MBPのメモリを換装

最近MBP(MacBook Pro 15inch mid 2009)の調子がよろしくありません。原因を探る物のはっきりせず。

お金のかからない追求を続けてきましたが、もう仕方ないと諦めて、メモリの換装を実行しました。

症状は、スリープ中にフリーズする、というもの。スリープランプがゆっくりと点滅しているはずが、触ってもいないのに点灯しているのです。そういうときはApple Magic MouseもApple Wireless Keyboardも(古のテンキー付きモデルですよ)反応しません。

CinemaDisplayにつないでいるので普段は閉じっぱなしのMBPの蓋を開けると、トラックパッドは反応しますが、キーボード入力は受け付けず。画面のカーソルも点滅していません。

電源押しして強制終了する以外に復帰する方法はありません。紛れもなく、フリーズ。

原因に繋がりそうな症状は、使用中にも発生していました。時折、マウスカーソルが虹色回転して半ばスリープ状態になります。1分か2分で戻るので、しばし待てば良いのですが。一日に二度も発生したらかなりストレスですね。頻度はまちまち。

そういうときに真っ先に反応が無くなるアプリが、SparrowとEchofon Lite。ついでGoogle Chrome。

ChromeについてはFlashがやらかしてんじゃないかな、なんて思いもしますが。

Chromeは開きっぱなしでスリープしたいので、SparrowとEchofon Liteを終了してからスリープしたりしていました。

それから、USB接続のHDD。こいがマウントされたままだと、高確率でフリーズします。IOデータ製ですらか、一応大手メーカー製なんですけれどね。

歴史上、よく分からない現象の原因はメモリにある、というのが通説です。Amazonで調べたら驚くほど安いので(4GB2枚で3,000円台)、買うのもありかなとずっと考えていたのです。(購入したメモリは下にリンクを張ってあります)
R0010939.JPG
というわけで、Amazonからスムーズに届きました。MBP裏面のビスを外すとメモリソケットがあるので、差し替えます。再び裏蓋を取り付けて、電源オン。無事に8GBが認識されました。

意気揚々とスリープして、翌朝。

またしてもフリーズ!

というわけで、メモリが原因では無かったようです。ハードの問題であるとすれば、他にはもうSSDのプチフリーズぐらいしかありません。

またしばらく、SparrowとEchofon Liteを終了してスリープしつつ、様子を見る日々となりました。ふう。



コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた