iPhoneアプリ「Retty友達グルメ」とお坊さんは相性悪いよね

Retty友達グルメ

というアプリがあります。「実名のクチコミからお店リストを作ろう」とアプリ名にある事が全てを表していると思います。Facebookのように実名であることが特徴です。ツイッターのようにフォローすることで、いろんな人の登録したお店を見る事が出来ます。

実名投稿となると、お店に対して、それなりに責任を伴った評価が期待出来ます。荒らしたい人は実名では書かないはずですから、情報の精度は当然高くなるでしょう。

お店を批判することはしにくくなるかもしれません。お店の人がもし同じアプリを使っていたら、、、特に生活圏にあるお店の批判はしづらいでしょうね。

ではどうするか。簡単です。Rettyに登録しないのです。ということはですよ、Rettyに登録されているお店=その人はもう一度行きたいと評価しているお店、という図式が成立します。

何でもかんでもとにかくお店をリストアップして、クチコミを集めて、食べに行くかどうかはクチコミを読んで決めてね!というのが今までのパターンでした。Rettyは、その人が行きたいお店しか載ってません!という角度から突っ込んできたんですね。

良いじゃないですか。ノイズの少ないグルメ情報が集約されることを期待します。


ただね。私には活用しづらいです。私には、というか、私のように実名で顔写真までブログに載せている「お坊さん」には、使いづらいです。

そもそもお坊さんとグルメ情報は縁遠いもの、という認識は多かれ少なかれあることでしょう。身近にお坊さんがいる人は、お坊さんだって今では普通に食事をすることを知っていると思いますが、初対面の人には未だに「お肉食べないんですよね?」と聞かれます。

お坊さんと肉。昔なら接点のない関係でした。今は、妻帯と共に肉食も許可されております。誰が許可したとか、なんで許可したとか、それは言わないで。私だって疑問です。でも今の社会では、妻帯しないと思うように後継者を求められないし、妻帯すると、1人だけ精進料理というわけにもいかなくなり・・・


とはいえ、おおっぴらに「焼き肉食べてきました!」とは言いづらいです。たまになら良いかもしれませんが、月に1度とか行ってたら、ただでさえ右肩下がりのお坊さんに対する信頼度が、急降下していきそうです。高級レストランに行こうものなら、贅沢してると言われやしないかと気が気ではありません。

最近は少しお金のかかるお店にも行くようになりましたよ。たまには妻にサービスもしたいですし、酒もたばこもやらずに趣味もほとんど持たずに、小遣いを貯めて行くんですから、誰にだって堂々と言って良いはず。

でもやっぱり、気が引けるのですよね、わざわざネットに情報を晒すことには。

そんなわけで、お坊さんとRettyは、相性が悪いように思います。登録だけして、他の人の情報をいただくのも良いかもしれませんが、せこいですかね。

とっても残念で仕方のないアプリです。私のように変な理由の無い方は、ぜひばしばし使っていただいて、楽しいグルメライフに活かしていただきたいと思います。


お坊さん的には、各地の寺院で出される精進料理を紹介していくのも良いかもしれませんね。あぁ、そうすれば、一応情報乗せてるから、堂々と他の人の情報を参考にさせてもらってもね、せこいという背徳間からは逃れられるでしょうか・・・

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた