ヒルトン名古屋にポイントで予約

ヒルトンVISAプラチナカードの処遇を検討しがてら

たしか昨年末に入会したと思いますので、そろそろ年会費請求の時期です。プラチナを維持するか、ゴールドにダウングレードするか、悩みどころ。

解約してしまうとVISAブランドのカードが実質上は無くなってしまうので(あるには、ある)、最低でもゴールド維持は決めています。問題は、プラチナ。

SPGアメックスには、毎年の更新ボーナスとして、宿泊券をもらえます。しかもブラックアウト無し=スタンダードな部屋に空きがあれば使える、という素晴らしい宿泊券です。カテゴリー6までのホテルで使えますので、確か国内では使えないホテルは無いですね。これだけで、年会費はペイできてしまうほどのボーナスです。

それにくらべてヒルトンVISAプラチナは、1,000ポイントもらえるだけです。ちょっとみみっちいじゃないですか。カテゴリーは中ランクのヒルトン名古屋だって、特典宿泊にはこの時期50,000ポイント必要なんですよ。SPGアメックスの太っ腹具合とは大きな違いです。

ただ、悩ましいのは、やはりダイヤモンドVIPへの近道。この近道っぷりは半端ないです。120万円分の決済で到達ですから、全ての決済を集中させれば私にも実現可能です。

目標には半分しか貯まらなかった

本当は90,000ポイント貯めてコンラッド東京に泊まりたかったのですが、なかなか貯まらないので一回特典宿泊を利用してみることにしました。

この年末の忙しい時期に無理矢理一泊旅行の予定があるのですが、そこに接続させて二泊旅行に変えてしまおうという訳です。やけっぱちです。三日留守にしたって、お寺の年越しぐらいきっとなんとかなる!たぶん!きっと!たぶん!・・・

特典宿泊は、国内サイトであるhilton.co.jpでは出来ません。hilton.comから予約する必要があります。デザインや使い勝手、すべてにおいてhilton.comの方が上であると思いますが、英語なので細かな部分がやや心配。

そもそも、家族で泊まるとなると、エキストラベッドを1台いれてもらい、さらに添い寝で2人宿泊となります。これをオンラインで予約するのは、いったいどう予約したら良いのかさっぱりです。

とはいえ、Hオナーズのカスタマーセンターで予約しようにもイマイチ時間が合わず、ダイヤモンド会員専用のデスクは英語のみみたいだし、他に選択肢がありません。

とりあえず、大人2人、子ども1人で予約してみました。ベッドがもう1台必要というのを表現してみたのです。

しかしこのままにして当日を迎えるのはあまりに無謀です。予約から数日して、ヒルトン名古屋へ電話してみました。すぐに予約係りにとりついでいただき、事情を説明してとりあえず現状の予約内容の確認をしました。

それによると大人2人と、添い寝が1人という受け付け方だったようですので、修正してもらいます。別途有償でエキストラベッドを用意していただいて、添い寝が2人と言うことも伝えました。ついでにベッドガードも依頼してこれでバッチリです。

くすぐるんです、心の奥底を

ヒルトン名古屋へ電話をした際、名前を名乗るとほんの数秒で、「ダイヤモンド会員の穴水様でいらっしゃいますね」と言われました。こういうことを言われると、なんだかくすぐられるのです。たったそれだけなんですけど、嬉しくなってしまうのです。人間の本質的な部分に食い込んでくるんですよね。

そのためだけに、プラチナを維持したいなぁ、と思わせるほど。ま、他にメリットはあまりないんですけどね。雨白を持っていなければ、コンシェルジュも使うだろうし、保険もありがたいし、力強いカードですけれど。

更新ボーナスで、宿泊券がついたら、魅力がグッと上がるんですけども。

さて、どうしよう

泊まりに行くまでにはまだ数日ありますが、それはそれで楽しみにしておくとして、さて、カードの処遇をどうしましょうか、と。

実際問題として、私がホテルの上級会員になれる手段としては、唯一の選択肢であることは確かです。その資格を存分に使えるほど宿泊機会があれば悩むことはありません。また、それだけ泊まる機会があれば、自然と会員資格も上がる訳です。

この辺りのバランスがねー、微妙です。私、中途半端です。いつまでも結論が出ません。悩んでいるうちに、年会費が請求されてしまいそうです・・・

アメックスは、ダウングレードすると月割りで返金がありますが、三井住友もそんなような対応なのでしょうか。それならば、もうしばらく悩んでいられます。年にあと2、3回、余分に宿泊する機会があればぁ。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない