iChat on Leopard

Max OS X 10.5(Leopard)に付属のiChatは、今までの経験では、Skypeよりもハウリングしません。はっきり言えば、ハウリングの経験がありません。(ハウリングって表現で良いのかな。エコー?)

4人同時にビデオ通話が出来ます。これはSkypeにも無い機能。デスクトップの共有が出来ます。これはSkype for Winの4.1β、for Macの2.8βから搭載されていますが、これも同じく4人同時に使えるのがiChatのメリット。

それらを超えるSkypeのメリットは、P2Pであること、かな?どれくらいメリットであるかは、昔は何かの記事で読んで知っていた気がしますが、もう覚えてないです。

そんなiChatですが、以前はアカウントの取得方法が分かりづらかったのですが、一昨日ぐらいに眺めてみたら、iChatの環境設定からアカウント取得ページにアクセス出来るようになっていました。そして、懐かしの@mac.comでアカウントが取得出来るじゃありませんか。.MacサービスがMobile Meへ移行してからは、新規で@mac.comのメールアドレスを取得することは出来なくなりましたから、メールアドレスとしては機能しなくても、取得出来るのはMacファンには嬉しいかもしれません。

もしかしたら、ここで@mac.comを取得しておいてMobile Meを契約しようとすると、使えちゃったりするのか?どうなんでしょうか。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた