タッチパットよりトラックポイント

今やノートパソコンにはタッチパットが欠かせなくなっています。指を滑らすだけでマウスカーソルを動かすことが出来、軽く叩けばクリックのかわりになります。2回叩けばダブルクリック。メーカーによっては3回叩くことで右クリックのかわりにもなります。
右隅で上下に指をスライドさせれば上下スクロールするのもありますね。のほほんとWebブラウジングするにはこの上なく便利です。・・・私のiBookでは出来ませんけど。何か方法があるのかな?

というようにタッチパットはすばらしいのですが、私はトラックポイント派。IBMのノートパソコンに必ず付いてるあの赤いぽっちです。キーボードのど真ん中に付いていて、ホームポジションから指をはなすことなくマウスカーソルを操れます。タッチパットの欠点の一つである、タイプ中に指で触ってしまってカーソルがどこかに行ってしまい、思いもよらぬところに文字を入力してしまうことが多々あります。
トラックポイントならそんな心配も皆無です。上下スクロールを実現する機能もありますし、最初の取っ付きにくさを越えてしまえば快適快適。最初は指先が痛くなりますが、そのうち平気になります。

タッチパットのように、触らないようにタイプしなくて良いというのが精神的にとても楽です。今のこの瞬間も、iBookのタッチパットに触れないように右手が意識してますから、その疲労が積み重なったらどうなることやら。

なんでMacにはトラックポイントがないんでしょう。誰にでも使えるというと、やっぱりタッチパットなのかな。
でもタッチパットをうまく使えない人もいるんです。指先の感覚が鈍いのかなんなのかわかりませんけど。いました。少数はだからといって放っておいて良いものか。
・・・そういう人はトラックポイントもうまく使えないかもしれないですけど。

デザイン面では確実にタッチパットに軍配が上がる気もします。トラックポイントのあのぽっちは、きれいにもかわいくにもなりそうにありません。かっこ良くなら、色次第で、なんとか、どうかな。

でもやっぱり私はトラックポイントが好きです。時々勝手にマウスカーソルが動き出してしまう「ドリフト現象」もありますが、慣れれば愛着も湧くってもんです。「おお、今日も元気だね」って。

タッチパットも良いですけど、トラックポイントももっと市民権を得ても良いと思います。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない