Mighty Mouseを掃除してみる

MacBook Proにて愛用中のMighty Mouseですが、時折スクロールボールの反応が悪くなっていました。力を入れてぐりぐりやってるとそのうちに元に戻るのであまり気にしないでいたのですが、最近ではそれも効果が無くなってきました。

分解は嫌なのですが、それも仕方ないかと調べていたら、
Appleマイティマウスを分解しないで掃除する。
というエントリーを発見!富士山さんありがとうございます。

両面テープをスクロールボールに貼り付けて内部を掃除するという、なんとなく私にもやってみれそうなほうほうでしたし、写真付きの丁寧な解説がありましたので、挑戦してみました。

結果は・・・
こんなに不器用だったかなぁ。
両面テープを1cmほどしか内部に入れることが出来ませんでした。どうにも入らなかった部分ははさみで切り落としてしまい、スクロールボールに貼り付いた両面テープが内部に取り残されてしまわないように慎重にコロコロしてみました。

はたして内部が綺麗になったのか分かりませんが、取り出した両面テープは少し汚れていました。これが中の汚れなら良いのですが。

1度目はあまり効果を感じなかったのですが、果敢に2度目に挑戦。その結果、だいぶ快適になりました。反応自体はとてもスムーズになりました。ただ、まだ中で引っかかる感触が残っているようです。完璧な仕上がりにはなりませんでした。もうちょっと器用ならなぁ・・・

効果はかなり出ているので、また反応が悪くなってきたら、今度こそ完璧な仕上がりを目指して挑戦してみたいと思います!
新しく買ったiMacに付属のMighty Mouseは、ものすごく良い感触なんですよねぇ。こいつも最初はそんな感じだったのかなぁ。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない