濡れない傘、UnBRELLAのレビュー

UnBRELLA。濡れない傘と言うとオーバーですけれど、使った実感が、そう思わせるのです。

最初に不満点を。傘を開く機構上、どうしようもないことですが、布地の張りが普通の傘よりも弱いこと。歩くとぶよんぶよんとなるのです。走るとどうなるでしょうか。今日は着物だったので、走れませんでした。

2番目に、満足点を。

これはもう、セールストーク通りではあるのですが、閉じた傘を触っても濡れません。車に乗り込む時に、布地の部分を鷲づかみにして持てるというのは想像以上に快適でした。

車から降りながら開く時も、開きやすいです。一旦上に延びてから傘が開くので、ドアに当たってつっかえることはありません。地味な点ですが、雨の日に嬉しい点です。

最後に、心配な点を。これは常に気を配らなくてはならないので、大変な部分です。他の人と同じ傘立てに、入れてはならないということ。

ちょっと考えれば想像できたことですが、持ち出すまで気付きませんでした。傘を開いた時に内側に来る部分、つまり頭上に来る部分が、閉じた時に表に出ているのです。他の濡れた傘と共に傘立てに入れてしまったら、頭上に来る部分が濡れてしまうのです。これは、大変に、まずいことです。

葬儀の際など、法衣を着て会場に着けば、係の方がいろいろとお手伝いしてくださいます。傘も、傘立てに入れてくれます。いや、普段は自分で傘立てに入れますけどね。控え室に傘立てがある場合もあります。取り違えの心配が無くて安心出来ます。

でもUnBRELLAは自立するんです。傘立て、いらないんです。いらないんですけれど、普通に考えて、傘立てが側にあるのに、傘立てに入っていないお坊さんの傘があったら、係の方はうやうやしくお預かりして傘立てに入れるかもしれないじゃないですか。

それが心配なのです。

ひとたび他の方と同じ傘立てに入ってしまったら、その傘立てが必要以上に大きなもので無い限り、UnBRELLAは外側も、内側も、濡れた傘になってしまいます。暴風雨でもないのにね。

というわけで、UnBRELLAに傘立ては禁忌です。

ちなみに、よくある傘袋に入れるのも、UnBRELLAは難しいかも知れません。先っぽがすぼんでいませんから。難易度高いと思います。

そういった点を考慮しても、今はUnBRELLA、大変気に入っています。今後も良い点が目立ってくれますように。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた