AndroidでiCloudカレンダーを使う

Android端末にiCloudカレンダーを表示させる方法を時折調べていましたが、ようやく解決策が見つかりました。

Sync for iCloud」というAndroidアプリを使います。Google Play Storeから入手できます。インストールすると「iCloudのコンタクトの同期」というアプリ名になります。同期したいのはコンタクト(連絡先)じゃないし、同じ開発元からコンタクト同期用のアプリも出ているのですが、なぜこのアプリ名になるのか意味不明。
アプリを起動して設定を完了すると、アカウントに「iCloudのコンタクトの同期」という名前の新しいアカウントが作成され、そのアカウントが所有するカレンダーとして、iCloudカレンダーが使えるようになります。厳密には、Sync for iCloudが常にバックグラウンドで動いていて、iCloudカレンダーとの間で同期をしている、と思われます。何分間隔で同期するかは、アプリの説明から見つけられませんでした。不便に感じないから、15分くらい?

今まで結構苦労したのに、あっさり解決です。便利。バージョンが11なのですけれど、何年前からあるんでしょうか。なぜ今まで気づかなかったのだろう…

これまで、Xperia Hello!にiCloudのカレンダーを喋って欲しくて、試行錯誤をしてきました。最終的にはIFTTTを使って、iCloudカレンダーに新規項目が追加されるのをトリガーに、そのままGoogleカレンダーへコピーするアプレットを作って、一方通行ではありますが十分に用を足しているので満足していました。

ところが、またしてもXperiaからの刺客です。Ear Duoを買ってしまったため、Ear Duoに予定を喋ってもらいたいのです。Xperia Hello!用のGoogleカレンダーを喋らせるのは簡単なのですが、それではちょっと物足りない。

Xperia Hello!が家庭内の共有物であるのに対して、Ear Duoは着用者専用です。外界の音とマージされて届く通知メッセージは、さながら秘書が隣で教えてくれるような感覚です。(秘書がいたことはないので、実際に秘書がいる人に使ってもらって感想を聞きたいところです。)

秘書ならば、もっと細かなことまで教えてくれます。Ear Duoにもそうあって欲しいんです。カレンダーに事細かな1日の行動を書き込んでおけば、それを教えてくれます。また、近い将来、Cosmo Communicatorが手元に届いたら、Android端末として初の本格運用を行う予定です。カレンダーもCosmo Cmmunicatorから登録したり、修正したりということも増えるでしょう。そのためには、直接iCloudカレンダーが表示できるか、安定した同期が必要でした。

直接表示は未だ実現しないようですが、同期でしたらSync for iCloudが十分に役目を果たしてくれそうです。これで安心してCosmo Communicatorの到着を待っていられます。

ちなみに、カレンダーをGoogleカレンダーに移行するというのは、諸々の事情により不可なのです。あくまでもiCloudカレンダーの利用が大前提。Apple端末には簡単にGoogleカレンダーが表示できるのに、逆は何でできないんでしょうね。Googleにとってもメリットが大きいと思うんですけれど、Appleが変な制限でもかけているんでしょうか…

コメント

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

車を運転しながらメモを取る。取れない。

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10