MacBook Pro Retinaディスプレイモデルで、残像現象に遭遇!

スクリーンショット撮り忘れた!

宗務所で仕事中にこそこそと自前のMBPを取り出して作業中の出来事でしたので、スクリーンショットを撮るほど余裕がなかったのです。しかし悔やまれる。

現象としては、ウィンドウを移動させても、移動前の所に描画が残ってしまう、というもの。移動前の所だけでなく、移動中の場所にもどんどんと残ってしまいます。

残像、というのにふさわしい症状ですね。

私は解像度を「推定解像度 1680x1050」にして使っています。それも影響するのでしょうか?残像問題は研究していないので、今までに登場した事例もほとんど知らないので、ちょっと調べてみないといけませんかね。

Retina 1680x1050

今回の症状は、別の推定解像度に切り替えるとすぐに収まりました。その後、再び1680x1050にしても再発はしていません。

どんなきっかけでなるのやら。

その時にしていたのは、グラブでSafariの画面の一部を切り取り、保存して、プレビューで開き、Jpegで書き出したところで発生したように記憶しています。

そして今、記事中のスクリーンショットを撮影するために同じ手順を行いましたが、再現はしませんでした。

再現性が無い不具合というのは、直しにくいですよね。そうはいっても、そう遠くない次期にアップデートで修正されることと思います。

他の事例も研究しつつ、アップデートをのんびり待ちたいと思います。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない