Prallels Desktop for Macにおいてのかな・英数キーでハングする現象について

Paralles Desktopのbuild#3000番台にて、Windows稼働中にかなキー・英数キーを押下するとハングアップしてしまう問題に悩まされていました。

それが解決されたようなので、ご報告。
MacのATOKをATOK 2007に更新しましょう。

ATOK使っていない場合に同様の現象が出る場合は私の出る幕ではありませんが、少なくとも、それまでATOK 2006を使っていた私の環境では、ATOK 2007へのアップグレードで、ハングアップしなくなりました。

なんなんでしょうね。
ことえりでの検証もしていませんので何とも言えませんが。数時間使ってみてハングアップしないので、私の環境では「解決済み」のハンコを押したいと思います。

いままでキー入れ替えソフトでIMEのオン・オフをしていましたが、これでようやく、かな・英数キーが使えます。今はかなキーでIMEオン、英数で半角英数、シフト+英数で全角英数にしています。Mac版に近い操作環境です。これらはATOK自体の機能で設定してます。ちなみにWindows側のATOKも2007です。

ジャストシステムさんには、Windows版ATOKにも、Parallels上で使った場合のMacのキーボードに合わせたキースタイルの用意を是非お願いしたいです。Mac版ATOKにはPrallelsとのセットパッケージもあるんですから。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた