Leopardになりました。iCalの日付がぁ

雷にも負けずにアップグレードを敢行。無事にLeopardになりました。
今のところ不具合は、ソフトウェア・アップデートが出来ないことぐらいでしょうか。アップデートがないからファイルがなんにもないのかなぁ。

常用ソフトの対応状況
・ATOK2007→いくつか制限が発生するものの、私の環境では問題なし。アップデータは11月下旬予定
・egword Universal 2→アップデータが本日公開されました。
・Master Money→アップデータ10月末公開予定。はやくして~
・Skype→普通に動いてるように思われます。
・Journler→対応した2.5.4bがフォーラムにて公開中。
・Sandvox→起動はしました。
・CotEditor→起動はしました。
・Parallels→ネットワーク関係の問題があるようです。対応策がややこしい。アップデータ1発で解決するようなの出ないかな。すでにParallels Desktop 3.0にしている場合には問題ないようです。旧版インストール→OS再起動無しで3.0にアップデート→問題発生、ということと思われます。(10/27追記)

以上のような感じで、Parallelsをのぞけば致命的な問題は出ていません。(Parallelsは実行前に情報をつかんだので、実際には症状に出くわしてません)
対応策が面倒ですが、それで解決できる問題なのでそれほど困りはしません。Master Moneyのアップデータが出れば、私の環境としてはノープロブレム、ですね。良かった。

Leopardの新機能についてはキーノートや公式サイトでいろいろ見ていたので、新鮮な驚きというのは無いのですが、唯一Dockに入れたiCalのアイコンが、起動して無くても今日の日付をさしているのに驚きました。これはなにげに便利です。日付を確認したくてDashboardのカレンダーを見ることが良くありましたから。


体感速度が向上した感覚も低下した感覚もありません。今のところは。細かな見た目の違いに馴染んでしまえば、手に馴染む道具になってくれそうです。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない