NX80Vに手を出してしまいました

 ふと、デジカメデータの閲覧をCLIEでしたくなりました。デジカメの液晶ってサイズが小さいし、バッテリーが気になるのでみんなでワイワイ見るのに向いてないです。
 昨年CLIEのT650Cを買ってから一年がたち、そろそろ買い換えても良さそうかとWebページを眺めながら機種選定。携帯電話は一年以上使うのに、PDAは一年で買い換えって変な話ですが。

 そして今の用途に最適だと判断したのがNX80V。先日発表されたばかりのUX50は、CFスロットがないので除外です。前回のエントリーと全然整合性がありませんが、デジカメがCFメモリを使用しているIXY400なので、CFスロットがないとどうにもなりません。

 CLIE標準のCLIE ViewerではCFメモリ内の画像閲覧は出来ないのですが、先頃登場したJpeg Show!というフリーソフトを使えば可能です。しかもこのソフト、CLIE Viewerよりも動作が速いのです。秘密はサムネイルを本体メモリに記録しておくからみたいです。なんといってもフリーソフトというのがすばらしい。感謝メールぐらい出さなければなりませんね。

 せっかくCFスロットがあるので、DDI POCKETのPHSカードCFE-02の活用も考えています。以前はつなぎ放題プランを使ってたのですが、出番があまり無くて昨年末に解約していました。NX80Vはカメラも付いているし、いわゆる写メール代わりに使えないかと画策しています。今回は基本料1,980円のデータminiプランがターゲットです。1,000円分(およそ70分)の通信料を含んでいますから、十分遊べそうです。(実は、ザウルスSL-C760も候補に挙がったのですが、カメラがないから落選しました。それぐらい、カメラが重要だったんですよ、今回は。いまだにカメラなしの携帯電話を使っているものですから。)

 CPUパワーも今までよりも大幅にアップしていますし、ブラウザは評判の良いNetFrontですし、暇つぶしのWebブラウズにも使えそう、です。

 CFE-02を小脇に抱えていつも行く親戚の電器屋さんに行ったら、その場で使用可能にはならないけど、DDIに送って手続きしてくれるということでした。送るのに一晩、電話番号を書き込んで送られてくるのに一日と一晩、で、正味3日で使えることになります。 
 少なくともDDIに送る宅配賃がかかりそうなんですけど、請求はされず。DDIがもってくれるのかなぁ。こういう手続きって、事務手数料しか必要ないみたいようなので、お店はどこで利益が出るのか不思議です。・・・本当はサービスショップみたいなところに行かないといけないのか?
 などと書いている現在、すでにNX80Vが手元にあったりします。地元の量販店を何店回っても、一店をのぞけば展示機すらなく、もちろん在庫もなしだったのですが、PDA工房さんでは在庫が潤沢でした。注文した翌日に届いてしまったし、ネットショップ万歳です。特典もうれしい。
 特典はいくつかあって選べるのですが、私は液晶保護シートと車内充電用の機械が付いているものを選びました。これだけついていて値段は同じなのですからお得ですね。保護シートはPerfect Shieldという名前です。なかなかいいです。
 ついでにCFタイプの無線LANカードも買おうかと思いましたが、そこまでのネット環境がCLIEに必要か疑問があり、保留しました。でも、今は買っておけば良かったと感じています。CFE-02が使えるようになるまでまだ時間があるので、「早くネットにつなぎたい欲求」が・・・お寺とよく行く社協に無線LAN環境があるのでカードさえあればいつでもつなげるのに!
 無線LAN環境のあるところであれば写メール無料という考えも出来るわけですから、あればあったで便利かなあ。ちょっとお値段はりますけどね。
 EBLOGさんでアイオーデータ機器の無線LANカードWN-B11/CFが使えるという情報がありました(もちろん動作保証外)。こちらのほうが実売価格で3,000円ぐらいは安いみたいです。ううむ。純正品の安心感か、それとも値段か。なんてなやましい。アイオーデータで検証してくれないかなぁ。
 NX80Vについてのレビューは、そこかしこで取り上げられているのと代わり映えしないのでやめておきます。もばいる坊主では、使い込んでいくうちに出てくる問題や、対処法、新しい使い方などを書いていきます。・・・発想が貧困なので、新しい使い方には期待できませんが。
 それでもレビューを簡単に書くと、「キーボードなしのバーチャルグラフィティ機が出たら今すぐ欲しい。ふかふか液晶はペン入力の敵だ。」という感じです。レビューじゃなくて不満点ですね、これじゃ。グラフィティ入力の軌跡が見えるのはとても良いですね。入力ミスが随分減りました。
 とりあえず、腕立て伏せをして、長時間持っていても疲れないようにする努力から始めようと思います。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない