iPhoneも入る財布にiPhoneを入れずに過ごす生活を考える

ちょっとお高いのですぐに買うわけにはいかないのですが、次のお買い物候補筆頭が、「iPhoneも入る財布」。「abrAsus薄い財布」を作り出したのSUPER CLASSICと、そのabrAsusといしたにまさきさんがタッグを組んで開発された「ひらくPCバッグ」、いずれも私の愛用中の品なのですが、そのコンビで生み出されていると言うだけで、品質に対して一定の安心感があります。

iPhoneの入る財布のiPhone収納部分には、数日後には発表されるであろうiPhone6と推測されている製品は入らないと考えられます。それ以前の問題として、distilunionのWally Stick-Onが張り付いている私のiPhone5は、厚みが出てしまっているので入りそうもありません。

発売時のダイレクトメールを読んで、「買ってみたい」と直感があったものの、以上の理由から(せっかく誕生日が近くてプレゼントに買ってもらえそうと言う状況にあったのに)、購入を見送っていました。

しかしいろいろ考えれるつれ、iPhoneの入る部分に何か別の物が入ることを真剣に想像し出しました。

今現在、薄い財布には8枚のカードが入っています。クレジットカード2枚、キャッシュカード1枚、ETCカード1枚、iD1枚、Tカード1枚、pontaカード1枚、杏林堂のポイントカード1枚。

薄い財布のカードポケットには、限界まで入れても6枚です。ちょっとはみ出しています。iPhoneも入る財布には、ICカード専用ポケットが付いています。iDはここに移せます。そして、iPhone収納部に、ポイントカード系を入れます。そしたら、カード収納部に入れるのは4枚だけになります。すばらしい。iPhoneも入る財布もカードポケットには5枚まで入るようなので、もう一枚増やせてしまう。

もちろん、今の薄い財布からは厚みが増します。その増し具合がどれほど使い勝手に影響をもたらすかが心配です。レシートなどの入っていないときの薄い財布の薄さは、本当にやばいですから。

iPhone収納部には、さらに切符を入れたり、一日のうちに何度か提示の必要なチケット的な物を入れたりするのにも向いています。最近、とあるホテルにて、プールのロッカーを使うのに初回だけ料金が必要で、滞在中はそのレシートを見せれば無料で使えるというケースがありました。

そのレシートを、他のレシートと一緒に薄い財布の札入れ部分に入れていたら、さっと取り出すことが出来なかったんですよ。ある程度受付の手前で、財布から取り出しておかないとモタモタしてしまうんです。

そういう時にも使いやすいですよね。

もちろん、他にもそうしたポケットを備えて便利財布はたくさんあることでしょう。しかし、ここまで薄く実現してくれてはいないはずです。

こんなことを考えていたら、俄然興味が沸いてきたのです。今月末は、半年に一度の宗務所の給料日があります。最近では子どもたちの学費貯金にほとんど回ってしまいますが、iPhoneも入る財布ぐらいは買えそうな気がします。

無事に入手できたら、またレポートします!
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない