iPhoneのスクリーンショットをブログに載せる手順が最近簡単になった

他のブロガーの皆さんがどんな手段を使っているのか、そういえば全然研究していませんが、私が思いつきで行っているのは以下の手順。

iPhoneでスクリーンショットを撮影(電源ボタン+ホームボタン)

 ↓ フォトストリームにアップロードされる

iPhotoを開いてフォトストリームを確認

 ↓

iPhotoでお目当てのスクリーンショットをクリックし、[ファイル]メニューから[Finderに表示]-[オリジナルファイル]と選択

スクリーンショット 2012-08-07 22.14.44.jpg

 ↓

Finderにjpegファイルが表示されるので、右クリック、[共有]-[Flickr]と選択

 ↓

必要事項を入力して[公開]!

スクリーンショット 2012-08-07 22.16.16.jpg

 ↓

結果が表示されるので、そこのメガネアイコンからFlickrのページに直接アクセス出来る

 ↓

[Share]メニューから貼り付け用のHTMLコードを取得して、ブログに貼り付ける

こんな具合です。iPhoneのフォトストリームと、Mountain LionでFlickrと仲良くなったが故に実現可能な手順です。

文章で書くと複雑ですが、やってみるととても簡単。もっと、それこそiPhotoから一発でFlickrにアップしてHTMLコードを得る方法もあるかも知れませんが、とりあえず、こんなものでしょう。

ちなみに、Flickrのアカウント設定は、システム環境設定の[メール/連絡先/カレンダー]で行えます。そのうちこの項目の名前、変わりそうな気がしますね。

さらにちなみに、iPhotoから直接Flickrにアップロード出来るのですが、それをしない理由があります。iPhotoで行うには(システム環境設定でのそれとは別に)FlickrのアカウントをiPhotoに登録しなければなりませんが、そうするとFlickr上の写真を全部iPhotoにダウンロードしようとするのです。オリジナルサイズなのかサムネイルサイズだけなのか、iPhotoの仕様がばからしくて確認もしていませんが、とても無駄な事だと思います。

単純にアップローダとして使える設定が用意されれば良いのですけれどね。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない