Tweetbot for Macに挑戦してみた

ちまた(主にMacユーザー)で話題のTweetbot for Macをインストールしてみました。わざわざTweetbotの開発元トップページから探したら、BLOGに関連エントリーがあって、その一番最後にリンクが張られてました。

α版、ですからね。それなりに分かってる人だけ使ってくださいって事ですね。

今のところ不具合らしい現象には出くわしてません。というか、そこまで使い込んでいない・・・あー、右下の歯車アイコン、反応無いですね。

Twitterはですね、投稿頻度が上がりません。何でかなぁ。読んでいるのは楽しいのですが、300人足らずの方しかフォローしていないのに、タイムラインは破綻状態。リストで管理しようと思い立つも、なかなか振り分け作業も捗りません。

リストが整えば、Tweetbotはリストを上手に扱ってくれますので、使い勝手の違いが実感出来ると思うのです。

まあでもいまは、リストを整理する時間があるなら、ブログ書いてる方が良いと思ってるので。

さて、Tweetbot。iPhone版もiPad版も使ってません!Echofon Proに投資したので、有料クライアントには手を出さないことにしているのです!

このα版も無料だから使っているわけでして。勝手が良ければ正式版公開の折には購入する気もありますけれど。最近ちょっと財布の紐が緩いのです。

デスクトップでもEchofon(こちらは無料のLite版)を使っていますが、それと比べて良い点は、、、なんだろ?思いつかない。

先にも述べましたが、リストの扱いが最適化されている点が一番大きいのかと思います。

あとは、未読数が数字で出ない事ですね。未読があるよと、アイコン横に葵バーを表示するだけ、です。精神安定のために、これはポイント高いですね。

で。

すいません、ライトに使っているユーザーからすると、そんな具合です。デザインはEchofonがすっきりしすぎているので、Tweetbotが良いかもですね。人によってはそれだけでも選択する理由になりそうです。

私ももう少しメインで使ってみます。きっと多くの人か言うように、はまるポイントを見つけられるさ!

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない