iPhone 3Gは、Mobile Meで真価を発揮する

仰々しいタイトルを付けてみたものの、たぶんMS Exchangeに対応するための副産物ですね。メールはもちろんのこと、カレンダー、連絡先というPIM情報が、プッシュ配信されてくるというのは想像しませんでした。これは、Macと連携して使うという意味では、Windows Mobile端末を使うのとは比較にならないほど、Macとの連携が簡便であることを意味します。


ちゃんとWi-Fiでもプッシュされてくると言うのも素晴らしい。iPod touch向けにも有料アップデートが予定されているようなので、iPhone 3G購入前に、touchオーナーはその利便性を体感出来るわけです。


もちろん、.Mac(新名称Mobile Me)契約者である必要はありますが。ディスクスペースだけみても、現行の倍、20GBとなりました。10GBになった昨年ですら、以前は1GBでしかたら、契約を続けていて良かったと感じたものです。それでも、ムービーをアップしていくには手狭さを感じて結局フルに活かせずにいたのですが、これだけの容量になるともう、光回線がお寺まで届いていないことを理由にする以外に言い訳が見つかりません。早く来い来い光回線(我が湖西市は、市が光ファイバー網の施設を計画しています。議会便りに載ってました。ってことは、NTT西日本はやる気無いってことですよねぇ・・・ユニバーサルサービス料払ってるんだから、せめて光回線は日本全国くまなくやってくださいよ。徴収目的はそういう意図じゃないのかも知れませんが)


MS Exchangeサーバーを個人で利用している人はそう多くはないでしょうから、年間¥9,800となかなか高価とはいえ、その他の付加価値も考えると、意外にお得感も出てくるかも知れません。・・・いや、それはどうだろう。iPhone 3Gが$199からなのに、Mobile Meだけで$99か。しかも毎年必要。ここは日本円にして¥3,000ぐらいにしてもらわないと。


搭載される純正カレンダーは相変わらず月間表示で件名が出ないようですが、これはサードパーティに期待するとして、プッシュ配信で同期が取れる言う段階で、残債一括払いしても買い増ししたい衝動に駆られています。


使い勝手は文句なく最高レベルですし(Windows Mobile端末で実現されているそれとは次元が違う。WM7が噂通りのスペックで出てくればまた違ってくるのでしょうが)、安定性もまた桁違いです。iPod touchを酷使している身から言わせれば、X01HTのように、アプリを追加したぐらいで電話が受けられなくなると言う状況は考えられません(残りメモリのせいなのかどうか分かりませんが、実際にあったんです)。Safariがそこそこの頻度で落ちる程度です。Macですら落ちるのですから、この程度はしかたないかと。


Safariで画像の保存とか、テキストのコピペとか、そう、Leopardのメモみたいに簡単にページが保管出来るようになっていたら最高ですが、そういう話は聞きませんね。早く実現されないものでしょうか。


そして最終障壁は日本語入力ですね。横画面での入力ならそこそこいけますが、それでもこれだけは、X01HT+Atokが上回っています。もともと長文入力マシンとしてX01HTを選択したので、iPhone 3Gにもそれを望みたいのです。


・・・いざとなったら長文入力の機会があるときはX01HTも持って出て、Bluetoothで転送かな(たいていははてなで日記書くのに使います)。iPhohe 3Gで受けられるのかな。どこに保存されるんだろ。テキストならメモにしてくれるのかな。うぁ、微妙だな。SIMカード差し替えて日記更新かな。


そんな不安はあるものの、やはりこれは欲しいでしょう。
D4はまた別の用途で必要性が変わらないので、引き続き購入決定として、iPhoneもか。これは買えたとしても周囲の目が気になるな・・・

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた