Air、つるしモデルを購入

夜というのは怖いですね。
Twitterで購入までの悩みをつぶやいていたのですが、とうとう誰も相手をしてくれなくなったので、ポチクリックしてくれました。

MacBook Air late 2010
  • 11インチ
  • 1.4GHz Intel Core 2 Duoプロセッサ
  • 2GB メモリ
  • 128GBのフラッシュストレージ
とまあ、つるしモデルです。おかげで24時間以内の発送。金曜の午前中には届くことでしょう。わくわく。つるしモデルなんて、初MacとなってiBook G3以来ですよ。

11インチもSDカードスロットが付いていれば最高だったんですけどね。いい加減ここのブログを再始動したくて、せっかくbloggerに移行していろいろと楽が出来るようになったのだから、写真も載せて、とか考えていました。それをようやく、Airとともに実現していこうと。

SD経由での写真取り込みは手間がかかってしまうので、iPhone4で撮影、Flickrにアップ、それを使って投稿という手順を考えています。通信はPocket Wifiでおおむねどこでも何とかなるので。ま、一般的な手順ですね。

全体的な操作性としては、まだ推測の範囲を出ませんが、13インチ有利と思っています。小さすぎず、SDスロットもある。解像度も申し分ない(15インチのMacBook Proと同じ)。使っていて窮屈な感覚を抱くことはないでしょうね。

11インチはやはり小さい。iPadを横置きにしたよりもやや大きい程度です。その小ささが魅力の半分を占めるのですが(もう半分は、見た目からは想像できない高性能)、日常的に使うには肩こりを誘発しかねないのでは、心配しています。

デスクで使う用にはMacBook Proが外部ディスプレイにつなげてありますから、自宅兼職場ではそちらをメインとしてちゃんと活用して、外出時に携行する、という用途の想定です。今までは携行するためのマシンがありませんでした。iPhone4もiPadも、ブログにしろ何にしろ、作り出すという作業には向いてないですし。

このサイズで1kgという重量であれば、家族旅行に携行するにも遠慮が要りません。自分の肩掛けバッグに放り込み、車から降りるときには車中に転がしておけばいいのです。それが出来るサイズです。13インチでは、出来ない。

きっとこの判断が正解だったと思えますように。ばりばり使っていきたいです。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない