DSC-RX100

昨夜、ふとこの型番が目にとまりまして。1インチセンサーだ何だととやかく言われておりますが、NEX–5持ちの私には関わりあってはならない間柄と遠く距離を置く日々を過ごしていたはずなのに。

NEX-5

▲ CX5で撮ったNEX-5。大好き。

もっといえばα350持ちであるが故にNEX–5の購入ですら後ろ指さされたので、あーあれはその間にCX5も買ってたので、おいまたかよって雰囲気が強かったですね。CX5は発売日に4万ちょいも出して買ったのに、値崩れっぷりが凄かったですよねー(遠い目)

このCX5、ブログ用の画像には大活躍でして、いつもデスク脇にスタンバイ。Eye-Fiカードが入ってますので、必要な写真をパシャッと撮るとすぐにFlickrにまでアップロードされます。編集の必要が無ければそれをpublicにして、修正が必要ならMacにコピーされたjpegファイルをいじって、Finderの共有メニューから気軽にFlickrにアップ、なーんてやってます。

CX5

▲ちなみにこれはNEX–5で撮影。いい加減に撮ったら絞り大解放になっていて、CX5の5にしかピントがいってません。こういうのがNEX–5の液晶では分かりづらいのもご愛敬。拡大してよく見りゃわかるんですがね。

便利なCX5。ただ、子どもを撮るとなると、AFは速くて素晴らしいのですが、一眼レフやミラーレス一眼の画質を見慣れるとどうしても歯がゆい物がありまして。ここぞというお出かけ時に、いったいどのカメラを持って出るかに、毎回悩んでおりました。

正直言いまして、子ども3人、1人はまだオムツ装着中、という状況で出かけるときに、NEX–5はよほど覚悟が無いと持ち出せません。誕生日に買ってもらった土屋鞄のカメラバッグをもってしても、収納量が足りない!

Xacti HD2000をビデオカメラとして持ち出すことはあらゆるシチュエーションで決定事項なので、余計に持ち物の量が苦しくなるのです。

NEX–5で大きいとなると、次はCX5しかありません。しかしCX5はぐぬぬ・・・

もうお分かりでしょうか。RX100は、CX5と比べて厚みは増すものの、幅と高さはさほど違いません。一番最寄りの家電量販店であるところのケーズデンキでサイズの実物チェックしようと思ったら、モックすらおいてない有様でしたが、きっと想像の範囲内だろうと結論づけました。

ネットに上げられた写真も見漁り、きっとガッカリはしないと思い込みました。比べませんとも、NEX–5とSEL24F18Zの組み合わせとは(これはほんと、素人が使っても感動できます)。

さて、ここまで来ても、買うかどうかは流動的でした。一番身近な人を納得させられるか、自信がありません。小遣いで買うわけですが、自由気ままなわけではありません。

価格コムやその他いろいろ調べて回り、ネットショップをうろついて、どうも安く売ってるお店は品薄だなぁという印象。10月に入ってだいぶ値が上がったようですし。行楽シーズン、需要はたっぷりですものね。

もう一つ、気にかけているのはクレジットカード払いが出来るかどうか。私にとっては雨白で払えるかが大きなポイントです。これで決済するだけで、付帯保険の対象になります。カメラも含まれるのです。

でも、いつもカメラを買うときに思うのは、カメラを取り扱っているお店でアメックスが使えないケース、多いんですよね。他の買い物では不便を感じないのですが、カメラだと際立ちます。

今日気がついたのは、Amazonですと、お店の事情にかかわらず、Amazonが取り扱っているカードであれば使えるらしい、ということ。他のショッピングモールに出店しているお店で、アメックス不可なのに、Amazon店ならOK、というケースがあるのです。しかも値段は49,800円(送料込み)。

ただし、配送は6〜10営業日以内。在庫のあるお店は56,000円ぐらいでした。

この直前まで買うかどうか、買った後どう説明するかに悩んでいたのですが、明日触りたいか、納期がかかってもちょっとでも安く買いたいか、に悩みが移っていました。

最終的に6,000円安いなら、待っても良い!と思ったところで注文確定ボタンを押しまして、その直後、本来の悩みポイントを忘れていたことに気がつきした。

体から、じとーっと汗が出てきました。

もちろん、在庫が無いので今のうちならキャンセルできます。出来ますよ。ええ、出来ますとも。出来ますけども。

納期が早まらないかなあとワクワクしながら待っている自分がここにいるのでした。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない