ようやくMT3.2にバージョンアップしました

SixApartからMT3.2日本語版がリリースされてからずいぶんたちますが、このほどようやくバージョンアップしました。このエントリーはmail-entryの動作確認も兼ねています。

それだけなのも寂しいので、XREAでのはまりポイントも書いておきます。もうどなたかがどこかに書いてるでしょうけれど、自分のメモとして。
一般的なインストール方法については、やっぱりmilanoさんのMovable Type 3.2導入手順が役に立ちます。ありがたいです。

今回から新規インストールとバージョンアップで、配布ファイルが同じになりましたので、ここで間違うこともはなくなりました。ダウンロードして、解凍したら、mt-config.cgi-originalをmt-config.cgiとリネームし、設定を書き換えていきます。今まで使っていたmt.cfgは使わなくなり、今回からはmt-config.cgiになるようです。中身は似たような物なのですが、流用できるのか分からなかったので、mt.cfgを見ながらmt-config.cgiを編集しました。

編集が終わったら、アップロードです。上書きでどんどんアップロードしました。使わなくなったファイルなどがありそうで、一度整理した方が良いのかもしれませんけれど。
アップロードが終わったら、mt.cgiを実行すると初期化がされ、引き続きmt-upgrade.cgiが呼び出されてデータベースのアップデートが行われる、という流れなのですが、XREAの場合は広告表示のための仕組みが邪魔してうまくいきません。xディレクトリにmtを構築している場合は良いのですが、それ以外の場合は、拡張子をxcgに変える必要があります。

mt.cgiとmt-upgrade.cgiをmt.xcg、mt-upgrade.xcgと変え、mt-config.cgiの中にあるAdminScriptとUpgradeScriptの値を、それぞれmt.xcg、mt-upgrade.xcgに書き換えます。その後再び3つのファイルをアップロードし、mt.xcgを実行すると、うまい具合にデータベースのアップデートまで進みます。

アップデート中にエラーが出て止まってしまいますが、気にせずリロードします。何回かやると、最後まで進みます。タイムアウトしてるんでしょうかねぇ。原因はよく分かりません。
アップデート終了の表示が出れば終了です。なんだか不安が一杯の終わり方ですが、一応動いています。全部再構築しても動きましたし、コメントも投稿できました。きっとトラックバックなども受けられることでしょう。

3 件のコメント

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない