですね。急にエリアになるかもしれないし。今23:47。これなら明日契約した方が良いですね。よし、明日の昼間に契約しよう!

——————————

何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
住職としての日記を毎日書いています。ついでにどうぞご覧ください。


コメント

zenback

このブログの人気の投稿

夢のようだ・・・

mail-entry.cgi説明書

Cosmo Communicator、アップデート出たよ