美しい日本語を書きたくて、egword Universol2 soloを購入

一太郎が大好きです。なぜかって、他のメジャーなワープロソフトは海外製ばかりで、日本人が日本語のことを考えて作られたものではないから。一太郎なら改行幅をポンポン変えられるし、文字サイズだって上げたり下げたりがマウス操作だけでカチカチと出来てしまう。細かなところの使い勝手が優れていて、その細かなところが文章全体のバランスを調整するのに大事なところなのですよ。

しかし一太郎はMacでは動かない。遠い昔にはあったのに・・・Atokはちゃんと作ってくれてるのに・・・
Parallelsを起動して使うのもいいですが、やっぱりちょっと、違うんですよね。MacにはMacのワープロが必要だ!と心が叫ぶのです。そこで叫んでいる分だけ、能率が悪い。

いろいろと調べてみたら、egwordが良いらしいと。ソフト購入にかける時間が最近無いのですが、久しぶりに体験版を試用してみました。
そしたらまぁ、素晴らしい。一太郎で出来た改行幅の調整や、文字サイズの簡単な変更も、また違ったアプローチで簡単に出来るようになっています。個人的には一太郎の方がマウスの移動距離が少なくて好きですが、インターフェースのまとまり具合はegwordが良いですね。
そしてなにより、簡易DTPにもなるというのがうれしいです。新聞が作れます。一太郎と花子を足したようなソフト。それが一つのソフトで出るのですから当然使い勝手は抜群です。

やっぱりね、日本製のワープロですよ。気が利いてます。このソフトなら、Macにバンドルされてても良いと思いますよ。egwordが使えるからMacを買うという人もいるんじゃないでしょうか。

なんだか絶賛気味ですが、是非いろんなブログでのレビューや(おすすめはJAM LOGさんのこちらの記事。レビューへのリストがあります)、メーカーサイトの画面写真を見てください。私はそれだけでも欲しくなりました。


話は明後日の方向に行きますが、JAM LOGさんのサイトはほんと、きれいで見やすいですね。今時のブログと違って文字のサイズもちゃんと考えられてますし。いいなぁ。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた