起動スクリプト、ありました

[システム設定]-[サーバ設定-[サービス]でランラベルごとのサービス設定が出来るわけですが、netatalkをインストール直後に確認したら確かになかったはずの「atalk」の文字が、先ほど確認したら、ちゃんとありました・・・

昨日もご紹介したRPMを提供してくださってるHATさんからトラックバックをいただいてしまいまして、ほんとに無かったか心配になりドキドキしながら確認したらこの始末。申し訳ありません。恥ずかしい・・・(RedHat系での起動スクリプト


別のサーバーで(こちらもCentOS4.4)同じRPMをインストールして試してみたところ、こちらはすぐにサービス設定から確認できました。
この前のときに直接/etc/init.dを確認してれば良かったんですが、用事に追われていて後回しにしたので、結局こんなことに。恥ずかしい・・・

specファイルをいじったときに余分なとこまでいじったかなぁと思っていたのですが、そうでもなかったようです。


とにかくまあ、まったくもんだいなかったということで、チャンチャン。

HATさん、ご指摘ありがとうございました。幸いにも、私の勘違いでした。サービス設定をインストール前から開いていて、開き直してなかったのかもしれません。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた