Magic Trackpadの使い心地

写真付きのエントリーにしようと思ってもたもたしていたら時間がどんどん過ぎてしまったので、もう諦めて写真無しでエントリー。気が向いたら後から写真載せます。

ふと思い立って、ずっと検討は続けていたMagic Trackpadを買いました。毎日マウスを握って仕事に雑用にと右手を酷使しているわけですが、それはつまり肩こりとの格闘の毎日でもあります。

Magic Trackpaはつまりトラックパッドなので、マウスとは違う筋肉を使うことになるから、もしかしたら今まで凝っていた部分が楽になるかもなぁ、なんて。

Apple製品はたいていApple Online Storeで買っていますがAmazonで多少安く出ていたので今回はそちらから。

すぐに届いて使い始めましたが、初日はとにかく疲れました。指使いがどうもしっくり来なくて。MacBook Proのトラックパッドでこんなに使いにくい感覚を得たことを無かったのですが、手前に段差が無いというのは、手の置き所にこんなにも困るものなのかと。

ただ、指を5本とも乗せても、一本だけ動かせばカーソルが動くので、普段はその状態で使っています。その状態ではカーソルの移動量が少ないので、本格的に動かすときには人差し指をMagic Trackpadに立たせたような姿勢ですいすいと動かします。疲れたら中指にチェンジ。

ドラッグ操作は3本指で行うようにしました。指が動きを覚えてしまえば、これはこれで快適ですね。Cinema Display 27inchを使っていますが、移動量で困ることはありません。

購入してそろそろ2週間。だいぶ自然な存在となってきました。操作する右手も、慣れた手つきとなってきました。ただ、マウスの時よりも肩こりが減ったかと言えばそんなことは無いですね。やはり過度な期待だったようです。

あとは、疲れ方がどうなるか。これはもう2週間も使って、感覚的に違いが無ければ、似たり寄ったりということで良いでしょう。その時々で、使いやすい方を使うことになるのかな。

Magic MouesよりもMacを操る速度は落ちているかなとは思います。難しいところですけどね。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた