ParallelsのコヒーレンスモードでWindowsのタスクバーが自動で隠れない件

最近Parallelsでコヒーレンスを愛用しているのですが、Windowsのタスクバーが自動で隠れません。右クリックでプロパティを出すと隠れるので、しぱらくそうやって出てくるたびに隠していたのですが、ようやく原因が判明しました。

原理を考えると仕方ないことなのかなとは思いますが。

1つもアプリなどのウィンドウを開いていないと、隠れません。
何かしらウィンドウが開いていると、そちらで作業中と判断されて、隠れるようです。

コヒーレンス以外のモードで使ってるときにはデスクトップがありますから、そこをクリックなりすれば隠れるのでしょうけれど。

そんわけで、今は無意味にフォルダを1つ開いた状態にしています。どっちが目障りかというと、微妙なところではありますが。もっと小さな画面の常駐アプリでも立ち上げとけば良いんでしょうけどね。時計とか。付箋とか。そうしようかな。


コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない