世間はiPhone6Sシリーズの発売に沸いているわけですが、蚊帳の外の私は冷静にApple熱を高めています

私はiPhone6ユーザーなので、1年で更新は出来ません。SIMフリーでMVNOなのでいつ買い換えても本体代金以外には負担は生じませんが、その本体代金が高い!この時だけは円高が嬉しかったです。

6Sシリーズの目玉は3D Touchですね。操作するのがまどろっこしかった部分が劇的に改善される見込みがあって、大変よろしい機能かと思います。いわゆる右クリック的なイメージですね。2段階あるので、その分複雑な使い分けも出来て、玄人にも嬉しいことになるんじゃないかと想像しています。開発者のセンスが試されますよね。がんばってください!

私は来年の世代まで我慢です。その頃には開発側の使い方もこなれてきて、各アプリとも、良い具合になってるんじゃないかな。楽しみです。

iPhone6が出た時には、めぼしい進化が感じられず、いよいよスマホの世界もマンネリ化の域に達してきたかと思ったわけですが、この6Sで操作体系に新しい変革が生じて、それをひっくり返された思いです。ほんと嬉しいですね。

Apple Watchに搭載されている機能でもあるんです。こちらは普通のタッチと、深いタッチの2種類しかありませんが、有ると無いとじゃ大違いだったはず。MacBook系列のタッチパッドにも、順次搭載されていますよね。こちらもいずれ3Dになるのかな?こちらはまだ、有効な使い方が広まっていない感があります。そもそも右クリックメニューが使えたのですから、それと違う使い方というと、考えてしまうのかも知れませんね。

でも、範囲指定が深押しの組み合わせで出来るようになるだけでも、タッチパッドオンリーで操作する場合のストレス軽減には十分に繋がりそうです。OS Xの次期バージョン、El Capitanではどうなってるのでしょうか。10月1日公開ですから、ほんとにあと数日ですね。楽しみです。

最近、Appleは少し勢いが衰えているように思っていました。株価は相変わらず高いわけですが、技術的な面ではあっと驚くようなことが無くて、Windows界隈の方が面白いのでそちらに注文したりもしていたのですが、ここで再びAppleへの興味が強くなってきました。

やっぱり、MicrosoftとAppleが共に元気だと、面白いです。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない