投稿

6月, 2012の投稿を表示しています

QuickPay一体型カードという物がありまして

クレカブログ界隈の方には周知の事実でしょうけれど、JCBにはQuickPay一体型カードというものかありまして、My JCBなどから参照出来る物以外に、OSシリーズにも搭載出来る、という話があります。

自分がゴールドなのでOSゴールドの情報しか目に入りませんので、平カードの場合は分かりませんが、デスクに問い合わせると切り替え用の申込書を送ってくれるんだそうです。

私はiPhoneユーザーです。おサイフケータイは使えません。今秋発売と予想されているiPhone5でNFCが搭載されて、Felicaチップが入るんじゃないかなんて噂されていますが、アップルが一気にFelicaまで対応するのかなぁ、という疑念が払拭出来ません。

iPhoneのおサイフケータイ対応を待っていられませんので、QP一体型カード、欲しいなぁと思っているのです。

今はQP用のカードを発行してもらってます。コンビニなどQPが使えるところではQP使ってます。財布に入れているので、財布さらタッチしてます。楽ちん。

コンビニなどでは端末の性能が良いのか決済処理が早いので、普通にカードを渡してしまっても良いんですけどね。

「クイックペイで」
と言うよりも
「カードで」
と言う方が短くて済みますし。

QPカードを入れるために、楽天カードがカードケースへとはじき出されました。そういえばOSゴールド取得後、楽天カードはほとんど出番が無いですね。アメックスには鬼門のミニストップも、JCBならOKですし。

とはいえ、楽天カードはVISAですので、最後の砦となるカードです。カードケースに入れておくには忍びない。QP一体型に切り替えられれば、財布に戻ってくることが出来ます。

JCBゴールドデスクは、9:00〜17:00。時間を見つけて電話してみなくては。

・・・楽天のためにそこまでしたくないという感情はこの際抑え込んで。

振込をするつもりが、増枠に

今月は雨白の決済額がとんでもないことになっています!

大半が、両親の数年ぶりの海外旅行の費用立替分。ここ数年、特に父はどこにも旅行に行かずに本業から自治会から働きづめでしたので、大奮発して旅行をしたのでした。

雨白の家族カードを持ってもらっていまして、また旅行保険も付帯になるので、雨白で決済することにしたのです。その際も、私だけの決済額だとあり得ない金額でしたので、デスクに事前承認の電話をしました。

先月教えてもらった目安枠を上回る金額だというのに、二つ返事でOKでした。

問題はその後です。事前承認を受けたとは言え、すでに目安額を上回った状態で、私の普段の利用に加えて、同安居でもある住職の墓参りに行った時の新幹線・宿泊費、そして両親の現地でのお土産購入費と積み重なっていきまして、私の人生初となる7桁!の決済額となりました。

壮観ですね。見たことなかったですから。そもそも今まで所持していたカードで、7桁決済可能なカードは無いですから・・・

来月引き落としの請求額はつい先日確定しました。引き落とし日まで約20日。いつかカード利用をストップさせられないかと冷や冷やしていまして。普段なら雨白を出すシーンでもJCBカード出したりして。

そんな状態なのに、つい先日、新しいMBPを発注してしまったりして(また記事にします)。こちらは発送時点で金額が上がるので、決済額には入ってきていませんけれど、上がって即停止とか、大変困ります。

不安感にいよいよ耐えられなくなり、デスクに電話しました。なんて伝えたら良いのか悩みましたが、「普段よりも今月は利用額が多いので、カードがストップしたらどうしようと不安でして」なんて言ってみました。

こちらとしては、引き落としを待たずに銀行振込をするつもりでいたんです。そしたら、MBPの分も含めて、引き落とし日までにどれくらいご利用になりますか?という話になりまして。サクッと60万円の増枠となりました。

えーと、ほぼ目安枠なんですけど、それ・・・

増枠しなくても今の時点でストップかかるような状況では無かったそうですが、MBPの件があったので、心配そうにそれらを伝えたら、ささっと増枠になりました。

会員のカード利用に不便はさせないという姿勢、すごいですね。雨白ホルダーとはいえ、グリーン取得が昨年の5月。白くなったのが今年の1月。そんなに信用がある状況とも思…

雨白のサービスがちょっと向上

イメージ
メールやWebでも案内が出ていましたが、DEPARTURESにも新サービスの案内が同封されてきました。同じく同封のOnly for Platinum Card jun.2012にも詳細が載っています。



ダイニング・アクセス一番のニュースは、ダイニング・アクセスでしょうか。ダイナースのエグゼクティブダイニングに似たサービスで、雨白の場合は一律10,000円オフ、というものです。最大4名までと言うのが、アメックスのスタンスを表しているように思います。

大人数ではなく、本当に大切な人(たち)と、大切な時間を過ごしてください、というメッセージ。

エグゼクティブダイニングでは、そもそも提供されているメニューが、割引価格相当なんじゃないかとかいろいろ言われてますが、お店次第の所が大きいのでしょうね。

ダイニング・アクセスについても同じ事が言えると思いますが、現在わずか6店舗しか対象店舗がありません。今のうちにこの6店舗に行くのであれば、そうした残念なことにはならないように思います。

都内と横浜にしか対象店舗がないので、私が行くことはまず無いと思いますが・・・

高そうなお店でも、料金が決まっているので利用しやすいのですけれど。2人で1万円ですから。どこのお店も行ったことがないので、普段食べるメニューと比べてお得かどうかよく分かりません。切ない。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン 初年度年会費無料先日記事しましたヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン。あの時はJCBのゴールド会員以上むけのメールで、初年度10,000円に割り引いて、10,000円分の利用権を付けますよ、という内容でした。

Platinum Card Membership Informationがバージョンアップしていた!

毎月の利用明細に同封されてくるPlatinum Card Membership Information。先月末に郵送された際には、同封されていませんでした。

さすがアメックスクオリティ、と納得していたのですが、何の気なしにオンライン・サービスから内容を見てみました(最新号含め三ヶ月分がいつでも見られるようになっているんです)。

そしたら、
「今号よりページを倍増させ、プラチナ・カード
会員さまに、特典やプランをより充実した形でご紹介いたします。」
なんて文言が。今までは、両面印刷の2ページだったのですが、言葉通りに倍の4ページになっていました。4ページあると、なかなか読み応えがあります。

ページ倍増の都合で紙が重たくなるので、郵送を止めたんでしょうか。それとも明細郵送までに間に合わなかったんでしょうか。

謎は深まりますが、お得情報の配信が増えるというのは嬉しいです。そもそも富裕層向けの情報ばかりで私が利用出来るようなものには行き当たったことがないのですが、ページ倍増ですからね、私のような層にも適した情報が掲載されるチャンスも出てくるはずです。

今までは斜め読みしてお終いでしたが、これからはじっくり読むことになりそうです。何か活かせる情報があると良いなぁ。

JCBからヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンのご案内

イメージ
ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンとは、入会金25,000円で入会すると、レストランや宿泊が常に20%オフとなり、その他にもキャンペーンがありますよ、という会員システムのことです。

ヒルトンにはヒルトンHオナーズという会員システムがありますが、それとは別に、日本独自の優待会員システムなんですね。

この案内がJCBからメールで届いていました。見出しは「国内ヒルトンのスイートルーム半額」となってまして、JCBさん、なかなか剛毅なキャンペーンやりますね、なんて思ったのですけれどね。実態は単なる斡旋だったと。

ただ、通常よりも年会費がお得になっていて、10,000円です。入会すると10,000円分の割引券がもらえます。ヒルトンを使う人には、実質無料で入会出来るというわけです。

2年目以降は25,000円の会費に戻りますが、会員期間が切れる前に更新すると10,000円で更新出来ますって言う案内が毎年届くそうで、もちろん更新時にも10,000円の割引券がもらえるので、ヒルトンを利用する方はやはり実質無料で更新出来る、というわけです。

ついでにヒルトンHオナーズのシルバー会員にもなれるそうでゴールド会員に比べると見劣りしますが、何も無いよりは良いですよね。

でも私、ヒルトンって泊まったことがありません。機会があるとすれば、舞浜かなぁ。そもそもホテルに泊まる機会自体が少ないですからね。

SPGと比べると、ゴールド資格付帯のクレジットカードがあったりして、特典を受けやすいホテルだと思います。

SPGもどこかの国ではアメックスとの提携カードがあるんですよね。イギリスだったっけかな。あれ、欲しいなぁ。特典内容知りませんけど。

でも、滅多に宿泊機会がなるとなると、せっかく泊まれるときにはなるべく良いホテルに泊まってみたいというのがありまして。あんまり良すぎるホテルは高すぎて泊まれませんけれどね。

そうなるとスターウッド系列って、ちょうど良い感じです。同じ系列でもウェスティンは厳しいですけど、シェラトンなら何とかなりそう、という具合で。

魅力的なメールではありましたけれど、やはりSPGから浮気せずに、ちょっとずつでもポイント溜めよう、と思い直したのでした。会員ランクはとても上げられませんけれど。

謎なプラチナデスク

先月にホテル手配を依頼したときには、その前の依頼時に禁煙ルームを希望したことを把握しているような対応を感じて感心したのですが、今日またホテル手配を依頼したら、禁煙か喫煙か尋ねられました。

どうなってるんでしょうね。どちらも同じ国内旅行の係なんですけれど。担当者次第、ということになると、これはもう電話口に誰が出るか運次第ということになります。(指名も出来るようですけれど)

それでも、今日担当していただいた方だって、対応に不備があったわけでもなく、私は十分な対応に感謝して電話を切っています。いったいぜんたい。

今日依頼したホテルは、優待料金の設定のないホテルでして、それだからなのか、スイートルームの提案などはなく、最初からスタンダードな料金の提案でした。気持ちが穏やかです。

他にも列車の手配などもお願いしました。車移動が基本の私の生活には珍しく、新幹線移動が含まれます。しかも長距離で在来線・新幹線絡めて複数回乗り換え。

ひとつひとつ確認しながらの手配なので、電話も時間がかかります。仕方ないとは言え、うーん、やっぱりまあ、仕方ないんでしょうね。

そして細々と手配をしてもらっても、仕事柄、前日ぐらいまでは無事に行けるかどうか不透明ですけれどもね。キャンセルになったとしても、新幹線の切符は発車前なら払い戻しが出来たように記憶しています。ホテルも前日までキャンセル料がかからないので、安心。

いつでもキャンセル出来るように、って考えてしまうのが、辛いところです。そんな心配なく計画出来るようなポジションに身を置いてみたいです。

なんだかんだで月1ペースでプラチナデスクに依頼をしていますが、これでしばらくは機会が無いかなぁ。今回のも公私半々ぐらいの微妙なものですし。

列車の手配は、やはり出張利用のケースが多いからなのか、領収証が必要か、まだ宛名も聞かれました。アメックスは経費の立替払いを殊更に嫌うような印象があるのですが、交通機関に関してはどんとこいっ、てことなんでしょうかね。