渋いカード、届きました!(ヒルトンVISAプラチナ)

ついにヒルトンVISAプラチナカードが届きました!速達で!

別便でしたが、IDカードも速達で同日着です。留守中の出来事でしたが、郵便屋さん、2回来たということです。

ヒルトンVISAプラチナカード

やはり自署届を速達で返送すると、急いでくれるようですね。急いでいるけども電話するのが億劫な方は、速達を使うのが良いかもしれません。実際に届くのも速いですしね。

重々しい黒い箱の中には、カード台紙、カード、基本情報のパンフレット、保険情報、契約約款が入っています。

ヒルトンVISAプラチナカード

外箱は、お菓子の箱のようにビリビリっと開けるタイプですので、中身を戻して保管する用途には使えません。私はカード類は、封筒ごと保管することにしているのですが、これだとちょっと保管しづらいですね。でも、普通の封筒に入ってくる雨白よりも高級感があって嬉しいです。

ヒルトンVISAプラチナカード

そして、カード本体。緑がかってるんです。申し込み以来散々クレカブログを巡回していまして、何度もカードの画像は見ていたのですが、なるほど、それぞれのホルダーさんが書かれていた色合いというのはこういうことかと納得した次第です。

渋くてレジで出しやすそうですけれど、知らない人が見たら平カードです。雨白と似たような境遇ですね。大好きです、そういうアプローチ。

与信枠は最低ラインとなりました。まあ当然でしょう。年収を超えるわけがありません。こんな与信枠、使い切れないですし、使い切ったらカード破産確定であることに変わりはありません。

JCB金は各種キャンペーンの当選確率アップのために支払い名人に登録して、大嫌いなリボ払いを表面上は使っていることになっますが、こちらのマイ・ペイすリボは登録しませんよ。

ヒルトンVISAゴールドと違い、登録しても割引はありません。リボなんて、怖いです。

とりあえずあとは、家族カードを発行してもらって。タクシーチケットももらっておこう。たまーーーーーーにしかタクシーに乗る機会はないですけど。

家族カードは入会と同時発行が出来るのですが、落選すると思っていたのと、妻に署名を書いてもらうのが面倒だったので、入会時には記入しませんでした。

でも、120万の決済をするには、家計の支出もこちらに回さなければとても足りません。妻の協力が必要です。家計のメインはANA-AMEXですが、目標マイルは貯められたので、しばらくヒルトンVISAに振り分けて、ダイヤモンドVIP資格とヒルトン名古屋あたりで無料宿泊出来るポイントを稼ごうと思います。

そういえば、雨白の新しいベネフィットにもヒルトンの無料宿泊券があるらしいですね。家族旅行にうまく絡めて、安いけれども上質な旅行を計画したいものです。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた