Cosmo Communicatorの利用シーンを夢想しながらその時を待つ

WWDCでiPadOSが登場して和気藹々の雰囲気ですが、私としては、多分秋頃には届くはずのCosmo Communicatorが楽しみで楽しみで。

JISかな入力ができる予定のキーボードがまず一番なのですが、サイズ感もiPadを持ち歩くよりは楽そうですし、使わないと思うけど通話もできるし。
何より最近お気に入りのXperia Ear Duo(XEA20)の母艦になる存在として、楽しみなのです。

Ear Duoは現在のところはHuawei P10 liteにくっついているのですが、Ear Duoが話し始めた直後の3文字ぐらいが右耳からしか聞こえないという残念な状態。多分高性能のマシンにペアリングしたら、解消されるんじゃないかと思っています。iPhone XSとペアリングした時にはバッチリなんですよ。

今回のWWDCで発表されたOS群が正式リリースされるのも秋ですよね。Cosmo Communicatorが届くのとどちらが早いか。

もっとも、AppleのOS群がリリースされても、最新のiPadを保有していない身としては、さほど使い方に変化が出るわけではありません。Cosmo Communicator到着のインパクトには及ばないと思います。今、これを書いているのは最前線を引退したMac Book Pro Reina Mid 2012ですが、晩御飯の後、仕事に取りかかれる21時過ぎぐらいまでの間の時間に、ダイニングテーブルへ引っ張り出してきて使っています。これがComso Communicatorに多分置き換わることでしょう。出先で使っているGPD Pocketもおそらくその立場をとって代わられるでしょう。SIMが刺さらないのが一番痛い。

もっともGPD Pocketは、旅先でも常に使えるようにスタンバッテおきたいWindowsアプリがあるので、そのためだけに永遠に必要とされます。そういうすごいポジションにいます。

あとは、どれだけの通知をEar Duoに知らせてもらうかの選別が課題です。Cosmo Communicatorは常時携帯できません。公式のイメージ映像だと電話として携帯しているけど、実際には無理でしょそれは。
そうなると、限定的になってしまって、Ear Duo活用という点では面白みが少ないです。さあどうしよう。無理だと思いつつも常時携帯するしかないのであろうか…

(文中の写真は全てINDEIGOGOのページより引用)

コメント

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10