投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた

イメージ
新サービスを使ってみたい今年に入って年会費増&サービス増を行ったアメックスのプラチナカード。いくつかの新サービスの中でも、私にとって一番享受しやすいのが、フリー・ステイ・ギフト。国内33のホテルの中から1カ所に1泊大人2名をご招待というギフト券です。新年会費引き落とし後2ヶ月ほどで届けられるとデスクに確認したというブログをどこかで見かけまして、なるほど、その通りの時期である5月の末頃に届きました。33というのが観音霊場みたいで縁を感じてしまいますが、ともかく、利用しないのはもったいないです。利用に際しての注意点としては、ホテルへの予約はコンシェルジェに依頼することは出来ず、会員が自分で電話をする必要があること。部屋のランクは最もスタンダードな部屋であること。部屋のアップグレードについては差額で可能な場合もあるので、ホテルに自分で確認すること。そして、多くの対象ホテルは、月〜木のチェックインのみ対象になっている事。つまり週末は対象外なのです。土曜チェックインが可能なのは2カ所だけでした。こんなところでしょうか。平日に泊まるとなると出張に使うか、子どもたちの長期休暇に合わせるしかありません。もうすぐ夏休みですので、夏休み中の旅行を、フリー・ステイ・ギフト対象ホテルの近くという条件で組んでみました。うまいことはまったのが、ヒルトン東京。三井住友カードとヒルトンの提携カードであるヒルトンHオナーズVISAプラチナカードのおかげでダイヤモンドVIP会員になってますので、フリー・ステイ・ギフト利用時にダイヤモンドVIPの特典が併用可能かどうかを試せます。ワクワクしますね。いざ予約してみるヒルトン東京に電話をかけようと思い立ったとき、ちょうどヒルトン日本進出50周年記念の50時間限定50%OFF TIME SALEが始まった直後のタイミングになってしまいました。翌日にずらすことも考えたのですが、キャンペーン利用の予約殺到で部屋がなくなってしまっても困るので、強行突入。しかし案の定、宿泊予約担当者が手一杯で折り返しの電話を待つことに。30分ぐらい経ったでしょうか。携帯に着信が。ヒルトン東京からです。非常に丁寧な対応をいただきながら、予約の手配を進めます。最後に名前を伝えたところで、Hオナーズ会員名簿にヒットがあったようで、「会員番号がお分かりでしたら」と尋ねていただきまし…

iLoveHandlesのTRUNKが、車載でも使えるみたい!

イメージ
7月11日発売予定のTRUNK。ネタフルさんで紹介されていて目にとまったのですが、 iLoveHandleskのサイトに車載している写真が載っていました!車に乗っている時間の長いワタクシ、今はサンワダイレクトのジェル吸盤マウンターを使っていますが、それ以前はシガーソケットに直差しできるマウンターを使っていました。ポジションがちょうど良かったのです。ジェル吸盤マウンターはダッシュボード上に設置することになりますので、ちょっと遠いんですよね。ぱっと見で見えないんですよ。運転中に1秒以上画面類を見ることは違反になりますので、つまり見えないからじっと見るというのは大変危険な行為です。何か通知が出ても、停車するまでは読めません。シガーソケット直差しの頃は、チラッと見るだけで概ね通知内容が把握できて大変便利だったのです。私の車は、シガーソケットがハンドルの横ぐらいにあるので、そこにiPhoneをマウントするとほんとうにちょうど良い場所になるんですよ。あれが、TRUNKを使えば再現できそうです。BookBook for iPhone5を付けてますので、その分の重量増加に耐えられるかやや心配ではありますが、試してみようと思います。発売開始が楽しみだ!

持ち出すカメラの選択は難しい

手持ちのカメラ α350RX100HD2000CX5NEX-5 現役で使えるのはこれぐらいでしょうか。NEX-5には望遠はありませんが24mmがあり、α350は標準と75mm-300mmがあります。RX100は3倍ズーム。CX5は10倍ズームぐらいあったような。HD2000はXactiですから、ビデオ代わりですね。最近は、たいていの場合はRX100を持ち出しています。次点はNEX–5なのですが、荷物が少なめの時でないと心が挫けます。レンズ含めると一番お金のかかっているカメラなんですけれどねぇ。α350は運動会専用と化しています。やはりミラーレス機よりもはるかに撮りやすいです。CX5はブログ用。ブログを書きながら小物を撮るのに使います。Eye-Fiカードがさしっぱなしになっているので、便利です。こんな具合にそれぞれに役割は決まっているのですが、難しいのは運動会などのイベントごと。RX100がかなりお気に入りなので、NEX-5は自宅待機でα350はHD2000を加えた三台体制になるのですが、けっこうな重量です。これに加えてタープやチェアの運搬が加わりますから、非力な私には重労働。運動会が始まる前に疲れ切ってしまいます。今年からはタープの代わりに小さなテントにしようということになっていますが、それでもチェアは欲しいだろうし。今日、幼稚園で小運動会があり、上記のようなセットで持ち出したのですが、時間が2時間しか無く、子どもの出番も一度きりということもあって、α350の出番が無かったのです。一番重いのにですよ。せっかく持って行ったのに。でも、撮り逃したくはないので重装備になってしまいます。とても辛い。今日なんて、親子競技のみだったので、私は子どもと競技に出ていて、カメラで撮れないんですよ。RX100はズームが3倍しかないので競技を撮るのは全く向いていません。α350ならいくらでも撮れますが、妻は使ってくれません・・・レンズ重いですしね。結局、一番活躍したのはHD2000です。秋の運動会の時にはまた違った状況になるはずですが、でもなんだか心配になってきました。難しいです。非常に難しいです。広角から望遠まで一眼相当の画質で、一眼レフ並みの速度で撮れて、動画も撮れる。動画撮影中のズーム操作も素早く出来て、動画撮影中でもフルサイズで写真が撮れる。もちろん手ぶれ補正はばっちり。そんな…

ブラウザの便利機能

たぶんたいていのブラウザに実装されている機能だと思いますが、前のページに戻りたいときに、Macであればcommandキーを押しながら戻るアイコンをクリックすると、新しいタブで前のページを開いてくれます。今のページは開いたままで前のページに戻りたいときに大変便利。SafariとChromeのそれぞれMac版では実装されていました。なのでたぶんどのブラウザでもいけるんじゃないでしょうか。

WWDC 2013雑感 MBAには惹かれます

WWDC 2013の基調講演も終わって早数日。即日発売となったMacBook Airは、Apple Store Onlineでは未だ出荷予定日が24時間以内となっていて、意外に在庫が潤沢なんだなと不思議に感じております。昨年はMacBook ProにRetinaディスプレイモデルが登場し、一月ぐらいしてから私も入手できたのですが、今回のMacBook Airは待ち望んでいたものの、まだしばらくは手元のMacBook Air late 2010で粘るつもりです。late 2010と比べたら速さは圧倒的でしょうし、バッテリーの持ち時間も数倍になっていて今すぐにでも乗り換えたいのですが、iPad miniとの兼ね合いで微妙な立場に立たされています。最近、出張のために泊まりで出かけても夜はAirを開くことが少なくなっていまして。仕事する元気が残らなくなってしまいました。出張と言っても中身は研修が多く、とはいえお寺の研修ですからAirを開いてどうこうする機会もあまり出くわしません。ホテルに戻ってその日の内容をまとめるのにはやはりiPad miniでは辛くてAirの出番となるのですけどね。その元気がなくて出張が終わってからやるようになってきて・・・WWDCの話題をそろそろ始めましょう。iOS7は、アイコンデザイン以外は大変待ち遠しい内容でした。すでに出来て当たり前の事も多いですが、それをアップルクオリティで実装すること重要なのです。中途半端ではイカンのです。デモ機はiPhone5でしたから、例えiOS7リリースと同時に新型が出ても、iPhone5であればストレス無く使うことが出来るでしょう。ベータ版に触りたいぐらいです。OS Xは10.9。Mavericksと名付けられました。最初に思いつく弱点としては、Mavericksと打つのが難しい点でしょうね。アメリカ人には良いのかも知れませんが、日本人には厳しいです。これからしばらくは地名が使われるという話ですので、この機会に地理の勉強をしましょうか。OS X 10.5 Leopard以降の流れとして、奇数バージョンではOSの機能を拡充し、偶数バージョンではそれを洗練するというのがありますが、その流れから外れず、意欲的な機能拡充が施されたバージョンになりそうです。久し振りにカレンダーも改良されますし、プッシュ通知も実装されると言うこ…

ヒルトン名古屋の宿泊記録

イメージ
5月の話ですが、HオナーズがダイヤモンドVIPになって以来、初めてのヒルトンステイです。自宅から最も近いヒルトンであるヒルトン名古屋。名古屋市内で一泊二日の研修があったので、宿泊先に選びました。研修でホテルが選べるというのもあまりないことでしょう。貴重です。17時半過ぎにチェックインしようとホテルに入ると、すぐにスタッフが荷物を持ってくれます。フロントは4つある窓口全てにお客さんがいて、ぱっと見けっこう混んでいたのですが、宿泊客を見逃さないんです。感心しました。そのスタッフに名前を告げて待つこと30秒ぐらいで、フロントスタッフが「ダイヤモンド会員様ですので最上階を御用意しております。ラウンジにてチェックインを」と案内されました。そういえば、ラウンジでチェックインできたのでした。ヒルトンルームを予約していたので思いもしませんでしたが。(直前にHオナーズサイトを確認して、エグゼクティブルームにアップされているのは確認してましたけれど。)空き室無しでアップグレードされない場合でも、ラウンジ利用権のあるダイヤモンド会員はラウンジでチェックインできるのでしょうか?イレギュラーすぎてよく分かりませんね。ちなみに今回は、最上階と言われたのに最上階より1つ下の階でした。何か勘違いされたんでしょうね。ラウンジと同じフロアなので、かえって便利です。ラウンジまで案内されている間、短い移動時間にスタッフは果敢に会話を挑んできました。ラウンジから客室までの、さらに短い時間にも、別のスタッフが会話を挑んできました。それも自然な会話なんです。話しやすい会話なんです。不思議。熱でもあってしゃべりたくも無いときには辛いかも知れませんね。そういう時は察してもらえるのかな?そしていよいよエグゼクティブルームに入室。初エグゼです。とはいえ、築20年ほどとそれなりに時を経たホテルなので、コンラッド東京のようなモダンさはありません。でも、家具の傷みも少ないし(リニューアルしてましたっけ?)、チェアは張りが少し緩んでいましたが実用上は問題ないですし、その他も何ら不満はありません。ベッドが1台だけだと、30平米でも広いですね〜。唯一残念なのが、やはりトイレ・お風呂・洗面台という水回り。ここばかりは古さを隠せません。リフォームするとなるとかなり大変でしょうしね。でもエグゼクティブフロアであれば、トイレとお風呂は分…

JCB、一般カードになりました

イメージ
先月の下旬に券種変更申請を投函しまして、2週間弱で一般カードが届きました。昨年ゴールドを作った時は初年度年会費無料でして、一度もゴールドの年会費を払わずに一般カードとなりました。ほんとは解約のつもりだったのですが、なんだかんだでもう1年キープとなりました。一般カードのS枠上限は100万円ですが、これは新規入会の時の話で、ダウングレードの場合はそれまでのS枠や利用履歴が考慮されて決められるそうです。というわけで、私はゴールドの時と同じく150万円。ゴールドも入会時は50万円でしたが、増枠申請で150万円の枠がもらえました。一般カードとはいえ150万円の枠があれば、よほどのことが無ければ不足はしません。ありがたいです。でも、財布にもカードケースにも入る余地が無いのでお留守番組なのですがね。来年更新するかは微妙なところです。年会費1,312円なら持ってても良いかなとは思いますが。