投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

DxO ONEは理想に今一番近い形

* レンズに合わせた歪み補正ソフト「DxO OpticsPro」で有名なDxOから、iPhoneに直差しして使うカメラ「DxO ONE」が発売されます。ただいまPre Order受付中。「Special Pre-Order Savings」とあるから、割引してるのかな?とはいえ、79,900円なので、かなり勇気のいる金額です。もう一つ勇気を要するのが、一番の売りでもあるLightningポート直差しという点。将来のiPhoneがLightningポートを捨てたら、そのiPhoneではもう使えません。アダプター経由で使える可能性もありますが、DxO ONE本来の使い勝手ではなくなってしまいます。Wi-Fi接続のDSC-QX100を使っている身からすれば、接続操作を要しない直差しという選択は、大正解です。Wi-Fi接続はうまくいかないことも多いんですよ。今すぐ撮りたい、そういう時に限って、干渉するような電波も無さそうなのに繋がらないんですよ。それがイヤで終始iPhoneと繋げずにノーファインダーで突き通したりする有様。それはそれで面白いんですけれどね。結局、ちゃんと写真に残したいときにはDSC-RX100を持ち出してしまいます。(そもそもRX100持っているのにQX100を買うことに問題が無いわけでも無い。でも、3人子どもを連れていると、性能がダブっても、より可搬性の高い製品に引かれるものなのです)QX100と比較して、劣る点は光学ズームがない点。2,000万画素あるので、後からトリミングしても使えるとは思いますが、手間ですよね。優れているのは、RAWで撮れる点。そもそもRX100がRAWで撮れるのに、なぜQX100が対応していないのかが疑問でしょうがないのですが、ともかくDxO ONEはRAWで撮れます。これは大きい。後からトリミングする手間を惜しむ癖に、RAWで撮れるというのを喜ぶというのは矛盾しているかもしれませんが、出来ないよりも出来る方が良いに決まっているんです。現像楽しいですし。DP1 Merrillを昨年思い切って買ってしまったので、今年もまたここでカメラにお金をかけるのはかなり躊躇しますが、旅先では他のどのカメラよりも活躍しそうです。普段RX100を使っていると、iPhoneのカメラではどうしても不満が出ますし。後一点、フラッシュがないのがなぁ。QX…

iOS8.4のミュージックアプリで、アーティスト単位でシャッフル再生する方法

イメージ
私はよくアーティスト単位でのシャッフル再生を使います。iOS8.3までは、アーティストを選んで楽曲がリスト表示された上の方に「シャッフル」と分かりやすく書かれていまして、悩まずに再生が出来ました。iOS8.4になってガラッとUIが変わったら、どうやって良いのか分からずにしばらく悩みましたが、ようやくやり方が分かったので、その喜びを表現するべく、ここに記しておきます。ミュージックアプリを開いて、聞きたいアーティストを探します。欄の右側にある「…」をタップします。メニューが出ますので、「次に再生」をタップ。再生ボタンのある欄を上に引き上げて。下部のシャッフル再生アイコンをタップすればOKです。再生が始まっていない場合は再生ボタンをタップしましょう。iOS8.3までと思うとかなり手順が増えましたが、とりあえず機能が失われたわけではないので安心しました。私はコレばっかり使うんですよ。