Infinite Officeで外出先での作業環境は変わるのか

今とても期待しているのが、FacebookがOculus Quest 2で実験を始めようとしているInfinite Officeです。

Questをかぶるとそこに仮想のデスクトップPC環境がある、と想像するとだいたい合ってる。

ただ、仮想世界ですから、画面配置も制約はありませんし、Windows単位でいろんなところに浮かせておくこともできるようです。

対応キーボードが必要になりますが、現実世界のキーボードが仮想世界のキーボードにしっかり入り込んで、今までのように手探りでホームポジションを探す面倒がなくなるというのが、肝ですね。

VRだったら出来そうな、だいたい思い描いていたような作業環境をいよいよ実現してくれるようです。

これを家の中で使っているだけば面白くないので、外出先で使えないか考えてみました。普段Cosmo Communicatorを取り出しているシーンを、Quest 2&Infinite Officceで置き換えられないか、というものです。

まずは、医院の待合室。子どもの通院のための待ち時間、それと自分の通院のための待ち時間、全員分合わせると結構な時間になります。その時間帯はテキスト入力タイムとして活用しているのですが、そこをInfinite Officeで作業したらどうなるか、と。

対応キーボードとQuestを持ち運べは良いので、トートバッグにでも突っ込んでおけばなんとかなりそうです。コントローラーは不要ですから、初代Questのサイズでイメージを膨らませると、思ったよりスッキリしているように思えます。思ったより、ね。

ただ、待合室でQuestをかぶるのはまだ時代が追いついていません。全力で目立っています。院内では個人情報が割れているので通報はされないでしょうが、周りの患者さんが不安になるからやめてください、ということにはなりそうな気がします。そばにいる人の目線が見えないというのは、結構不安なものですよね。

次。

車で待機している時間。子どもを迎えに行ったりすると、しばらく待つことになります。長い時でも10分ぐらいですが、Cosmo Communicatorで集中してテキストを打てば、文章を考えながらでも1000文字ぐらいは打てます。

車内だと膝上タイピングですね。膝上に置いたキーボードのタイピングに慣れる必要はありますが、車内ならQuestをかぶってもそんなに怪しまれない。後部座席に移れば、スモークフィルムで外から見えなくなります。より安全。自分の身が。

車内はなかなか良いかもしれませんね。Cosmo Communicatorで文章を練るときの最大の問題は、他のサイトを参照するのが面倒なことでした。出来ないわけではないすが、面倒。Infinite Officeなら、かぶれば常にいつもの作業環境ですから、調べ物も楽々です。

他にもサービスエリアで休憩中に動画を見るとか、今まで考えもしなかったですけど、テザリングでいろんなことができますね。やればよかったな。最近出張がほとんどないので試す機会がありません。家族で出かけているときには、さすがに・・・

公共の場で姿を晒しているときには使うのに気が引けますが、プライベート度が高くなるにつれて、使いやすくなっていきます。都会には電話ボックスみたいな時間貸しスペースがあるそうですから、そういうところで使うのにも良さそうです。

サクサク動いてくれるかどうかはまだわかりませんし、どの程度の作業が実践可能なのかも未知数ですが、期待は膨らみます。

使いこなす肝は、普段からその環境でPC作業をすること、ですね。そのためにはQuestを長時間装着することに慣れなくてはなりません。目の疲れもどのような具合になるのか、個人差が大きいですから試してみないと分かりません。

ただ、大きな画面でどこでもPC作業をしたい私のような人にとっては、期待が膨らみすぎて破裂しそうです。まだQuest 2を購入する算段が立っていませんが、なんとかして手に入れたいと思います。

——————————

何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
住職としての日記を毎日書いています。ついでにどうぞご覧ください。


コメント

zenback

このブログの人気の投稿

夢のようだ・・・

mail-entry.cgi説明書

Cosmo Communicator、アップデート出たよ