X01HTをフリースポット化してみる

巷で話題のzeroProxyをWM5の時から試しているのですが、どうにもうまくいかず。WM6にしてからもまだ成功した試しがありません。autoconnectもなんだか知りませんがDLLが多すぎるとかいわれてインストールすら出来ないので、私のX01HTは呪われているんだと結論づけていました。

そんな今日、Drift Diary12さんでDeleGateLauncherというものを知りました。DeleGateというプロキシサーバーが昔から有るそうで、それがWindowsCEで動いていたらしいのですが、さらにアドエスなんかでも動くという話。要するにzeroProxyと同類のソフトなのですが、安定性などもzeroProxyよりも上と作者さん自らが日記に書いてらっしゃいます。

DeleGateLauncherはzeroProxyの作者さん自らが、DeleGateをWindowsMobile端末で利用しやすいように作成したソフトです。インストーラで一発インストールというわけにはいきませんが、作業自体は簡単です。それよりも、アドホック接続を作ったりすることの方が分かりづらくて面倒ですね。

私も試してみましたが、ついに成功しました!

X01HTにアドホック接続を作成し、そこにiPod touchを接続。その後にDeleGateLauncherを起動すると、しばらくするとダイアログが表示されます。これで起動完了。自動で通信も接続されます。

iPod touchのSafariを操作すると、見事に動作するじゃありませんか。私はパケ放題を契約していますから、1万円程度で定額利用が出来るわけです。Softbankのエリア内ならどこでも使えるというのが素晴らしいですね。


気になるのは、Softbankがこの方法を問題視しないかという点です。今のところおおっぴらに(私の耳にも入るほどおおっぴらに)意見を出してはいないようですが、原理的にはPC接続も出来てしまうわけですから、当然「やってほしくない」類の使い方のはずです。

しかし、ソフトのインストールはもちろん良いはずですし、インストールするだけで実現出来てしまうことですから、有効な制限方法も無さそうです。Xシリーズを買う人みんながこうやってモデム化して使うようになったら何かしらのアクションはありそうですが、E-Mobileがエリアを広げてきていることもあり、まあ、どういう対応にするのか、難しいのでしょうね。


さっさとUSBでつないだりしてのモデム化利用でも定額にして欲しいものですけどね。


以下覚え書き。突っかかりやすいポイント。
Wifi設定画面で「アクセスするネットワーク」を「コンピュータからコンピュータへのみ」にしておかないと、作成したアドホック接続が「接続中」にならない。(「接続中」表示にならないと、iPod touchの「ワイヤレスネットワークを選択」の欄に、現れない)
iPod touch側のWifi設定で、プロキシの設定を忘れないこと。
DeleGateLauncherの起動は、iPod touchで作成したアドホックな接続に接続してから。

これでばっちり。現実問題として、1万円という上限があるとはいえ、そんなに支払いしたくないので、滅多に利用することはないわけですが、何かの折に活用してみたいと思います。保険みたいな物ですね。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた