久しぶりにDelphi 2005に触れてみる。

まず起動時間の遅さに閉口。Parallels上で動かしてますが、それが主原因ではありません。自前の会計ソフトの手直しに少し使っただけだったので気になっていなかったのですが、さらに大きく手を入れることになったので、これは速度は問題です。
なにか情報はないかと探したら、ありましたありました。


とても分かりやすくまとめてくださっているのが「Delphi2005の起動を速くする方法」。Mr.XRAYさん、ありがとうございます。


まずは、様々な不具合のためにもUpdate3の適用が必須のようです。しかし起動速度にはあまり貢献がありませんでした。
その後、起動時に読み込む機能を自在に操ることの出来るDelphi Configuration Managerを使用して、Win32環境のみにしたところ、2005の前に使っていたDelphi5の起動速度を彷彿とさせる速度となりました。10秒ぐらいで起動できてるんじゃないでしょうか。(それでも、Delphi2の頃なんか瞬間起動だったように記憶しています。Delphi5の起動は遅いと感じましたから。)


これなら、コーディングをする気になります。何でもそうですが、起動が遅いと考えただけでやる気がなくなります。VisualStudioはどうなんでしょうか。X01HTをもっと便利にしたく、そちらも気になってるのですが。Delphiで開発は出来ないのかな。最近こういう情報に疎くなってしまったのでちんぷんかんぷんです。


ところで実は、Update3まで適用しても、まだ突然落ちるなどの不具合があるそうです。まだ体験はしていませんが。(そう言えば古いプロジェクトを実行しようとしたら固まりました。これもそうなのかな。)


非公式パッチが出ているそうで、ダウンロードもしてみましたが、適用の仕方が分かりません。インストーラはついておらず、binディレクトリの中のファイルがいくつか含まれている物です。そのままコピーして、情報にあったとおりにsn -Vr Borland.Studio.Vcl.Design.dllも実行したのですが、起動時にエラーが出ます。きっと何か作業が足りないんでしょうね。もうしばらく悩んでみます。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた