BookBook for iPhone

BookBook for iPhoneを買いました。これは、当たり!です。

今まで使っていたのはeggshellのクリア。これはこれで大変良い品物です。iPhone4発売日購入からそれほど間を空けずに装着し続けていましたが、最近になって8ヶ月の長男に激しく叩き付けられるまでは、擦り傷以外はどこも痛まず、ストラップも付けられるのでズボンのポケットから引っ張り出すのも楽で、重宝していました。

長男に叩き付けられてもヒビが入るわけでも無く、ちょっとへこんだ程度だったのですが、そんな頃にBookBookの紹介ブログを読み、かなり興味を引かれました。

Amazonで発注し、到着を待つ事10日あまり。ようやく手にしたBookBookは、使い込んだ革の手帳のような風合いで、使い込んで育てる手間も無く、良い具合です。

マイク・スピーカーを始め、ボタンやスイッチをふさがないように細かく作りこまれていて、ほとんど不便は感じません。マナーモードスイッチがちょっとアクセスしにくくなってしまいましたが、他が良すぎるので我慢できます。

BookBook for iPhoneの特徴は、他のBookBookシリーズとは違い、財布機能を併せ持っている事です。小銭は入りませんが、3枚のカードと、折りたたんだ紙幣を数枚なら入れられます。

これが便利。私は免許証とANA AMEX、プロパーAMEXを入れて、iPhoneと共に持ち歩いています。これを持って出かければ、カードが使える範囲であればとりあえず生活できる、という状況になっています。

ANA AMEXのEdy機能も、カードを取り出す事無くBookBookごとタッチすれば当然反応してくれます。カードの出し入れには少し慣れが必要ですが、がんばれます。

総じて、「良い具合」なのです。カードメインで支払をしている人にはかなり向いていると言って良いでしょう。そして、iPhoneを使い終わった後に、パタンと閉じるのがまた、雰囲気あるんですよ。

BookBookがAmazonから届けられたのは、お盆の14日でした。本格的に触れたのは16日になってから。忙しくしんどかったお盆を終えた自分への、良いご褒美になりました。

4 件のコメント

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない